人気ブログランキング |

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「テニプリフェスタ2013夜」その1!

「テニプリフェスタ2013夜」その1!_e0057018_1631332.jpg

はい、今年後半最大のイベントに…
夢にまで見ていたステージに!行けました!
テニプリフェスタ2013武道館、夜公演!!
「テニプリフェスタ2013夜」その1!_e0057018_16332795.jpg

もう、このステージについては、正直言葉なんかじゃ
表現し尽くせなくてですね…(^_^;)
それでレビュー感想更新がなかなか出来なかったのもあります。
夜公演には白石蔵之介役の細谷佳正君と、徳川先輩役の
小野D大輔さんがいらして、もう興奮「絶頂!」→と書いて
テニプリでは「エクスタシーィ!↑」と細谷声で叫ぶ!
な宴でございました!
「テニプリフェスタ2013夜」その1!_e0057018_16373728.jpg

これ見られるかな?それぞれのキャラクターの近くに
声優さん達のサインやコメントが書き込まれているんですが。
…ちなみに諏訪部さんは…書き逃してしまったそうです!
きっとお仕事が慌ただしかったんでしょうねぇ…。
「テニプリフェスタ2013夜」その1!_e0057018_1644780.jpg

私は今回、アリーナ席の真ん中、ステージ前から40m位に
座れたんですが…いや最初から最後までほぼ立ちっ放しと
言うか、ジャンプして叫びまくってましたね(^_^;)
通路側が時々椅子に座れて、老体にはヒジョーに!
有難かったです!

まずしょっぱなから勢いが壮絶なんですよ!
各キャラクターの名前入りイラストが大画面に映し出され、
それに1万人の観客が「手塚!!」「跡部様あ!!」
「真田あ!」「幸村あああ!!」「白石いい!!」
と、絶叫してテンション上げて行く演出は、BASARAなどでも
おなじみなのですが、最高潮はここからで。
「テニプリフェスタ2013夜」その1!_e0057018_16522231.jpg

このイベントの為にコノミンこと許斐剛先生が歌詞を
書き下ろした「テニプリフィーバー」を
総勢44名の声優陣が次々歌いながら登場!
そして最後に原作者自らが、マイク持って…
上昇するクレーンに乗ってご降臨!!!

「みんな、また会えたねー」

ここで私は思ったんですが…おそらく新興宗教の大祭典とか
合同結婚式とか、まさにこんな感じなんじゃないかなと!

もう本当にコノミンは「神祖」でしたし、私達はその
LOVEとPEACEに満ち溢れた後光に暖かく照らされた
信徒となっておりましたですよハイ!

「テニプリ」でしかない演出と言いますか、多分他では
「銀魂」ならやってくれるだろうな、ってネタ振りがあって。

例えば「桐島、部活辞めるってよ」の脚本で、海堂役の
喜安浩平君が日本映画賞の脚本部門で、栄誉ある
表彰を受けたんですが、それをキチンと青学のコントに
入れてみんなでお祝いするとか、そんな
「一人一人のキャラクター&キャストへの細やかな心配り」
が、本当に長い間見守ってきた身として
「ああ、これがテニプリファミリーなんだよなあ」と
じんわり痛感しちゃったり。
他作品でななかなかあり得ない事をコノミンやスタッフが
普通に、実にナチュラルにやってくれちゃうんですよね。
「テニプリフェスタ2013夜」その1!_e0057018_1717435.jpg

by doramamaker | 2013-09-21 23:28

久しぶりの赤坂サカス、初秋。

久しぶりの赤坂サカス、初秋。_e0057018_1684862.jpg

前回赤坂アクトシアターで、佐藤健×石原さとみの
「ロミオとジュリエット」を鑑賞した以来だったとで…
ほぼ一年振りくらいと赤坂サカスでした。
久しぶりの赤坂サカス、初秋。_e0057018_16105821.jpg

この日は、とにかく日中の日差しが強く、UV塗りまくりで
千代田線に乗ったのですが、「真田十勇士」終演後の夕暮れは、
秋風がビルの隙間を走る、涼しいロケーションが
美しかったです。
久しぶりの赤坂サカス、初秋。_e0057018_1614476.jpg

赤坂見附に派遣で半年程勤務していた頃、ここのスケートリンクが完成し、
母親と氷川神社周辺まで散歩したよるもありましたが、
中はほとんど変わっていませんね。
相変わらず「大人の街」な雰囲気です。
久しぶりの赤坂サカス、初秋。_e0057018_16165335.jpg

平日の夕方だったので、お店もガラガラで、
ノンビリ一周する事が出来ました。
久しぶりの赤坂サカス、初秋。_e0057018_16181985.jpg

そして、ここに来ると必ず食べてしまう「蕎麦粉ガレット」!
美味しいんですよこれが!
色々な種類があるので、「ご飯系」か「デザート系」かで
迷うのですが、こ、今回もデザート系で!(^_^;)
久しぶりの赤坂サカス、初秋。_e0057018_16242920.jpg

そんな感じで、まず9月最初の舞台鑑賞が終わりました!
ネタバレしないようにしたので、ストーリーには
なるべく触れずに書いたんですが、
「真田十勇士」は本当に素晴らしかったです!
機会があれば是非!
by doramamaker | 2013-09-20 16:07

舞台「真田十勇士」in赤坂!その2

舞台「真田十勇士」in赤坂!その2_e0057018_153762.jpg

今回の舞台は、特別SS席に「真田シート」と言う名前が
着いておりまして、私はそこに座れたのですが、
普通の席とどう違うか…というのは開演してから少しして
気がつきました!

必ず決め台詞を、俳優さんがこの「真田シート」
に視線を合わせて語ってくれるのです!
いや本当に素晴らしかったです、真田シート!
舞台「真田十勇士」in赤坂!その2_e0057018_15403022.jpg

あと、他のご出演が、幸村の一番の腹心である
霧隠才蔵に葛山信吾さん。
かっつんの生に初めてお会い出来たのも嬉しかった!
「仮面ライダークウガ」以来注目していた人だったので。
舞台「真田十勇士」in赤坂!その2_e0057018_15432495.jpg

猿飛佐助や豊臣秀頼役の俳優さんは、特撮系で
デビューした人のようでしたが、皆さん
アクションも本当に華やかで、大御所相手に立派に
立ち回っていて引けを取らず、これからの成長が
楽しみです。
舞台「真田十勇士」in赤坂!その2_e0057018_1546465.jpg

舞台美術が、常に客席に向かって斜め前にかなり
下り坂になっていて、そこを木製の一輪車で
アクションしながら縦横無尽に駆け回る十勇士には、
もうお客さんも私も拍手喝采!
舞台「真田十勇士」in赤坂!その2_e0057018_15494421.jpg

家康役の里見浩太朗さんも物凄いオーラで
絢爛な黄金の衣装が見事に似合っていましたし、
淀の方役の賀来千香子さんも、10キロ近くになる
素晴らしい絹羽二重の打掛が数種類、色が本当に
綺麗で目を奪われました。
舞台「真田十勇士」in赤坂!その2_e0057018_15573977.jpg

「戦国BASARA宴」では、非情は松永久秀役だった松田賢二さんが、
今回は「猿飛佐助を情厚く育てた由利鎌乃介」で
また育ての父親とその息子のやり取りが
切なくて泣けるんですよ。

幸村と長男大介の絆とか、淀君と秀頼の母子関係など
「親子のそれぞれ違う愛情」にも細やかな描写が
行き届いた脚本でした。
舞台「真田十勇士」in赤坂!その2_e0057018_1642324.jpg

9/16が東京最終公演で、それから大阪。
かなりハードな殺陣が満載なステージだったので、
大千秋楽まで出演者様全員が、怪我無く無事
終演させられることを、心から願っています。
また、東京で再演される時は是非行きたいです!
by doramamaker | 2013-09-20 15:35

舞台「真田十勇士」in赤坂!

舞台「真田十勇士」in赤坂!_e0057018_158134.jpg

こちら、本当は9/3の午後に行った舞台なんですが、
かなり感想遅れてしまったので、まずここに。

素晴らしい舞台でした!最近はゲームやSF小説の
舞台ばかりで、若手俳優さんの2,5次元的作品の
鑑賞ばかりでしたが、さすがにお値段が二倍近くだと、
こんなにも衣装の豪華さが違うものか!と!

幸村役の上川さんは四回衣装変えがあり、どれも
パリオートクチュールコレクションに並べられても
全く遜色の無い傑作ばかり。
さすがに「幸村」とあって、赤をメインにした陣羽織や
甲冑が揃いましたが、個人的に麻の生地に紅桜の花弁が
散り乱れる絞り染めのコスチュームが最高に素敵でした!
舞台「真田十勇士」in赤坂!_e0057018_15113839.jpg


主演の上川隆也さんは、今回真田幸村が関ヶ原で戦死した
同じ46歳、ということにとても誇りと重さを持って
演じられていたそうです。
そうかあ、私も彼と「大地の子」で彼と初めて出会って
もうそんなに経つのだなあと。

舞台「真田十勇士」in赤坂!_e0057018_15144677.jpg

「大地の子」で彼が一躍ブレイクして、初めて「徹子の部屋」に
出演された時は、黒柳さんも全く上川さんについて
知らなくて、トークがなかなか円滑にならなかった
記憶があります。
舞台「真田十勇士」in赤坂!_e0057018_15195278.jpg

「無名塾」を落ちたと当時の父親役の仲代達矢さんに話したら、
「ごめんねー」と謝られたそうですが、でも
振り返ってみれば、上川隆也さんには劇団キャラメルボックス
の柔軟で若い気風が合っていたんじゃないかなと、
その後のドラマを多々観てきたいちファンとしては思えるんですよね。
舞台「真田十勇士」in赤坂!_e0057018_15203254.jpg

彼主演の舞台を生で観たのは今回が初めてでしたが、
とにかく凄い存在感でした。
スレンダーな体格なのに、声が深く響くし滑舌がとても
聞きやすい。これも長い間培われてきた、キャリアの
結晶なのだろうなと痛感しつつ。
舞台「真田十勇士」in赤坂!_e0057018_15243938.jpg

さすがに、色々な方々からのお花が所狭しと
並べられていました。
私は生花が大好きなので、果たしてこれらがどこに
終演後飾られるのか、とても気になるところですが、
二週間公演だし、千秋楽まで持つのがやっとかな…。
舞台「真田十勇士」in赤坂!_e0057018_15314631.jpg

最近、色々な舞台で増えましたが「ここでの限定ドリンク」
ってやつですね。
私はアルコールに強く無いので、ノンアルコールの「幸村」を。

この日は日中の日差しが強く、とても暑かったので
苦手なはずの生梅ジュースがとても美味でしたよ!
さて、次に続きます!
by doramamaker | 2013-09-20 15:03

浦安万華鏡「しろくまカフェフェア2」

浦安万華鏡「しろくまカフェフェア2」_e0057018_0254360.jpg

これは、もしかしたら池袋ナンジャタウンでも飾られてたヤツかな。
浦安万華鏡「しろくまカフェフェア2」_e0057018_027312.jpg

これも確かに観た覚えが。こういうのって、
ブームが終わっちゃうとどこに消えるんだろう…。
バックにはナマケモノさんこときしょーサンの歌が。
ラマDの声がなんだか頭から離れない!
浦安万華鏡「しろくまカフェフェア2」_e0057018_0295140.jpg

二階の休憩場近くにいたパンダ君。
この中の人って…ルルーシュと花宮なんだよなあああ。
浦安万華鏡「しろくまカフェフェア2」_e0057018_0305478.jpg

これもナンジャタウンにありましたね!
パンダファミリーの太極拳。
浦安万華鏡「しろくまカフェフェア2」_e0057018_03128100.jpg

浴衣姿のしろくまさん、素敵( ´ ▽ ` )
なんだか彼を知ってから、櫻井君のBL受けが全く聞けなくなって
しまいました(^_^;)
だって、超どSなんだもーん!
浦安万華鏡「しろくまカフェフェア2」_e0057018_0335852.jpg

結局、葛西臨海公園はまた後日になり(今、曼珠沙華が満開だそうで)
何十年に一度、満月の「中秋の名月」となったお月様を
眺めてつつ、無料送迎バス→新浦安駅→新木場→りんかい線で
無事帰宅しました。
浦安万華鏡「しろくまカフェフェア2」_e0057018_0423718.jpg

お土産もGETして、今日は届いていたBLを読みながら
休みます( ´ ▽ ` )ノ
by doramamaker | 2013-09-19 23:56

浦安万華鏡温泉、しろくまカフェフェア!

あああ…たくさん書かなければならない
イベントレポートやら映画レビューに舞台挨拶感想
が溜まりに溜まっているのですが、忙しくて
追いついてません(T . T)
浦安万華鏡温泉、しろくまカフェフェア!_e0057018_23495755.jpg

今回は初めて、新浦安にあるお風呂センターに
行って来ました。
浦安万華鏡温泉、しろくまカフェフェア!_e0057018_23512849.jpg

お目当ては「しろくまカフェフェア」です。
同時期にお台場の姉妹店では「テニプリフェア」が
開催されていたのですが、どうにもメニューやら
こちらの方が、今の私には魅力的だったので。
浦安万華鏡温泉、しろくまカフェフェア!_e0057018_2352981.jpg

まず最初に食べたのが
「ペンギンさんのコブダシのシーフードパスタセット」
浦安万華鏡温泉、しろくまカフェフェア!_e0057018_23555840.jpg

これは美味だったですよ。まあ980円のなかなかのお値段…
といいますか、温泉物語とアニメ&ゲームコラボの
メニューは「高くて美味」が常なので仕方ないのですが。
貝もたくさん入っていたし私好みの薄味のダシが効いていて。
食べたお店も明るくて良い場所でした。


食事前に色々なお風呂で楽しませて頂きましたが、
露天風呂のコラーゲン湯と、内風呂の甘酒湯がマイルドで
温度も適温。この日は秋晴れの爽やかな午後で、
ゆっくりと過ごす事が出来ました。
ちなみにコラーゲン湯は…何が入ってるか謎だけど、
どピンク!時々スタッフさんがその「元」を足しに来ます。
浦安万華鏡温泉、しろくまカフェフェア!_e0057018_014074.jpg

本当は「早めにここを出て、葛西臨海公園の大観覧車でお月見しよう!」
との野心もあったのですが、「グリズリーさんの豪華焼肉」を
メニューにする店舗が5時開店で…。
浦安万華鏡温泉、しろくまカフェフェア!_e0057018_035157.jpg

これも本当に美味しかったんですが(特上カルビとロースとか)
さすがにボリュームが凄過ぎて、もう他に何もお腹に入らなくなってしまい。
「ああ、ここがナンジャタウンとの最大の違いか!」
と、しばらく二階の休憩室で横になってました。
浦安万華鏡温泉、しろくまカフェフェア!_e0057018_063287.jpg

赤猫ちゃんに頼まれたお土産と自分の分を購入した時、
目に入ったお箸の数々…。

いや…武将とエヴァとスターウォーズをドカンと置くのも(^_^;)
一膳1500円はさすがにお高く、眺めて満足。
浦安万華鏡温泉、しろくまカフェフェア!_e0057018_091098.jpg

ホントは、タブレットをかざすと、それぞれのキャラクターボイスが
聞こえるはずなんだけど…。
まともに起動してたのはペンギンさんのだけで、
他のは聞けませんでした。声優さんも色々な仕事があって
昔より大変だろうなあ。
浦安万華鏡温泉、しろくまカフェフェア!_e0057018_012410.jpg

半田さんやリンリンや、笹子さんのお人形。
これ一般発売とかしたのかなあ。
浦安万華鏡温泉、しろくまカフェフェア!_e0057018_0162233.jpg

台本の数々…。ううーん、BD BOXが欲しい…。
入院中も「しろくまカフェ」には本当に癒されたので。
浦安万華鏡温泉、しろくまカフェフェア!_e0057018_0193013.jpg

…これ、iPadから初めて投稿してるんですが、容量
大きな写真はやっぱり歪んでしまってますね。
では次の記事に続きます( ´ ▽ ` )ノ
by doramamaker | 2013-09-19 23:13

「亡国のアキト」最速プレミアム上映会&舞台挨拶!

「亡国のアキト」最速プレミアム上映会&舞台挨拶!_e0057018_7494642.jpg

写真がこれだけなのが寂しいですが、8/31夜に開催されたこの
イベント、池袋サンシャインシネマに行って来ました!

まあ相変わらずこの映画館は、古くて設備も「なんとかならないかなあ」
な場所なんですが、何故か池袋の上映会と言うとここなんですよね(^-^;

「ケロロ軍曹」映画の舞台挨拶以来だったかな?

まず本編の上映があり、お客さんの拍手に続いて司会の男性登場。

彼の紹介と共に、脇の入口から豪華絢爛な出演者メンバーが!

まずはヒロインであるレイラ役の坂本真綾女史。
カナリアオレンジの膝丈フレアーワンピースが、とても美しいラインで
見るからにブランドのプレタポルテ。

結婚してからの彼女を見るのは、大宮ソニックシティライブ以来。

なんだか更にオーラが増して、気品に溢れた女王の貫禄!
ここに菅野さんがいたら、プロメシュームとメーテルみたいかな(^-^;

マイクの調子が悪く、何回も電源を確認した真綾ちゃん、
ふっ切ってバッと顔を上げ、地声でホールに響き渡るように。

「こんばんは!レイラ・マルカル役の坂本真綾です!!」

相変わらず、さすがの女傑っぷり炸裂に私も皆さんも大拍手!

次、なんと前回のコメンタリーで「真綾ちゃんとは同じ団地だった」
と明らかになった日野聡君!

今回は実は、初めて生の彼に会いたいと言うのが一番の目的♪

いつも写真では拝見してましたが…本当に草食動物的な優しい顔と、
ミディアムウルフカットが絶妙にフィットしてる方でした(#^.^#)

それで…またまたマイクがうまく起動せず…この方も!

「佐山リョウ役、日野聡です!!!」

狙った訳じゃないはずなのに、思わぬアクシデント続きに、もう
会場全体は拍手と笑いの嵐!(#^.^#)

それで、お次がですね…。この人こんなキャラだったんかい!?な
ユキヤ役の松岡禎丞君!!

男性ファンもたくさんいらっしゃるみたいで、
登場した時から、野太い松岡コールが…!

私…恥ずかしながら彼の事はユキヤ役まで全く知らなかったもので、
そのキョーレツな!キャラクターには、非常にビックリさせて頂きました!

「あ、あの…デュフW成瀬ユキヤ役の…うふW松岡禎丞です♪」

なんか女子力高いと言うより、既に「ギャル力が壮絶」と言いますか(笑)
仕種とか腰つきがとにかく乙女な方なんですよ!

クネクネとした動きで、こう、話し方も独特で(^-^;

なんとか挨拶が終わってから、隣の松風雅也さんにマイクを手渡したら。

「あ〜あ…松岡がもっと面白いコト言ってくれるかと思ったのになあ!」

松岡君がコメントし終わってから、真綾ちゃんにマイクを渡した時も

「…面白いコト言わないの?」

会場大爆笑。そして後半からはシン役の松風さんのほぼ独壇場!

「僕と監督の私生活については一切、ノーコメントとさせて頂きます!」

そう、松風さんが本格的に特撮俳優から声優に転身した作品が、
赤根監督の「ヒートガイJ」でしたね。二人は普段から仲良しみたいで、
「アキト」BD1のコメンタリーでも、監督は

「松風君の声は優しいんだけど、どことなく冷淡さがある」と。

顔も小さくて長身で、スラリとロング丈コートを
さり気なく着こなす立ち姿も、やっぱり「俳優さん」
のオーラでした。

それから、今回はユーロブリタニア側からは、急遽参戦が決まった
アシュレイ・アシュラ役の寺島拓篤君が、同じミカエル騎士団の
仲間として、松風君の隣に立っていたんですが、もうこの二人も
まるでコンビ芸人みたいな阿吽の呼吸!

松風「えっと…シンの乗ってた…アレ、あの…」
寺島「凄いので登場しましたよね?当然名前分かりますよね?」
松風「…(監督をチラリ)…」
赤根「ヴェルキンゲトリクスですね」
松風「そうです!もう起きたらヴェルキンゲトリクス!
出掛ける前にヴェルキンゲトリクスな感じで!!」

この辺りは真綾ちゃんはまるで、鏡夜先輩を生暖かく見守る
ハルヒみたいな引き攣った苦笑を隠しつつ、笑いを堪えてて、
寺島君が色々と松風君をフォローすると、「俺ら同じチームで良かった!」
と抱き着く松風君にてらしーも「うんうん、そうだね〜」(笑)

そのてらしーこと寺島君は、前ギアスにて、ちょい役で出演していた
エピソードを語り、「ルルーシュに、薬を売り付けようとした人」
…ちょっとこの辺記憶があやふやなんですが…ともあれ。

「お蔭様でメインでギアスに帰って参りました!」と90度のお辞儀!

良かったです!正直今回から出演した新キャラクターで、
実は私が一番心惹かれたのが、
寺島君演じるアシュレイだったんですよ!!

最初からもう「深紅のナイトメア!」で登場した瞬間から、
「赤い彗星」スキーとしてときめいていたのですが、やはり赤根監督の
中でも昔から赤い機体は特別なんですよね。「エスカフローネ」でも
「赤いガイメルフ!」はスペシャルな存在だったし。

実は…私は今回から寺島君が「アキト」に参加するのを知らずに、
この舞台挨拶にも、行ったんですね(^_^;)

それで、アシュレイが出てきて…

「あれ?なんか…アクエリオンのアポロに声も姿も似てるなあ」
「この人、いいキャラだわあー好きだなあ」
「…あれ?あれ?この声やっぱりて、てらしー?」

そしていざ、舞台挨拶がスタートしたら、

「お暑い中、おいで下さって本当にありがとうございます、
アシュレイ•アシュラ役の寺島拓篤です」
「…来てた…」

なカンジでございました!ゴメンねてらしー!
黒いスーツに真紅のアンダーは、やっぱりアシュレイを
イメージしてたのかな?素敵でした。

それで…一通り挨拶が終わってからだったかな?
声優陣が落ち着いてから、司会の方が、
「皆さんは何か質問はありますか?」と会場に向けた所。

「年収は!?」

ここで、すかさずファンからの質問に「え〜…年収は…」と答えようと
した松風君を寺島君が肩ホールドでガッシリ制御!(^-^;

なんかもう、本当にシンとアシュレイとユキヤに制圧された
爆笑舞台挨拶でございました!本当に楽しかったです!◎^∇^◎

記念撮影でも左端になった松岡君が、川口プロデューサーと立ち位置の
譲り合いでずっとお互い遠慮し合ってて、
結局二人が肩を組んで!なスタイルに落ち着き…。

最後の挨拶で、松岡君が「ユキヤ、リョウ、アヤノは四章まで生きたい!」
「ええ!?(四章までで良いの?)(笑)」
「え〜と、いや、生きる!」
「(笑)」

「ただ、アキトを守って死ぬのもいいかな…」

「え〜?(いいの!?)」

「いや、生きる!!」

「(爆笑)」

そんなかんなで、もう最初から最後まで笑い過ぎて、首の後ろが
ツレルかと思う舞台挨拶でした!!

そして、映画本編については、また後の記事にて!
書きたいコトがとにかく有り過ぎて…なかなかまとまらず(^-^;

あと、有り難いコトに15日のサンシャインシネマの初日舞台挨拶にも
受かりましたので、またそちらもブログにて。

私にとって「亡国のアキト」は、「ガンダムUC」と並ぶ大作なので、
近くで参加していく作品として、これからも応援していきたいと
思っています。それにしても主役の自由君が来ないのは寂しい限り!

初日にはサプライズで来てくれないかなあと願いつつ!またまた!
by doramamaker | 2013-09-12 07:49

五輪2020年開催、決まったけれども。

五輪2020年開催、決まったけれども。_e0057018_3162197.jpg


東京オリンピックが、2020年夏に開催されることに
なりましたが…はあ…。
ずっと反対してた議員さんに投票し続けてきたのになあ。
これから異常気象が激化し、今年の夏を超えるであろう
酷暑になる未来に、冷房費やそれを稼働させる電力供給を
一体どうやって排出するつもりなのか?

安部さんはTV画面で「福島はもう何も心配いらない」
と連呼しているけど、ニュースに映る地元の方々は
「何故あんな事を簡単に言えるのか、信じられない」
とコメントしています。

水鳥達の楽園になっている、葛西臨海公園の大部分が
工事によって削り取られて、青山劇場も潰される計画が
私達の目に届かないように着々と進められています。

ともあれ、7年後に自分が生きているのかさえ分からない状態で、
(首都直下型地震が明日にでも来る可能性大なこの時代に!)
コミケの無い東京の、激烈な暑さに耐えられるとも思えないので、
希望としては、軽井沢の叔母宅にて五輪開催中過ごしたいところ。
東京からは脱出していたいですね…。

まあ、その頃に状況がどう変化してるかも不透明ですが、
何年も頑張っていたイスタンブールで開催させてあげたかったです。
by doramamaker | 2013-09-08 23:01

渋谷、うたプリ看板撮影その2&ロクシタンカフェ!

渋谷、うたプリ看板撮影その2&ロクシタンカフェ!_e0057018_491939.jpg

渋谷、うたプリ看板撮影その2&ロクシタンカフェ!_e0057018_491987.jpg

渋谷、うたプリ看板撮影その2&ロクシタンカフェ!_e0057018_491956.jpg

渋谷、うたプリ看板撮影その2&ロクシタンカフェ!_e0057018_491958.jpg

渋谷、うたプリ看板撮影その2&ロクシタンカフェ!_e0057018_491994.jpg

渋谷、うたプリ看板撮影その2&ロクシタンカフェ!_e0057018_491941.jpg

この日は、ぶっ続けで映画を見る事は分かっていたので、
どこかでしっかりと食事してから、映画館に行かないと…
と迷っていたのですが、偶然109の看板を撮影する前に、
スクランブル交差点のロクシタン店舗で買い物を思いだし、
そして「せっかく来たんだし、カフェでブランチして行くかあ!」
と、かなり豪勢なメニューをオーダーしてしまったんですが、
ロクシタンカフェの食事は、お値段が高いながらもしっかり
中身が詰まった内容で、「夕方までなら軽く持つかも…!」な
量でございました(^-^;グラッセアイスティーがもう少し量があれば
嬉しかったかな。

オニオングラタンスープもタップリだしパンは付いていたし、
サンドイッチもとにかくボリュームがあります。
もしこれから行くご予定の方は、まず一品注文してから…をオススメ!

素晴らしい美味さでしたけどね!(^-^;

翔ちゃんと那月も裏表になっていて私的には非常に満足!
だったんですが、メンバーが7人になってから、セシルが
どうしても一人になっちゃうのが可哀相。

次からはセンパイ四人も参加になるのかな?

うたプリは本当に、ファンが期待している以上の事をやってくれるので
本当に嬉しいです(#^.^#)
今回の看板のレンタル費用など、1300万円相当掛かっている
そうですが…恐るべしシャイニング事務所!!

次の企画も心待ちにしていますね!(*●∀゜)人(・∀・*)

「大人になっても忘れない」

夏の最後に相応しい、どこか切ないながらも美しいイラストでした。
by doramamaker | 2013-09-08 04:09

渋谷、うたプリ看板撮影!2013年秋!

渋谷、うたプリ看板撮影!2013年秋!_e0057018_3542376.jpg

渋谷、うたプリ看板撮影!2013年秋!_e0057018_3542314.jpg

渋谷、うたプリ看板撮影!2013年秋!_e0057018_3542343.jpg

渋谷、うたプリ看板撮影!2013年秋!_e0057018_3542374.jpg

渋谷、うたプリ看板撮影!2013年秋!_e0057018_3542331.jpg

渋谷、うたプリ看板撮影!2013年秋!_e0057018_354238.jpg

ちょっとだけ、秋らしくなってきたかな?な夜風が吹く東京、渋谷にて
またまたうたプリ看板や他デコレーションが飾られたので行きました!

この日は慌ただしく予定を詰め込み過ぎてしまいましたが、
午前中にまず渋谷の109とマルイにてこれらを撮影!
昼過ぎからは新宿に移動して、公開最終日の「ヤマト2199第七章」と
クリストファー・ノーラン監督の「マン・オブ・スティール」を
観覧しました。結局その後は二回目の「パシフィック・リム」3D吹き替え
も観て帰宅したのですが(^-^;

まだ蒸し暑さが残りながらも、一番過酷だった8月半ばから下旬に掛けて
の、刺さるような強い日差しは潜み、雨は不安定に降りながらも
暑さで呼吸が苦しくなるような事は無くなりました。

こちらの柱飾りは、キチンと同室コンビの二人で裏表になっていて、
相変わらず、倉花さんらしい洗練されたイラストでした。

さて、次に続きます(#^.^#)
by doramamaker | 2013-09-08 03:54