人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

脱稿しました♪

はい…実に4年振りです…
オフセット同人誌が出ます。
スーパーコミックシティ初日です。戦国BASARAで蒼紅スペース♪

今回は…ほんっとに…初体験色々しました…。

極道入稿で特急三割増しとか(笑)


そんなん大手しかやらねーだろとかずっと思ってて(笑)
一度として経験したことなかったんですよw
15年ずっと入稿優等生だっので…お金もなかったですしねぇ。

しかしデータでの本文作成って本当にラクです…
今回は鉛筆描き線に直接フォトショップでグレーやら
ベタ、背景、グレー影をつけたんですけど、
手が痛くなることも無く、トーン張りに膨大なな時間を
浪費することも無く…

ただただ、ひたすら目が辛かった…だけでした(^_^;)

取りあえずゲーム「戦国BASARA3」に出演しているほとんどの
キャラは描きました。
凄い描いていて楽しかった…もう戦国BASARAキャラの
永野コスとか似合うことに似合うこと(笑)

仕事が大変なのに背景作成してくれたたまーる姉さん、
それから応援TLと、「一緒に頑張ろう」TLしてくれた
フォロワー様(憧れのサークル様と毎晩励ましあってしまった!)
それからリア友、ブログ仲間、
「脱稿おめ」コメントや電話本当にありがとう♪

父が亡くなって、その事後処理に追われてそのまま…
もう何かを作りだすって気力が湧かなくて。
でもその間の私を支えて、素晴らしい友達とくさん出会わせてくれのが
このブログでした。

そろそろこちらは整理して、同人誌サイト本格的に
作らないとな…とぼちぼち他ブログをいじっているのですが、
ううーん、「ガンダムユニコーン」が終わるまでは
残しておこうかなあ…。

あと、最近「タイガー&バニー」大好きです♪
もし兎×虎本出してたら、笑って下さい(^_^;)
by doramamaker | 2011-04-29 06:52

「薔薇の陰謀」感想♪



結論から一言。とにかく面白く素晴らしい、今一番お勧めの
「BLバンパイヤエンターテイメント」作品である。


原作者様は「BLっぽい部分が少なくて(汗)」らしいけれど、
キャラクターの存在感と、主役啓を挟む双璧・レヴィン&ラウルの
三人の愛と絆関係が実に丁寧に描写されていて文句無し。

タイトルからして「薔薇騎士団の中の汚職と利権争い」が中心になる
のかと少々憂鬱だったところを、見事夜光花さんは払拭!!

今回は「まさかの場面」で「まさかの人物」が登場するサプライズと
啓の出生の秘密、もう一人の薔薇騎士出現が書かれたが、やはり
メインは「三人の関係」が更に深く刻みこまれたエピソードだった。

啓のまだ稚拙な部分と、既に薔薇騎士のカリスマ的な存在感が
絶妙に織り交ぜられていて、すんなりと感情移入が可能。
見ていて純粋さを失わず、時に迷いしかし情に深く男らしい少年主役
は好感度が高く、主人公とは作品の象徴なのだと痛感する。

このシリーズを読んでいる皆様にぜひお聞きしたい。

……レヴィン派?…それともラウル派?


私は「三人でずっと愛し合っていけばいい」と思っていたのですが、
今回の続編にてかなーりラウルポイントがアップしました。

実際ラウルと啓が二人でいる描写のページ数がずっと多く、ベッドシーン
もかなり濃厚に描かれています。それだけに、ラストには

「ここで少年時代シリーズは完結!?」

と震撼し鳥肌が立つこと間違いなし。

既に「死んでいる自分」に絶望しているレヴィンと比較して、ラウルは
まさにポジティブ太陽のラテン。「薔薇騎士団の腐敗」に嘆く啓に


「君が薔薇騎士団を破壊すればいい。

オレはずっとついていく」


と断言してしまう気風の良さには脱帽。
三角関係に対して子供っぽい反抗を見せる
やんちゃ顔と、守護者としての圧倒的な戦闘力、
啓への一途な愛、包容力…。

とにかくこの三巻目は「ラウルの章」だったと断言しても良いでしょう。

この「陰謀」にて啓の少年時代は終わり、次回からは青年シリーズへ。

「一体どうなるの!?」な終わり方に衝撃を受けずにはいられない。

もうとにかくね…ラウルがねぇぇ…大洋図書の特設サイトでも
彼の少年時代の番外編短編があるんですけど、
先代にも仕えていたレヴィンと違って、本当にラウルには
啓しかいないのよね。


老成しているレヴィンと違って、まだまだ子供で
啓と痴話喧嘩してふてくされる様子とか本当に可愛い。
だからラウルに凄く感情移入しちやって、レヴィンと啓の
ベッドシーンがちょっと読みたくなかったんだ…。

啓がラウルといると何もかも話せる、拒絶されると
泣きたくなるって気持ちが凄く良く理解出来る。
大切な親友や恋人、家族がいたら、誰もが共感出来るはず。
辛い時啓が泣くのはラウルの胸の中なんだよなあ…。

BL作品がワンパターン化する一方の現在、実に貴重な大作!!
ぜひドラマCDだけではなく、アニメ化するに相応しいハイクォリティ。
読んでいない方には、一期買いをお勧め。続編が本当に待ち遠しい!!
by doramamaker | 2011-04-29 06:28

同人誌活動を本格的に再開しました♪

e0057018_5375673.jpg

e0057018_5375651.jpg

5月のスーパーコミックシティ一日目から、久々に
同人誌活動を本格的にリスタートさせますЩ(●△・。)人(o・ω・o)Ψ

父が亡くなって、しばらく休んでたんですが、
某大好きなサークル様の影響と「ガンダムユニコーン」映画やら
「マクロスF」完結、「武田道場」DVDに触発され(笑)

ブランクあったから、どうかな〜と思ったんですが、やはり
若い頃死ぬ程やってた事って、すぐ思い出せるもんですね(^-^;

表示はデータ入稿済みなんで、本文が修羅場状態ナリ(●∀゜)

でも幸村の…誰がなんと言おうが(笑)幸村のコスチュームやら
筆頭、瀬戸内二人、三成の全身コーディネートすると楽しくてW

そのうち、こちらのブログは閉めて、完全に同人誌情報
オンリーのとこを立ち上げる予定です。


ピクシブも入ってしばらく経過したんで、これから活用かな…。

「タイガー&バニー」良いですね〜!!
夏辺りコピー誌出してたら…よろしく!(笑)(゜▽゜)/

まあ…バサラの蒼紅&瀬戸内&関ヶ原とは言え、資料が上な感じですから(笑)
察して!(笑)
by doramamaker | 2011-04-19 05:37

「戦国BASARA熱血武田道場DVD」感想。

e0057018_2302327.jpg

桜満開のうちに、慌てて描きました…はあ…徹夜でクタクタ…
蒼紅> (*●∀゚)人(・∀・*) <見参!
唯一にして最大の不満は、ブルーレイ発売でないこと。
この時代DVDのみなんて余りにもナンセンス過ぎる。

しかし、本編の出来上がりは本当に素晴らしく、
「これぞ戦国BASARA!!」
「私達はこんな、一期の頃の痛快馬鹿エンターテイメントを待っていた!!」

ドラマCDをかなり削っていたのは残念ながら、二期ですっかり
「偽善的退屈」な黒歴史を作り上げてしまった戦国BASARAアニメの
鬱屈を見事払拭してくれる内容で、満足至極♪

伊達主従の更に強くなった繋がり、幸村と信玄の親子的な深い愛情、
そして蒼紅のお互いを「生涯ただ一人の好敵手」としての、夕焼けの誓いと握手。

失望してしまったアニメ二期を思うと、いつまでも幸村の成長を楽しみにする
筆頭と、そして兄のような政宗を一途に慕う幸村の純真さはには胸が熱くなった。

政宗VS佐助、小十郎VS幸村、そして信玄VS政宗…とまさに豪華絢爛の布陣!!
余り期待出来なかった映画の展開だったが、セリフの端々から「蒼紅決戦」
の伏線が匂い立ち、もしかして心待ちにしてもいいのか…

と少し浮上しました。

「ラストパーリィは、俺とアンタの決着しかありえねぇぜ」

「政宗殿、雌雄を決するは頂きにて…!!」

手描きとCGを混合して使う最近のアニメの手法も違和感なく、
アクションの迫力と丁寧な描写、背景の設定の細やかさには感激。

おまけの瀬戸内身に劇場も最高に面白い♪
これはファンなら、まず買うべし♪

もうとにかく…

「みんなに見守られて育つ幸村」

「竜も愕然!恐るべし虎若仔天然爆裂さ」

「筆頭の好敵手に相応しいか、指南する右目」

「お父さんお母さんに試されるお婿さん」

「相変わらず、兄妹な蒼紅♪」

…な実に美味展開でもう気絶寸前でした(笑)

そんでもってもう「ミニ戦国戦国BASARA長曽我部君と毛利君」も最高。

ナリ様が二期のまま死んじゃってて、どうも安芸は兄貴の統治下になってるらしい…
ええーっ、ナリ様不在のまま映画なんて…ありえない…。
瀬戸内編で一本作品でないかなあ…小林P必ず考えてるはずなんだけど。
(。●ω・。)ノ\(。・ω・。)

むとうやすゆきさんからRTされてきた「戦国BASARA劇場版」
最新PVは "">こちら。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
by doramamaker | 2011-04-08 23:12

「戦国BASARA劇場版」新情報♪

e0057018_23194656.jpg



うぎゃ~兄貴が劇場版に出演だよ嬉しい~!!


まさかのお市と最上さんと…天海様もご登場ですが、
小早川潤が出ると言うのは…やはり裏切りの伏線!!?


福山を出演させて更にファン層を獲得する意欲は感じられる…(^_^;)

しかも速水声の方がラスボスっぽいビジュアルなんですけど

まさか…

ラストでナリ様不在なんて認められないぜ!!


どうやらアニメ弐期そのままで、元就の死後、既に安芸は元親の
統治下にあるようです。 …

「ケリをつけたい、宿敵がいる」

by奥州筆頭中井ボイス

これはもう…
蒼紅決戦でやはりカーテンコールしかありえませんな…(●∀`)人(・∀・)
「武田道場」でも散々蒼紅決戦に話を振っていたのでw
心配していた不発には終わらないで済むっぽいかも…

ふーみんに捧げる、ナリ様の頬笑み。

元絵はシェリルとランカ。私にとって元就様と幸村は
祥子様と祐己的な関係♪

ゴールデンウィーク戦国BASARA池袋ジャック情報は
こちら。 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
by doramamaker | 2011-04-07 22:41

「桜蘭高校ホスト部」18巻最終回感想。



「ホスト部」との出会いはアニメでした。「少女革命ウテナ」
スタッフが制作とのことで、構成も絵柄も逸脱していて、声優方も
本当に一人一人がマッチしていて素晴らしかった。
それまで少女漫画と疎遠だった友達も「このアニメはすごい!!」と感激していて
私自身もすぐそれまで出ていた7巻…かな、一気買いしました。

私は少女漫画を読んでいた期間が小学校高学年の2年くらいしか無く、
ほとんどジャンプ漫画とメカ系アニメで育ちました。

ですので、「ホスト部」で久しぶりに点描やレースのトーンを
観た時は異世界空間を突き付けられたような感覚で、絵柄も
正直「線が堅い」「コミックスサイズが小さすぎて読みにくい」
という感想をもちましたが、シリーズを買い続けて完全読破に
至ったのは、葉鳥さんが作りだす世界観の感情移入のしやすさ、
アップテンポな展開、魅力的なキャラクターの吸引力の為だったと思います。

今回は最終回ということで、オールスター総出演、キャラのその後について
作者の愛情の深さが切々と伝わります。お約束ながら殿とハルヒは
結婚まで至るそうですし、家族同士も上手くやっていくそうです♪

しかし、ここで私にとって一つ決定的になったのは、現実の高校生達と
少女漫画に描写されるキャラ達との、明らかな時代のギャップ。


高校から大学まで純愛で交際する男女は今時まずいないでしょうし、
葉鳥さんが考えるように「登場する男性が全員結婚する未来」という
のも独身率が増加する現代ではまず考えられません。(特に鏡也先輩(笑))


そういうリアルからの明確な時代遅れが、昨今の少女漫画衰退の
原因ではないかと、ハッピーエンドを読みながらふと思いました。

余りに完璧すぎる終焉ですので、続編は無いままに願いたく、
葉鳥ビスコさんに、今まで本当にありがとうと、
ホスト部にさよならを心から♪

今回、久しぶりにサイン会なるものに参加します♪
先日ご無沙汰の始発に乗り(山手線が結構混雑で驚き…)
渋谷ツタヤの入り口に寒い中、座り並びました。
その朝焼けレポートはまたこちらから♪

葉鳥さんにお会い出来るのが楽しみです。
このシリーズが私が読む最期の少女漫画になるでしょうな…。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
by doramamaker | 2011-04-05 23:09

葉鳥ビスコ様サイン会整理券♪

e0057018_11552020.jpg

行ってきました渋谷TSUTAYA…始発に乗ったのは15年振りくらいかな?
これは地元駅なんで、空いてましたが…
池袋着いたら結構山手線が混雑していて驚き!
e0057018_11552011.jpg

明らかに昨日終電を逃したらしき、大学生三人がいたんですが
一人が泥酔状態…あれ救急車呼んだ方がいいよなあ…と思いつつ、
「もうどれくらい並んでるのか」「列はどんな感じか」
「トイレ近くにあるかな…」
と不安いっぱい(^-^;

e0057018_11552044.jpg

しかして!現場には既に数人並んでいながらも

余裕の幸村ナンバー!


TSUTAYAのスタッフさんは手際良く、2時間少し毛布に
包まりつつ、近くのマックでトイレを借り、朝マック食べながら、
早めの仮整理券配布!マックにて蒼紅小説を読みつつ、
晴天の109前で無事ゲット致しましたЩ(●△・。)人(o・ω・o)Ψ

周囲の女の子達の会話が声優話で面白かったです*´∇`)人(´v▼*)ノシ

しかし日中の温度、本当に上がりましたね!
電車中は節電で、トンネル入ると真っ暗な分、外出たら
眩しい…!春だあ〜♪
by doramamaker | 2011-04-05 22:55

銀魂 第202話 「春休み明けは皆ちょっと大人に見える」

うわー…なんか…

杉田声を新鮮な感じで久しぶりに聞いた♪


というワケで始まりました。ついに「銀魂」がプランクを経ての
アニメ再開です♪
私はもう「アニメで観たい」という思いが強かったので、一切
ジャンプもコミックスも読んでいなかったんですけど、

どうも今回は原作通りの話らしいですね(●Д´)

やっぱりサンライズの作画は綺麗だな…と
おかしなところで痛感したりとか、
あと、不思議と今回

神楽の成長した姿が「プル→マリーダ」


みたくなってたんで、サンライズのアニメだから
キャラデザインが似て見えるのか、それとも
第5スタジオだからガンダムっぽいのか(笑)…

そしてヅラ子には一億人の石田彰ファン号泣w


でも髪の毛が長いせいか、元々空知男性キャラが
中性的な為なのか…違和感がないんだよなw


とにかくまあ、いつも通り「銀魂」は

「考えるな!!感じろ!!」

なニュータイプアニメで(笑)レビューもひっじよーに
書きにくいざんすw

キャプ使わないと全く観ていない人には、ギャグのフィーリングとか
分からないと思うし、また使ったとしてどこまで私の稚拙な文章で
抉れるか全く分かりません(●ω`;)(´д`;)

私も「銀魂」「焼きたてジャぱん」ほど感想書きづらいアニメ
なかなか無いもんで (●ω゚)このまま毎週、「銀魂」の存在感そのままに
マターリやっていきたいと思います♪

やっぱりこう、脱力してスタッフの自由気ままなフリーダムさで
流してくれるのが、この作品の良いところだと思うので…
気負っても仕方ないヽ(●Д´)ノ ヽ(・■・)ノ

さて、来週はまたまた懐かしいメンツが登場ですね。

…ところで…延期になってる銀魂桜祭り…

大阪夏の陣と日程見事被ってる…


集英社チェック甘いじょΣ!?(●Д°;;) しかも真夏の酷暑の時に
国技館か…。完全に桜祭りというより夏祭りなんですけど、
夏コミの次週って…体力温存しとかんとヤバいですな…(。●w<๑)

おそらく、今春観る唯一のアニメ作品(他は戦国BASARA一期再放送♪)
になると思います。ヨロシクお願い致しまする(●∀´)人(`∀´)

凄い久しぶりにトラックバック飛ばします♪
弾いてしまってもお気になさらずw



↑「銀魂」アニメとこのMMDは限りなく近い感覚w
説明のしようがない(●Д´)
by doramamaker | 2011-04-04 19:10

春の新スタートアニメ…銀魂くらい…。

春の新スタートアニメ…どう考えても「銀魂」くらいしか
毎週の楽しみがなさそうなので、もう冬に続いて

戦国BASARA一期再放送を楽しみに!!


今春は生きる…と思いました(●ω`;)(´д`;)

こう…ここ1.2年はもうどこを見ても萌え系と
超能力系と妖怪・退魔師モノとかが溢れかえってて、
物語が特に逸脱している作品にも出会えないし…
グラハム、ブレラ、戦国BASARAファミリーレベルの魅力的なキャラクターも
いないので、またまた冬眠状態が続きそう…州>3<)∴д▼)

「じゃあどんなアニメが観たいねんにな」
と言われて色々探したら…結局…



行きつくところはココなんだなw

しかし冗談抜きで、「戦国BASARA・熱血武田道場」の発売は目前
ですし、秋にはまた「ガンダムユニコーン」の続編があるので、
なんやかやで乗り切ってしまえそうな気もしています♪


「戦国BASARA映画」は不安ばかりが先立って、余り
過剰に期待しないように…自分自身に言い聞かせている日々…涙。


こちらも↓どうするかまだ迷ってます…



今更川村万梨阿を持ってこられても…知っている若い人
いないだろう…(。●w<๑)
結局「永野護を知ってる人だけ観に行く映画」になっちゃうんだよなあ…。
by doramamaker | 2011-04-02 00:46