人気ブログランキング |

<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「TIGER&BUNNY」第7話感想。

今週もユーストリーム配信を、2万人近い方々と
ドキドキハラハラで観たんですが←途中PCが凍るかも…な
恐怖に晒されながら(^-^;

いよいよバニーの過去トラウマがテーマで語られ始めましたが、
虎徹さんは彼の若い「憎しみと復讐」的感情に割と冷静。

ネイサンこと姉さんに「アンタ案外冷たいのね」なんて
言われてますが、その台詞の後に「おじさん」が
ポロリと零した独白めいた台詞の重さ…


さすが平田さんだなあと、

安心感いっぱいで観てました。


恐らくは虎徹さんは「4歳で両親を殺害された大富豪の息子」
と同等か、もしくはそれ以上の凄絶な過去を傷に持つので
ありましょうな。


バニーJr.の暴走をあえて止めず、自分は古い仲間と
人命救助に冷静に対応、ネイサンと兎の過去を
洗い出す「プロフェッショナルな男」の横顔には
事件を追う野心や熱意は無く、ただひたすらバーナビーを
通して、忘れたかったであろう自分の昔の姿を達観視している
疲労した大人の横顔がありました。

1話の写真や最愛の娘楓ちゃん、そしてお母さんの
平凡で質素な生活の中にそして虎徹さんの部屋の片隅に、
はかなげに微笑する奥さんの
写真が常にある。

虎徹さんにとって間違い無く彼女は
永遠に失われた女神に他ならないでしょう。


今時点でバーナビーの「クリスマスの夜の惨劇」が
ピックアップされてますが
鏑木一家を襲った何かが、それに匹敵、もしくは凌ぐ
ドラマがあるらしい事は、今回確信したので、
それが紡がれるドラマがかなり期待されます。

「タイバニ」は三十路の終幕を迎えつつあるやもめ子持ちの
ヒーローが、それでも少年の純粋さや正義感を捨てられず、
旅立った伴侶を忘れられずに、いまだに薬指のリングを
外せない老成した主役と、多分彼の若い頃を彷彿とさせる
復讐に燃える若者の、二人が織り成す物語。

去り行く自分と世代交代する青年を、魂の後継者と
無意識に導く「おじさん」は本当に素敵です。


こりゃ青薔薇ちゃんが惹かれるのも無理ないでしょう!

さて、ラスボスか中ボスか…これまた森田成一を凌ぐ
存在感の遊佐浩二が本格的にご登場!視聴者は皆様分かってるW


月→兎と掛けてるんでしょうが、もしかしたら残り、
20話程度の中で、虎と兎が真正面からぶつかり合う
可能性も出てきましたね!

今週印象的だったのは、平田広明さんの演技に
必死に付いて行こうと試行錯誤する森田成一君の姿でした。


元々が「ジョニー・デップをモデルにした、平田声の主役」
の為に制作されたアニメですから、その相方を勤める
プレッシャーはかなりの物と察します。


森田氏は元来明るく直情的な役柄で長く位置した声優さん。

ここは徹底した冷徹さを出したいところでしょうが、
生来の人好きさから、なかなか大変みたいですね(^-^;

いかに

「平田広明の相手役は多くを求められるか」

痛感したのでは無いでしょうか?


…やはり中井和哉は偉大なんだなあと再確認(^-^;
アニエスは常にビジネスを優先する才媛だし、
カリーナと良い、女性キャラも非常に魅力的♪

まだ一期冒頭!これからの新展開に大期待です!!

そして…来週からは他キャラにスポットライトが!
折紙な見切り職人どう出るか!

声で全く気付かれないゆっさー♪


…現在リアルタイムで観ているアニメと映画…
「銀魂」「タイバニ」「ガンダムユニコーン」…はあ…
つくづく日登りの子だな…。

★FC2ブログさん他のTBを弾いてしまうようですが、
お気になさらず。閲覧ありがとうございます。

にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
にほんブログ村
by doramamaker | 2011-05-15 04:51

「世界一初恋」第5話感想♪

あ、危なかった…ゴマーズさんが「今悠きゃん祭りだ♪」って
TLしてくんなかったら出演してるってさえ知らんかったよΣ(;●д・)

実はワタクシ…中村春菊さんの絵柄が凄い苦手で…
キャラクターも誰が誰だか、全く見分けがつかないので、
声に凄い助けられました。

e0057018_584875.jpg

なるほど…今回の『吉野千秋の場合』では、受け主役が立花慎之介くん、
攻めが中村悠一氏なのですね…φ(._.)メモメモ


えーと、初めて観たんですけど、中村演じる鳥さんこと羽鳥芳雪くんは、
28年間、立花慎之介くん演じる吉野千秋くんに恋していて、
吉野くんが人気漫画家になるキッカケを作ったのも彼みたいです。

そんでもって…ええっと珍しい…。
この線の細い少年の優君が、神谷浩史氏なんだね!
優君はどうも千秋のこと好きみたいっすね。

しかし…

どんだけマンボ好塚状態だ千秋!!


あんな人数のアシスタント雇ってて、しかもあの
セレブなベッドルーム!!!Σ(;●д・)

来週もこの二人のカップリングのお話みたいなんで、忘れないように
予約しときます。
はあ…テレビとレコーダーが同じメーカーで良かった…。
タイバニ原稿に紛れてて、リモコンが見つからなくて
ファミリンクで録画したんですよ…ふぅぅぅ…Ψ( ●ω`)Ψ
e0057018_545669.jpg


しかしやはり、あれですよ。

中村悠一は低い声のキャラか絶対良いです!!

グラハムより低くて、BLなら私が一番好きな「捕獲者」の
エドゥアールボイスでございましたわ(●∀`)人(・∀・)

ドラマCD廃番になってるのか…(。●w<๑)

何はともあれ、このエピソードで中村鳥くんの恋は成就して
ハッピーエンド♪凄い急展開だな…(^_^;)

何の葛藤も無く、同性の恋愛を受け入れてしまうのはやっぱり
シェルコミックスw


えっ、ちょっと待って…もしかしなくても…

今期の悠きゃん代表作品ってこれか…Σ(;●д・)


この前にМXで放送されているのが「タイガー&バニー」な
だけに…簡素な背景が目に眩しかったです…゚(●Д`;)

「今回ばかりは落ちると思いましたー!」


ああっ…なんか今胸にガラスが突き刺さったような…っ
あいたたたたたたっ(。●w<๑)
e0057018_555720.jpg


それにしても、BLが深夜とはいえ、ベッドシーンを
放送出来る時代になったんですね…

池袋乙女ロード創設世代としては感慨深いです。

世の中にはもっともっともっとたくさん、素晴らしいBL作品が
あるので、アニメ化たくさんして欲しいなあ…(●Д´)
by doramamaker | 2011-05-11 04:28

連休も終わり…夏近し!

しばらく振りにこちらに日記をば(^-^;
黄金週間も終わって一週間になりますが、
4月から連休まで、まさに原稿地獄に追われておりました(。●w<๑)

それまではいっちゃんと「攻殻機動隊」カフェに行ったり、
「ガンダムユニコーン・ラプラスの亡霊」に行ったり楽しんでいたのですが、
戦国BASARAのオフセットを初めて出すにあたって、もうもう
出したいキャラが根城押しで…

しかも、特急印刷が終わってやっと一安心して

「エルシャダイカフェ行こうぜ(●∀`)人(・∀・)」

e0057018_5542360.jpg

って意気投合したのもつかの間、


「…ヤバいよ…タイガー&バニー本出したいよ…」


e0057018_554238.jpg

そんでもう…一日だけゆっくりは寝たんですけど、結局
ほとんど睡眠不足の状態で、スーパーコミックシティに
サークル参加しました。
e0057018_5542367.jpg


いや…もうびっくり。始まってすぐにジャンルカップリング問わず、
タイバニ本を探してきた方々がどっとホールに溢れて、
しかも一人が「六冊下さい」とか買っていくんですよね。
e0057018_5542341.jpg

大手サークルさんには、怒涛の勢いで長蛇の列が出来上がり、
「お一人様、新刊は二冊までで」って条件も出たようです(^_^;)

私も多めにタイバニコピー誌を持って行って正解でした。
七月のオンリーイベントも二倍のサークル参加が集中。
私もサークルカットを描く作業に追われています。

夏コミ果たして受かるか分かりませんが、おそらく
夏過ぎ…いや今年中は原稿三昧の日々になりそうです♪

もうアニメのリアルタイム放送には絶望していたのに、
やはり私を救ってくれたのは、長い間育ててくれた
サンライズでした。不思議♪

兎×虎で、大体のトないオンリー、大きいイベントには
サークルで出る予定ですので、
もしお会い出来たらヨロシクお願いします(●∀`)人(・∀・)
by doramamaker | 2011-05-10 00:54

BL「僕が愛した逃亡者」感想。


主役の受け少年は、裕福で病弱なニート。体が弱いという
理由で母親に甘やかされ、自分でもどうにもならない
ジレンマを抱えながら流されるように生きている。
ある日、電車で乗りあった男に、突然キスをされ、
男が強盗犯だったと知り通報…彼が逮捕され七年…。

致し方ない理由で強盗に走った攻めの青年の不器用さと
受け少年の「オレなんか…いてもいなくてもいい存在」と
周囲や世間に八つ当たりする様子も、彼の状況や性格から
読んでいても不快にならない。

また、攻めの青年の無口な中に滲む優しさや包容力が
きちんと丁寧に描写されていて、優しい雨の風景が
目に浮かぶ。イラストはカラーもアナログもとても良い。

ただし、エロシーンは二人が大人になってからの再会の
一度きりなので、激しいエロスを求めていたり
情熱吹き荒れる展開を求める方には絶対物足らないと思う。

かと言う私も「これは一度読めば充分かな…」と最初
感じていたが、雨が多くなった今の季節、なんとなく何度も
読み返してしまう。
キャラクターの及び腰の恋愛描写や、ぎこちなさ、そして
淡い色合いの肌寒い雨模様をしんみりと感じたい方には
お勧め。榊花月さんの作品は最近すっかりこのタイプの
方向になってばかりだが、時々はハードなテイストも読みたい。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
by doramamaker | 2011-05-09 00:55

「TIGER & BUNNY」第5話感想♪

毎週Uストリーム配信待機が2万件なんですけど(笑)

…「虎徹」とは、知る人ぞ知る新撰組の局長
近藤勇の愛刀である。

この史実に関しては疑問点が多く、一説では
会津公・松平容保が近藤自らに与えたという説、
そして斉藤一が京都市街で買い求めた贋作を近藤が
半ば無理矢理貰い受けたという話。

いずれにしろ「虎徹」とは、幕末の一瞬を駆け抜けた若者たちの長が
その短い生涯を終えるまで共に戦ったであろうまたたきの伝説だ。

主人公虎徹は、果たして贋作か、本物の名刀か?

ネット配信がメインという今の時代ならではの新スタイル
ながら、他の今期地上波のアニメ作品など、足元にも及ばない!!

桂正和による斬新なデザイン、インプレッション強烈な広告ロゴ、
そしてレトロなアメコミドラマかと思いきや、時にど直球、時に
フォークでストンと心に落ちる見事な脚本…まさに

これこそエンターテイメント!!


主線をセピア色で描いている人物と、最新のCGで描かれた
スーツのギャップがまた、たまらない絶妙っぷり。

平田広明氏演じる主人公、虎徹が三十路に差しかかるだろう
崖っぷちの、子持ちヒーローという設定もまた魅力的♪

虎徹は背中にブルースを背負っている。
それは押しつけがましい音楽ではない。
傷つきそれでも屈さず純粋な少年の心を持った
「おじさん」の哀愁歌なのである。

まさにこれは、平田広明の為に作られたアニメと言っても
過言ではないであろうそのシンクロ率!!


そして、対照的にセレブで若い野心家のパートナーバニー。

森田成一も他アニメで鬱屈していたところへこの配役は
本当にラッキーを射止めたのではないだろうか。


やはり彼は直情主役よりも、屈折した影のあるキャラが良い♪

一人一人の人物が個性的で、

男女みんなが魅力的♪


30分が15分くらいに感じるジェットコースタームービー!!

バーナビーが背負う過去のトラウマとはなんなのか、これからの
虎徹とのコンビはどうなる?

子供から大人まで楽しめる超一流の極上アニメ作品!!一見の価値あり!!

にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
にほんブログ村
by doramamaker | 2011-05-08 03:40

BL「追憶の庭」感想。



これは…「薔薇の陰謀」後に読むのはきつかったなあ…(^_^;)

年下攻めが好きなので、パラ読みした時に「あっ攻め視点だ!」
と喜んで購入したのですが、まあ…よくある物語で、
亡くなった祖父が有名な日本画家であったことを全く知らされず
育った主役が、父親が何故か憎む祖父が亡くなった後、
その自宅だった場所を尋ねると、謎の年上麗人が猫と住んでいて、
その不思議な雰囲気にすっかり囚われてしまい、衝動的に関係を
持ち、両思いに…って感じです。

確かに美術的な描写は細かいのですが、何よりやはりキャラクター
が余りにも様々なBLで使いまわされた感じの個性の無さで
「他の年下攻めとの違い」を説明することが全く出来ません。
大体いつも感じますが、ノーマルに生きてきた普通の青年が、
突然男に襲いかかるような、それだけの情熱ってこんなに
簡単に引き起こるものじゃないと思います。

読者は別に美しい日本の風景を求めてBLを読むんじゃなくて、
パッションのある男同士の、同性なのに何故か惹かれてしまう
言葉では説明できない感情の引き金の原因や、キャラクター
の突き動かされるような情動とかそういうものを求めている。
この作品にはそれがまるでない。マニュアルBLです。
これに600円支払うなら、他の傑作BLを一年間待つ方が絶対良い。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
by doramamaker | 2011-05-08 00:13