人気ブログランキング |

タグ:リボーン ( 31 ) タグの人気記事

リボーンのOP&ED♪

夏季に番組変更されるので、色々なアニメのOP&EDも
変更になってます。

物語展開は別として…リボーンは良いなあ♪



「ファミリア」なんて、最初に聞いた時、胸が熱くなりましたよ!

by doramamaker | 2010-07-04 21:57

ボンゴレ紅茶♪

e0057018_1322646.jpg

以前「伊達主従麦茶」と「武田軍トリオ紅茶」「土方十四郎麦茶」買いましたが
この紅茶はサッパリして美味だった♪
最近はみんなこうなのかな?

このツナに一発でノックアウト♪

e0057018_1322623.jpg

体質的に紅茶苦手なんで、滅多に買わないんだけど…これは!!!
時々こう言う発見があるから、ついついアニメイトで
出費してしまう。
ついでに蒼紅Tシャツも買っちゃったし…あああ。汗
e0057018_1322686.jpg

それにしても、やはりリボーン人気は、雲雀→ツナ←骸サンドなんだなあ。
なんか獄寺ファンとしては寂しいものがある(汗)

くそう…こないだのスパコミでイナイレ本を買わなかったので、
そのしわ寄せが全て夏コミに!!!
今中古でも全然手に入らないや。特に豪円本…当然か。涙
by doramamaker | 2010-05-18 01:32

春の新番組編成♪

e0057018_21232144.jpg

今日からリボーンは「I世ファミリー編」、ケロロは15分短縮、
トランスフォーマーも新章開始。
しかし相変わらず浪川声のI世は格好良いなあ!!

…嵐の守護者が声が獄寺じゃないんだねぇぇ。

LIVさんによると、小栗旬声のアニメも面白そう♪
彼は「湾岸ミッドナイト」もなかなか上手だったからなあ。

ウチはデュラララのレビュー書かないから、おお振りの感想も
頑張って上げられるし、まあまあなペースかもです!
リボーンもついプリーモやらそのファミリーが出るとなると観てしまふ(汗)

写真は、伯母夫婦の金婚式に、母と送った花♪
蘭にも色々あるんすね。
by doramamaker | 2010-04-03 21:23

家庭教師ヒットマンREBORN!24巻♪

ちょっと遅れてしまいましたが、リボーン単行本24巻レビュー♪

天野 明
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:


ヴァリアー、漆黒の華爛漫!!

というサブタイトルでしょうか、今回のリボーン最新刊。
冒頭は幻騎士とツナの決戦ですが、やっぱり私には独立暗殺部隊の
10年後が嬉しかったなぁぁ♪

以前から私はどちらかと言うと、守護者よりヴァリアー寄りなんですね。

元々アニメでリボーンに入っていったのも、リング争奪戦に惹かれて…
というキッカケでしたし。
多分、彼らが私と同世代だからかなあ。←10年後で。

彼らは「敗北した側」じゃないですか。しかも自分らから喧嘩売っていって、
余裕綽々だったのに黒星を喫したんですよね。
そういう負け方をして、その上で敗北した綱吉を「十代目」として
仰ぎ見た10年間はどういう気持ちだったのかな…

と考えるんです。

ザンザスは出生が謎だけれど、そのプライドたるやチョモランマをも凌ぐ人だし・笑
その腹心スクアーロ、ベルフェゴールもまた常軌を逸した自意識の方々。
10年後のツナは凄い偉大な「支配者」に成長して、それで死んでいったわけなんですけど、
他人にツナの命を持っていかれたザン様は、多分腸煮え返る思いしたんじゃないかなあ。

最近は原作についに、山本のかてきょ役として颯爽とスクアーロが再登場
しましたし、間違いなく天野さん自身でヴァリアーに熱入ってますよね。
キャラソンも凄い魅力的なキャスティングだったし、
これから放送される10年後のイタリア戦闘が心待ち♪

しかし相変わらずヴァリアーは殺戮をビジネスとし、独自の美学を
持っていて、その姿には一種の憧憬を抱かずにはいられません。

おそらくあの人達は、その場その場の戦闘ってのに当然命を賭けてて、
その上で実力で自分が死んでも、充分満足
なんでしょうな。
そういう「悪の華」というか、この頃は漫画でもアニメでも希少な
「天衣無縫な男達」的ポジションがひっじょーに魅力的です♪


それからやっぱり、

素敵なのは新規デザイン隊服!!

あれは本当にクラクラきました・笑。

服装デザインってのは、やっぱり
「そのキャラクターの立場や性格・嗜好を表現すべき大切なアイテム」
であるべきなんだ、ってのを見せ付けてくれた気がします。


以前は漆黒づくめだったカラーが、10年後はホワイトのラインが
かなり多く入ってるんですね。
これは多分、ザンザスやスクアーロ達が、十代目綱吉に対して
抱えている複雑な支配関係を表しているような気がしてなりません。

「沢田綱代の名前をほざいた以上、
てめーらは全員かっ消す!!」

何故ザンザスはツナの名前を出されてあれほどまでに激高したのか、
ザンザスとツナの10年後はどういう関係を築いていたのか。

非常に興味深いところです。

しかしボス…お坊ちゃんだったんだよね…。
そうか、今回ラム肉よりフィレステーキな気分だったのか。笑
私はラムはほんっと大好きですが。笑
鮫作戦隊長…お疲れ様でございます…。

そろそろアニメがここの辺りを放送してくれますよね。
ううーん、一度はジャンフェスで本物の市瀬君と國分ちゃんに会ってみたいなあ…。
って…あれ…γ達は一体どこへ…。汗汗
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2009-04-08 00:05

ジャンプ感想・リボーン「鮫さん来る!!」

うわぁぁぁぁっ、絵が描きたかったんですけど…ちょっと
まだ00のラストとグラハムとのしばしの別れの寂しさが
拭えないんで…。涙

Mr.鮫キタァァァァ!!!


おそらくヴァリアーはもう本誌にはしばらく出ないんじゃ…
という噂が流れていたんで、もすっげぇ嬉しいぃぃ!!

もっつぁんが負けたって話を聞いて、いてもたってもいられなくなった
ってのが、本当は保護者心に溢れているスクアーロらしいよねぇぇ♪
なんだかんだで、ヴァリアーの男達は父性愛を持ってるよ。
…1人はおかーさんだけど♪笑

馬と鮫が立て続けに登場したので♪

こりゃ天野先生、ファン心理分かってんなあと。
うーん、なんだろ。読んでいても雲雀閣下も了平兄貴も10年前の本人と
入れ変わってしまったので、今、10代目綱吉の周囲に「大人の男」が
草壁さんしかいなくなっちゃったんだよね。

そうするとどーしても、「かてきょ」の立場にどっしりと座れる
キャラがいなくなっちゃうもんなあ。ここでの「同期生コンビ」の
再登場は本当に美味すぎる♪

……で、もしかしたら、なんですけど次はもしかして…。

XANXUSがツナのかてきょに?


あのリング争奪戦の後の2人が全く描かれてなかったんで、
ツナとザン様の関係の変化が凄く見たい。
ルッスーリア姉御とベルにもぜひ、来ていただきたいです♪

ヴァリアーのキャラソン聞いたけど…広樹くん、喉大丈夫だったんかなあ。汗
今、もしかしたら高橋広樹氏の役で一番好きなの…スクアーロだわ…。
by doramamaker | 2009-03-30 00:49

またまたジャンプ遅れて購入…。笑

水曜日になっても、やはり地元には一冊残ってました、ジャンプ。
いや…色々なサイトさん周回したら、もうザンザスとツナの
十年後の会話で凄い盛り上がってて…笑。

でもほんっと、この作品以外全然読むところは私は
ないんですよ…。銀魂は読むんだけど、正直最近は
アニメ見る前にネタばれを知りたくないもんで。

天野さん、本当にトーン張るのが艶っぽくなったなああ。
このザン様の目の周りのトーンって…グラデか…
ジャンプは紙質が悪いから、細かいところがよく分からん。汗

ザンザスも、十年間ツナとはどういう距離感で付き合って
いたのかなあ。
なんかこのツナへの態度を察する限り、彼なりに
「十代目沢田綱吉」に敬意を払っていると感じられるんだけど。

所々でツナは「十年後は凄い男になったんだ」と強調されてるんで、
ヴァリアーも絶対「十代目ボス」の支配下で、精神的にも
共闘してたと確信してるんだけど。


なんかラストの見開きが「長い間、ご愛読ありがとうございました」
みたいなノリでちょっと戸惑った。苦笑

またこれから長い長い次の戦いが始まるのかあ…はああ。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by doramamaker | 2009-02-18 23:35

少年ジャンプ10号リボーン感想・2009年。

もうリボーンのみの感想って開き直っちゃおう。笑

まだヴァリアーのターンだよ!!

いやー、人気ある時っていうのは波がくるっていうか…
2/1にサンシャインのツナ受オンリーイベントに行ったんですけど、
大田区の某展示場ではスクアーロのオンリーイベントが
あって、私が今一番好きな同人誌作家さんはそちらに
参加してたもので、お会い出来なかったんですね。

でもザンツナやスクツナのサークルが、今とても勢いが
あるっていう雰囲気が凄く伝わってくるんです。
多分ザンスクとかもシーズンオンなんだろうなあ。

ううーん、本当に10年後のツナとザンザスがどういう関係
だったのか、どういうビジュアルで二人並んでいたのか
凄く知りたい。だって

XANXUSとスクアーロ、ベル…
超カッコいいんだもん♪


はあ…所詮私もしがない腐さぁ、あははははははは。

そんでもってやっぱりルッスーリア姐さんは生きていた。
さすがWJ漫画である。ファンの多くに愛されるキャラが
常に生死の境を彷徨っている00とはどえれぇ違いだ。笑


そんでもって、白蘭さん。

「こっちが本物の幻像騎士団」


………なんかもう……いやージャンプだよねぇぇ。苦笑
良い加減にしてくれよっつーか、もうストーリーはどうでも良いんで、
ヴァリアーと10年後ツナ登場で、萠を下さいな。
まあ声が井上和彦って時点で、γはボンゴレの味方決定だったけどさ。


…ところで、ずっと座りっぱで、痔になりませんかボス??
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by doramamaker | 2009-02-03 16:45

週刊少年ジャンプ9号感想。2009年

…とはいっても、バイトの行きに急いでリボーンだけ立ち読みしただけ
なんざんすが…。

XANXUSはやはり二世の血筋!!?


…これって同人誌設定のみなのかと思ってたよ!!
ザンツナでよくある「一世と二世は兄弟」「XANXUSは二世の子孫」
…しかしまあリボーンだからねえ。笑
同人誌の方からネタを逆輸入してもおかしくはないんだけど。

まあ結局XANXUSはやっぱりツナの下に支配されてる
自分を受け入れている、

そしてそれはツナが最強の十世だからこそだと。

ラストの見開きは、絵の資料としてありがたい。
さすがに人気投票でトップクラスにランクインしただけあって、
スクアーロのアップが。

うーん、どうしても「リボーン」の感想とかって腐方向になっちゃって、
駄目な方には本当に申し訳ないんですけど、汗汗

ツナやはり最強の男♪


って思う。いつもボンゴレ・ファミリーに対して感じるのが、
結局このメンバーって、「ファイブスター物語」の東方第一党幻像騎士団
…つまりはミラージュナイトなんだよねん。


ミラージュには、表の政治を統制するライトナンバー、そして
裏の暗殺業を得意とするレフトナンバーがいる。
一時期、斑鳩宮を頭に「第二次ミラージュ内乱」が勃発。
いつも戦いに飢えているレフトのメンツが、ルンやハインドに
背いて反乱を起こすんだけど、そこへ大金積まれてラキシスに雇われた
剣聖カイエンことシルバー・ナイトが参戦。
さすがの猛者達もしっぽを巻いて逃げ帰った…みたいな。

でもレフトナンバーの言い分としては「俺たち楽しく人殺し出来れば良い」
「なんだかんだでアマテラス帝が怖い」という自由と恐怖の下
ミラージュにいる。そういう奔放さがヴァリアーに似てるんだなあ。

結局、どんな組織も恐怖政治じゃ駄目、甘いだけでも駄目、
やはり王たるもの、実力と慈悲を兼ね備えるべきってかな。
にほんブログ村 漫画ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2009-01-27 09:45

ジャンプ8号・リボーン感想。


4年振りに銀魂人気投票あるぜー!!


うーむ、トシさんと…神威に出しておくかな。余裕があれば栗子ちゃんも♪

そんでもってXANXUS活躍のリボーン連載ですけど、
「我が家のペット自慢」みたいな番組になっている。笑


ザンザスって…どうして死ぬ気の炎をちょろっとでも出せたのかな。
それが原因で母親が彼を九代目に預けていってしまったんだよね。
元々血筋がボンゴレの流れなのか…突然変異なのか??
しかし彼が「大空」の属性を持つ希少価値の人物というのは間違いない事実。

…今週は雑種だって凄ぇんだぜ!!なお話でしたが、
どーも男性が作る漫画やアニメって、最終的には「血筋」ですよね。
多分男の人は自分で生む感覚が分からないからなんだろうけど…。

ザンザスさん、色気ムンムンです。これは現在盛り上がってる
ヴァリアーサークル様方にはたまらんもんがあるでしょうね♪
そういや昔「獣神ライガー」ってアニメとプロレスラーいませんでした??

夜、久しぶりにNARUTOラジオ聞いたけど、ナルト・サスケ、サクラが
揃って楽しそうだった。特に杉山君がとても嬉しそうだったのが
なんか切ないぜ。
にほんブログ村 漫画ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2009-01-19 23:46

リボーンアニメ116話「覚悟の差」

いよいよ原作に追いついてきましたねー。獄寺大好きかつ
井上和彦大好きっ子な私としてはこたえられん展開でござんす♪
特に最近の獄寺の作画が、リボーンにしては綺麗♪
コンタクトはめてるグリーン・アイズが透明感出ていて素敵です。
e0057018_4551027.jpg

はー、ようやく描けた。2/1ツナ受けオンリーイベント
「秘密の花園」にて初売りの、リボーン同人誌の表紙。
久しぶりに手作り感のある、ブリミティブな冊子
(YEBISUセレブリティーズの久家の真似・笑)
作りたく、ご無沙汰にトレペなど購入。
会社のすぐ近くにキンコーズがあるので、最終の金曜日ギリギリまで
頑張る予定です。

ヒバツナで申し込みしたのに、気がついたらクローム凪やら
ヴァリアーとか獄寺も出まくり、これから骸も…。
私やっぱりボンゴレファミリーが全員好きなんだよなああ。汗

「ルッスーリア3丁目」もアニメで始まり、ここ最近急上昇の
ヴァリアー人気の凄さが伺えます。
ブリーチの時に大手だったサークルさんも、随分ヴァリアーに
いってますしね。
私もザンザスとスクアーロ、ベルとルッスーリア大好きなんで♪
うーん、キャラソン聞きたいぞー。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2009-01-17 23:02