人気ブログランキング |

<   2009年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

まだまだ寒い~!!(泣)

e0057018_1853556.jpg

東京は雨模様…春が少しずつ近付いてます…が花粉が辛い!
月曜日に酷く首を寝違えて「こりゃ医者かな…」と思ったんですけど、
こまめにシップを張り替えたりしていたら、もう火曜日には
入浴全然オッケーで、シップの偉大さを痛感しました。凄いなあ。

00も残り一ヶ月ほどになりましたし、そろそろ今年後半の予定を
少しずつ作っていこうかなーと、同人誌情報サイトの製作を
ちょこちょこ始めかけてます。このブログも継続しますけど、
どーにも2009年の春以降、入魂してみるつもりの作品がないんですよ。涙

ただ、マクロスの映画が秋公開との情報が入ったので、かなり楽しみですよー、
うふふふふふふ…♪
どの程度設定やエピソードを変えてくるんだろうな…
河森監督の手腕に期待しましょー。

今、ミスドが100円サービスフェアなので、ものすごっく久し振りに
ドーナツを色々購入…チュロが大好きなんですけど、ほかはハニーディップ、
オールドファッション、フレンチクルーラー…。
お、美味しいんだけど…なんでこれを立て続けに食えるんだ、ビリー・カタギリ!!
…やっぱり米国人と日本人の味覚って、ズレがあるんだろーなあ。

今週末から、5月のスパコミに向けて、ちょっと力入れてモノクロ原稿
に本腰入れようと思ってます。
刹那×沙慈も描くつもりなら、今年冬いっぱいまでだと思うので。
彼ら2人に関しては、くっらーい痛い話が色々作れるんですけど、
最終的には「友達になれたかな」な終着点にたどりつけてたら良いな…。

なんか…2期に入ってから、ブシドーの活躍と、刹那と沙慈初合体・笑
以外に繰り返してHDD観たいと思えるエピソードがない。

セルゲイ大佐の亡くなるシーンなんて、もうとても見られませんよ。

1期の頃は、グラハムの大活躍ばかり何度も何度も再生してたなあ。
あの頃が懐かしいけど、もう戻れない…私も、00も…。
ただひたすら、前に進んでいくしかないんだ…。

おっと、そうだ。初めて着払いオッケーの中古同人誌屋さん利用
でリサイクルに色々出したんですよ。
結構な入金があったんでびっくり。やっぱり今が旬のカップリング、
しかも大手の本が多かったからかな。
今まではカラコロをきしませながら、重さに肩や腰を痛めつつ、ヒイヒイ
乙女ロードまで行ってたんですけど、もうさすがに…。汗

「余りにも多くて、持って行くの絶対無理…」な人にお勧めです。
明●堂さん。同人誌リサイクルで検索すれば出てくるかな。
30冊以上で着払いオッケーみたいです。
by doramamaker | 2009-02-25 18:05

ガンダム00第2期20話「アニュー・リターン」2

…ライアニュを描きたかったんですが、今回見送り。涙
今描かなかったらもうチャンスはないよーな気が。
一度下書きしたんですけど、どうも失敗しちゃって。

沙慈は一発で決められたのに。愛情の差だなあ。

トラックバック張ってくださったブログ様、コメ記事が無くて
すみませんっした。汗汗
トラバは前記事、コメはこちらでお願いします♪

さて、ライル×アニュー以外のキャラ&エピソードレビューですが、
まあ、一応この人からいきましょー。
e0057018_17411735.jpg

「もしもの時は俺が引く。その時は俺を恨めば良い」


沙慈にもいっつもこんなこと言ってる気がするせっさんですけど、
「恨んでくれて構わない」ってのは「後ろから撃っても良い」と
受け止めてオッケーってことですよね???


なんか、彼の言動はこういう無責任つーか、突き放した内容のものが
時々あるんで、どこまで覚悟してんだが、よく分かんないです。
「恨んでくれて構わない」…つまりいつソレスタル・ビーイング裏切って
ガンダム奪取しよーが0ライザーかっぱらってルイスんとこや
アロウズに行こーが、「その時は俺がお前を始末するから」ってことなんかい。

ソーマに撃たせまいとして、前に出たのはかっこよかったけどね。

冷めた見方だけど、余りにも沙慈が真主人公になっちゃったんで、
こういう最悪な悲劇を刹那に被せないと、存在感が希薄になっちゃうっていう、

荒療治なんだろうな、作り手側の。
e0057018_17464925.jpg

あのライル相手に説教たれるなんざ、まあ成長したんだろうかとも
思うんだけど、いかんせん、刹那の政治思想や、これからの未来への
具体的な展望・分かりやすい言動が全くないので、サッパリなんですよね。
ここがシャアやアムロとの徹底的な違いというか。

大きな罪背負ってまで、どこをどう変えたいのか、将来的にどうつなげたいのか。
アロウズとイノベ滅ぼして、ルイスと沙慈を取り持って、じゃあそれからどーすんだ、と。

ただ、ここにきて彼のこのリーダーへの覚醒が、果たして
00ガンダムの影響なのか、純粋に沙慈やルイスとの出会いと再会を経て
精神的に他人の痛みを知ったからなのか。

前者だったらつまんないなー。ガン種の最低主役みたいに
「僕たち友達だろ」とか言いながら、相手のモビルスーツバラバラにしたりなんて
始めたらおっかねー。

っつーてたら、白狼PunkRockersさんが、そのネタ見事なさってた♪
e0057018_17494255.jpg

そんでもって、まあボッコボコにされて…あーあ。
まあ刹那としては、これでガンダム・マイスターのリーダーとして
確固たる地位を絶対のものにした感じだけど。

(アレルヤは既に刹那の指示なしでは動けない・笑)
こんなんじゃライルにこれから猛反発されて、ケルディムのアサルト・ビット
喰らっても仕方無いわなー。

マイスターの裏切り者は、刹那が断罪していくような
役割になってくよーな気配。その厳格さは評価するんだけども、
「今んとこ、ルイス救出が第一目標」ってところと凄いギャップ。笑
e0057018_17553813.jpg

……ここで終わってたら、刹那、今回はカッコいいクール主役で終われたのに。
いらん最期の一言で全部だいなしになってしまった。


アムロ・レイもキラ・ヤマトも、ラストに向かってどんどん精神的に
老成していった主人公だけど、刹那もどうもその方向みたいですね。

「最近のキミはおかしいよ。以前と何かが…」
という、待ち受け予告の沙慈の台詞、
間違いなく更に電波化していく刹那へのものでしょう。
電波の歌に脳汚染されて、どんどん病人みたくなってったらどうしよ。笑


てことは、あれかな。人類初のイノベイターになったルイスと、
刹那が脳量子派で通じ合って
「実はきみの両親を殺したのは、ネーナだ」
ってことになるのかもなー。

e0057018_182380.jpg

はい、で

「ぼくの彼女はイノベイター」


ルイスですけど。また彼女が更にヒロイン度アップさせましたよ!!!
これ以上ソーマとルイスがヒロインパワー上げると、完全に
ニートの存在感が滅殺されます。笑


ま、製作側がそのつもりでいっそう頑張ってる姿勢が凄く分かった
今週だったので、そのつもりなら全然良い。
もうここまできたら、いらないキャラには一切時間を与えちゃ駄目だ。
重要キャラ、ドラマを盛り上げ、脚本に絶対不可欠なアイテムだけ動かさないと。

「アルマーク」って響きがもの凄い新鮮だったんたけど、
「良い子だ…」ってアムロもなんか色っぽかった♪

元人間のイノベイターか…。面白い素材ですね。
リボンズがどんどんこうして人間をイノベイター化させて、自分の意のままに
操る可能性も大きくなったという証明のよーな気がします。
イノベイターの言うままに動く人間。繁殖していく家畜。
そういう人類を増やしていって、支配すれば、リボンズの歪んだ理想帝国
が出来上がることでしょう。
e0057018_1895868.jpg

ついに登場、ルイス専用機!!

色がかなり悪役色にビビッドですねー。最初見た瞬間驚きましたよ。
サイコガンダムマーク2よりもずっとどきついカラーだなあ。

しっかし、凄いです。

このMA、巨大ビーム砲が曲がる!!


たまーるさんと話しながら観ていて「おわっ、こっえええーっ!!」
「あーあ、もうマイスター滅茶苦茶やられまくってる…」

「…あの…アレルヤだけまた撃墜されてんですけど」

「……またかい……」

……お若いファンの支持は凄いあるキャラクターなのに。
人気声優が担当で、なんでこんなに見せ場がないんだろう…。
監督や脚本家には、もうアレルヤを活躍させる意志が皆無なんだろうなあ…。

e0057018_18205463.jpg

んでもって、今週一番凛々しく素敵だったのは

最後の最後までソーマ♪


観てください、このポーズを。下っ端チンピラが女の奪い合いで
殴り合ってるのを無言で監視してる番長です。組長です、いや姉御か。

でもソーマ、アレルヤが落ちてく時、
ちゃんと「よくも!!」って言ってたよね!?
愛はあるんだなーって、ちょっと萌♪


あ、そういやソーママリー役の小笠原さん、時々教育テレビの
高校講座のアシスタントさんしてます。

以前から観てた番組なんですが、
「なるほど。こうして日本の戦後教育は進んだんですね」
とかマリー声で言われるとなんか、ときめく♪
e0057018_119425.jpg

もう大爆笑だったのが、ティエリアは一応「やめろ」って
言葉で制止すんだけど、ライルのパンチにビビッて手が全くだせねーし、

アレルヤに至ってはただオロオロ。

ライルが幕ノ内一歩並のデンプシー
ロール使いなら確実に死んでるぜ?


ホントにこの人ら、人類救おうとする団体の男なんでしょーか。笑
e0057018_1202053.jpg

沙慈に至ってはただ傍観。笑

まーこれは仕方ないでしょーね。
「恨んでくれて構わない」「俺を恨めば良い」
って
言ったんだから、そんだけの責任はとらないと。
口だけってわけにゃいかねーでしょーよ。

沙慈もルイスとの「もし自分がこうなったら…」な悲劇的予感で
いっぱいいっぱい。アレルヤもマリーについてでいっぱいいっぱい、
ティエリアもヴェーダとイノベのことで、以下同文。
マイスター達はいつも自分のプライベート事情で世界回してます。

沙慈も「…僕もルイスを殺されたら、あれぐらい殴るのかなあ。
こないだは左手の指にひび入っちゃったし、←刹那は口少し切っただけ笑
次は0ライザーで背中から直接至近距離で撃ち殺そう」

とかうっすら考えたかもね。笑

あの後刹那を手当てしてあげたのは沙慈だとは思うけど♪


アレルヤは「くだらん」つーて部屋にいっちゃうソーマを
追っかけてって、ティエリアはブリッジの様子を見に行っちゃうだろうしな。

しっかし沙慈はホント綺麗だ♪


ぜひ、画面で留美やフェルト、駄目ラギ、アニューと比較してみてくださいよ。
こんっな綺麗な顔してる人、女性キャラでもそういない。笑
女性キャラを苦手とするBL漫画家にキャラデザ依頼すると、
こういうことになんだよなー。

対等に千葉・大貫沙慈と画面勝負できるのは、唯一ソーマくらいだろう。
えっ、ニート?ああ、「絶世の美女」って、設定書に
間違って記入されてた人ですね。本当はソーマの記事だったのに。
DVDパッケージでは見事貞子になってたね♪あはっ♪

千葉道徳色がひじょーによくでたキャラクターなんですよね。沙慈は。
つもりは高い河の人が力抜いて作ったってことなんだけど。笑
……そのうち、「沙慈、家に帰りましょう」って今迄生死不明だったお母が
出てきて「ええーっ」って驚愕してたら、
「お前はコスモラリア貴族主義帝国の王子なのだ」とかって
巻き毛の兄ちゃんが出てきて、鉄仮面の親父との再会があったとしても、
あたしはそんなに驚かない。


そんで、刹那とルイスが「…沙慈を助けるまで」っつー条件で
共闘すンのね。苦笑

まあ、色々な人の怨念背負っても、ガンダム革命やる気なら
頑張ってくれ、刹那。


ここまで色々殺人してきたんだから、最後も徹底的に革命して
いって欲しいですね。
途中で中途半端に甘くなったら、もうガッカリしちゃうから。

でも革命を起こした人間は、最後は独裁者になるか、
処刑されるか、世捨て人になるかのどれかっつー歴史を
きちんと刹那が分かってるとは到底考えられないけど…。


来週はトレミー内部でのまたいざこざみたいですね。
この辺りは、昔のホワイトベースやアーガマの風景みたいで懐かしかったなあ。
それをきちんとやめさせられるセイラさんや
エマ中尉みたいなどっしりキャラがいないのが
00の特徴で、また駄目なとこなんだとは思うけど。


アレルヤはまたまたソーマに怒られてるみたいだし、
なんか刹那に銃向けてんのはライルかな。
つくづくディランドゥ一族を無意識に呪ってる体質。

そんでもって、ラジオのゲストは王留美。うーん、ここはアニューに
来て欲しかった!!たとえ留美が生きてたとしても、もう終わったキャラ。
ライルにいまだ影響を与えるアニューの白石さんのコメントをぜひ聞きたかった。


なんか…次週もこんな家族ドラマやって、本当に大丈夫なんでしょーか。
しかも、あれだけ青年たちが殴り合ってるのに、一切駄目ラギや
おやっさんが無関心ってのが、さすがソレスタル・ビーイング!!
誉めてません。笑

放送最終日の公開録音in富士急はやっぱゲストはマイスターかあ。
…ブシドーいないんなら…良いや…。苦笑

うーん、私はやっぱり00は色々と問題が有りすぎるガンダムだと
思うんだけど、でもまだ「種よりはマシ」って思ってる。
死人は取り合えず生き返らないし。笑

それに、00全体を否定しちゃうと、それは

グラハムとの素晴らしい出会いを
否定することになっちゃうから♪


カタギリもソーマもセルゲイさんも、そしてコーラとも。
心から愛してる彼らとの出会いだけで感謝してんですよ。

中村悠一氏を知ったのも00あってこそだし。これが無かったら
「大ふり」も観なかったもんなあ。苦笑
第一、ブログも絶対始めてなかったし、そしたらたくさんの人とも
語れなかった…。00なくして私の三十路なし。笑


ま、だから最後まで見守るしかもう進む道はないと、覚悟してますー。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2009-02-24 17:45

寝違えた~!!(泣)

e0057018_21404475.jpg

すみません…今日張り切ってライアニュを描く予定だったのに……
首を酷く寝違えて、今ほとんど右手が動かせない~!!(泣)

いや参りました、とにかく痛むんで動けないし、姿勢のせいで
なんか気分まで悪くなって。馬鹿に出来ないもんすね~(汗)

日曜は秋葉原でマクロスイベントがあったので、ポコ太さんと
武道館コンサート以来待ち合わせ♪3月にはまたミニフィギュアが
ガシャポンで発売されるらしいんで、絶対ランカをGETしなくちゃ!!(笑)
by doramamaker | 2009-02-23 21:40

ガンダム00第2期20話「アニュー・リターン」

うーん、本当はアニューとライルのカラーイラストを
きちんと仕上げてからレビュー上げたかったんですけど、
もう今夜は力尽きた感じなんで。こんなもん昼に描いたからだっつーの。

今回も恐縮ながら、トラバはこちら記事へ。
更新多少遅れますが
(どーしてもライル×アニューを綺麗に仕上げたいっ!!)

コメントは次記事へどーぞ。
e0057018_139654.jpg

「ユニオンの黒き貴公子」


…これかなり以前からずっと描きたかったんですよー♪
思いついたときは刹那とグラハムで戦わせてたんですが、
せっかくなので、名勝負「ロックオンVSグラハム」にしました。

やっぱりあのアザディスタンでのフラッグの活躍は外せない!!
そんでは、いよいよ残り5話で展開急速な「アニュー・リターン」レビューいきます。

e0057018_1455951.jpg

ライル、案の定生きてましたね♪いや、死ぬとは全然考えてませんでした。
彼が擬似粒子の副作用で苦しんでるなら、その経過を表現するのも
役割なんじゃないかと思ったし、何より声が東地宏樹ですから♪
それに、もしトレミー乗組員にテロリストとしての天罰が下るならば、
こんなラクな死に方はありえんでしょ。

e0057018_1485720.jpg

最っ高に…凛々しく美しいソーマ。

今回も、美味なシーンは彼女が独占。

まさにこれぞヒロイン、
まさに美貌の戦乙女、ここにあり。


最近は風格といい、父親と兄を巡っての悲劇的背景といい、
アルテイシア・ソム・ダイクンに近づきつつありますよ。
「ヒロインは、常に凛々しく強く、美しくなければならない」という
幾原邦彦監督の言葉を痛感します。
で、気になったのが「ソーマはCクラスの脳量子派の使い手」
でも「ネーナはレベル2」…
どう違うんだろ。

アフォな予報士とマイスターが全員閉じ込められた時はもう
爆笑。笑


なんであの人達っていつもいつもど素人なんでしょーか。
リヴァイブに手錠もしない、ガデッサを拘束もしない。ここは戦場、
しかも宇宙空間。かつてヴェーダに散々振り回された無様さを
すっかり忘れてますね、この人達。「2001年宇宙の旅」とか見ないのか。
e0057018_1541371.jpg

「女なんかに作るからだ。情に流されて…」

おいおい、そりゃセクハラ発言だぜ。訴訟でたっぷり
持ってかれるぞ。

つか貴様…沙慈の0ライザーをよくも…呪。

0ライザーのコクピットって、フル取替えできるんだ!!
MHのファティマシェルみたい。きちんとファティマが変わるごとに、
シェルの総入れ替えすんですよね。
規格の人工生命対とはいえ、指の細さとか、クセとかちよっと変わるから♪
……それにしてもイノベイターって、ティエリアを含んでなんでこうも
万年ブルーデイみたいな態度なんだろう。


早乙女アルトじゃあるまいし。笑


男のヒステリーは醜いだけだじぇい。
やっぱりリボンズの一部から作られたとして、不安定なのかなあ。
こんなんじゃ協力しあって人類を導いていくなんて、絶望的だよなあ。
e0057018_1581285.jpg

「覚悟はそんなもんか、ライル・ディランディ!!」

ああ、やっぱりライルって…アニューのこと本気で愛してたんだなあ。

ニールが完璧だった分、ライルの兄へのコンプレックスとか、カタロンの
スパイだとか、戦場で出会った女と関係を持っちゃうとか、私は
彼のこういう男くささってのが凄く好きなんですね。
「人間的だなあ」とつくづく感じる。

そしてこの作画は、今回作画協力していた千葉道徳さんのカラーが
非常によく出ていました。
千葉さんは、アレソママリーエピソードをたっぷり1話分担当なさいましたが、
もっともっとたくさん、彼の絵でキャラを動かして欲しい。

特に沙慈とソーマは千葉さんでもっと見たいですね。凄い勉強になります♪
e0057018_214083.jpg

こういう感じで、愛に苦悩する姿とか、他のキャラでは見られませんからね。
なんとゆーか、甘ちゃんなんだけど、その純粋さが、まだ少年の心を
捨てきれないっつーか。

いつまでもいつまでも素子を追い続けては、すげなく振られ、ずっとずっと
彼女を愛し思い続けるバトーみたい。
男の人ってのは多分、女性よりずっとロマンチストな面を持ち合わせているのかも。
e0057018_294343.jpg

「ライル…愛してるのよ…」


このアニューの矛盾した台詞が良い。
こういう女の怖い部分を露出させる女性キャラがいてこそ味が出ます。
留美の場合は誰も愛さず、信じず。アニューは愛する男が敵だったと。

ただ謎なんだけど、アニューって結局トレミーに乗った頃から
自分がイノベイターって自覚あったわけ???


私が思うに、リヴァイブとの接触で、封印していたイノベイターとしての
残忍さが一気に噴出した感じに見えましたけど。

このアニューとライルの余りの描写の
不足さが本当に勿体無いんだよなああ。泣


スパイとしての顔を持つ男と、謎の女。この組み合わせって凄く
面白いと思うんです。特にキャラにリアル感のないマイスターでは。
00って、感情移入したり、応援したい人物が本当に希少なんでねー。

くだらない新キャラや、何をしたいのかさっぱり分からないニートとか
完全に出すべきじゃなかった。力を入れるべきところこそに、全力で入魂すべき。
e0057018_216861.jpg

んで、これがアニューの…えーとガデッサで良いのかなー。
やっぱりパラス・アテネですねぇぇ♪私ガデッサのデザインって好きっす。
まあ、永野護ラインだからですけど。
e0057018_2192689.jpg

2本の大型ジェネレーター、「逆襲のシャア」でクエスが乗ってたα・アジールを
思い出します。かなりの出力みたいだし、間違いなく強襲用完全攻略型モビルスーツ。
e0057018_2195513.jpg

ううーむ、ずいぶん呆気なくやられちゃうのね…。滝汗
他の方のレビューでも感じましたけど、余りにもイノベイター弱すぎ。
これじゃ単なるやられキャラとメカじゃないですか。泣
e0057018_2444837.jpg


「決まってんだろ!!
もう一度お前を俺の女にする!!
嫌とは言わせねぇ!!」

e0057018_2362949.jpg

「ライル…」

e0057018_231689.jpg

「欲しいモンは奪う。たとえお前が
イノベイターだとしても」


やべぇぇぇじぇーい、三木兄貴ぃぃ!!!!ちょ、そんな台詞を
貴方の声で聞いたら、視聴者女子が全員妊娠してしまいます!!!!
e0057018_24550100.jpg

「アニュー…戻ってこいアニュー…」

「ライル…私…私は…」


ぎゃああああっ、今日はたまーるさんと携帯繋げながら観ていたんですけど、
もうここいらでは嫌な予感でバクバクですよ。
もうねぇ、ZとZZガンダム見てれば、こんなシチュエーションが
最悪な展開に続くってのは、すぐ分かりますって。
e0057018_2535460.jpg

プルツーだって、フォウだって、ロザミィも。愛する人の元へ手を伸ばしかけ、
そして無残に死んでいった。
e0057018_2391115.jpg

「愚かな人間だ」


「イノベイターは人類を導く者」

「そう、上位主であり、絶対者だ。
人間と対等に見られるのは
我慢ならないな。力の違いを―」

e0057018_2552057.jpg

「―の違いを見せつけてあげるよ」

e0057018_2575215.jpg

ここのライルの表情変化の細やかさも見事。千葉さんが描いているのが
よく分かりますね。悲壮感と絶望の競演が、たまらない。
e0057018_259590.jpg

「アニュー!!!!」

そんでもって、その絶妙な作画に完璧な三木眞一郎の演技が
絶妙なマリアージュを生み出してる。

…こんな光景を、私とガンダムで育った多くの子供達は、幾度と無く
観てきましたね…。アムロもカミーユも、ハサウェイも、
「理解しあえた」と心通わせた愛しい存在を、目前で奪われていきました。

e0057018_354727.jpg

そして、アニューごとマシンを貫く、光の刃。
e0057018_362792.jpg

大切な人が目の前で殺されていく瞬間、人間は何を思うんだろう。
ライルは、アニューがイノベイターではないかと分かっていて、
問題を放置していた。きっとどうにかなると考えていたんだろうけれど…。

ライルにしてみれば「俺はアニューと一緒に死んでも良かった」んだろうけど、
刹那からすりゃ「ガンダムおいてけ」って感じだろうしね。
e0057018_373648.jpg

失われていく命。たとえそれが人工生命体だとしても、
彼女には心があり、そして激しく強い愛があった。
同胞を裏切るまでの、どうしょうもない女性としての性が。
…ティエリアと同じく、「失敗作」と選別されるであろう、「天使」の堕天。
e0057018_383145.jpg

「ライル、私イノベイターで良かったと思ってる」

「何でだよ」

「そうじゃなかったら貴方に会えなかった。
この世界のどこかですれ違ったままになってた」

e0057018_3111261.jpg

「いいじゃねぇか、それで生きていられるんだから」


「あなたがいなきゃ生きてる張りがないわ」


ここのライルの台詞はいかにも彼らしい。「生きているだけで良い」
テロで両親と妹を失い、そして双子の兄を。こうして自分に言い聞かせ
ながら、彼は孤高に生きたきたんじゃないだろうか。
e0057018_3144566.jpg

「…ねえ…私達…分かりあえてたよね?」


この、アニューの顔のカット数が尋常じゃないです。
00って、なんでこんなにも製作に愛されてるキャラと、そうじゃない
キャラクターの差別が激しいんだろうか。

フォウも言って死んでったなあ「貴方と会えただけで幸せだったわ」って。
そしてやっぱり富野イズムを持ってくるか…。「分かり合える」というところを。
e0057018_316918.jpg

「ああ…もちろんだとも…」

e0057018_322184.jpg

「…良かった……」

e0057018_3294329.jpg

この演出も逸脱してました。死んでいくアニューの位置がゆっくりと
カメラから外れていく…。
そして爆発するガデッサ。無音の中で絶叫するライル。

えーと、今回つくづく感じたのは、いよいよ
00が本格的に富野イズムを扱うこと。


その危険性とリスクがどれだけ高いか、スタッフが理解してるか
どーか分からないですけどね…。

それから、ライルとアニューが永遠の別れを交わすシーンは、
特に高河ゆんのペン描写と、キャラデザイン色が強調されてました。
鼻筋とか、下膨れな顔型とか。アニューの髪型もとことん、いかにも。

結論として、私はライアニュの「イデオンシーン」は良かったと思います。
ただし、これはおそらく私が「イデオン」や「Zガンダム」で、既に
「本物の分かり合い」を幼少時からきちんと知っているからだと思いますね。
昔の感動の記憶を彷彿とさせられているんですよ。


富野監督が、ファーストガンダムでニュータイプ概念を扱えたのは、
計算されつくされた1年間の放送枠があってこそなんです。


作品中で「ニュータイプ」という単語が出たのも、ずっと後半ですし、
それまでのアムロやシャア、セイラの「尋常ではない感覚器官」が
ちゃんと戦闘シーンの中で表現されていたからこそ、
「めぐりあい宇宙」において、それが具現化したとき、全く違和感も覚えなかった。

しかし、00は余りにも1期と2期のスピード感、テーマがズレこんでいて
この「分かり合い」の裸も、ただ単に「ああ富野の真似ね」としか
受け止められない。
この緻密繊細な思想を取り扱うには、00はまだまだ成長が足らない。

では、その「ニュータイプ」を直接これから表現すべくキャラである
刹那はどうなのか。次はそこんとこ語りたいと思います。

つかマスラオ、次回いたよね!?


ああーっ、たまんねぇっさ。描きやすかった、しげの絵!!笑
やはりまだ体も頭も柔らかかった頃に必死で練習したものって
老いても覚えてるもんですね。

ちなみに、しげの秀一御大と、永野護は「秀兄」と呼ぶ間柄で、
永野護が「ハチロクが欲しいけど、なかなかもう見つからない」と
零したら、しげの先生が一台ぽんっとくれたそうです。


久し振りに「頭文字D」読みましたけど、「湾岸ミッドナイト」にしろ、
「スラムダンク」にしろ、一番大事なものは、製作者の、登場人物への愛情
なんだなあと再認識させられました。

井上雄彦御大も、ネーム切りながら「ああ…三井って…」と泣きながら
描いてるそうですよ、ファミレスで。笑

留美役の圭ちゃんがラジオのゲストだったんだけど、
「留美が紅龍の妹だった」って
脚本受取った紅龍役の方から「お嬢様ぁぁぁぁ!!!!」
ってメールが速攻来たそーな。笑
こういうキャストのさり気無い裏話とか、全然語ってくれないから
00はつまんないんだよなー。少しはテニプリを初め
ジャンプアニメの営業魂を見習ってくれよ。涙
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2009-02-22 23:35

刹那と沙慈を描きまくる!!

e0057018_13382686.jpg

この三日間、もしかしたら10年振り位かもつー位ラフ描きまくってます(笑)
「頭文字D」の時も、しげの絵と苦手な車描写を日々必死で
練習してたんですが…
一度で良いから千葉道徳さんの刹那と沙慈が観たい!!
大貫健一さん絵だとどうも私の下描きが「妖刀伝」ぽくなる~(笑)

一昨日、仕事帰りに、赤坂見附の地下を伝って永田町へ行き、
〔これがまた地獄のダンジョン…泣〕
有楽町線にのって東池袋で下車。池袋乙女ロードへ駆け込みました。笑

この数年、ある程度の売り上げをサークルさんが見込めるようになると、
ご自分で通販事務をされるのはとても大変なので、
同人誌取り扱い業者に委託するシステムが多用されてまして、
私も某ショップを目指して行ったんですが、そちらの池袋店が
最近無くなってたらしいんですね。

んで、せっかく来たし…というわけで、案の定まんだらけで
色々散策したんですが…ビックリしました。

「乙女ロードにあるのは萌と運命」

と、ナイスなコピーが存在しますが、この日は本当に強運だったというか。
数少ない刹那×沙慈でも、大変貴重な厚めオフセットの小説本を
偶然っっ、発見致しました♪


も、すっごい嬉しかったです。内容も期待を裏切られないものでしたし、
〔中古屋さんの泣きどころは中身が読めないこと…〕
通販の手間を一切省いて、その日に読破出来ましたからねぇ。

「ああ、こんな感じで刹那と沙慈を描けば良いんだ」
というボーダーラインのようなものも見えましたし、
自分の中のイメージも凄く広がりました。

他には、やっぱり在庫完売になっていて、再録本が地方主点
の委託書店にしか無いとか〔送料が本と同額…滝汗〕
困っていたザンツナ本、たっぷりしたスクツナの漫画本など。
んでもって帰りは、「これが最後のチャンスだなー」と
寄ったビッグカメラで…なんとボイスプチフィギュアのブシドー
が一度に二個手の中に……。


永久保存版と、たまーるさんにプレゼントする分が欲しかったので、
なんか信じられない気持ちで、堪能したんですけど、
…しかしやはり刹那だけは手に入らない…
きっと私の彼への愛情が足らないからだな。笑

しかし…その場合何故ティエリアが当たったのかも謎だけど。笑

先月は中野のブロードウェイで、こちらもたまたま、
ブレラのミニフィギュアをゲットしたんですけど、どーしても
ランカが見つからない。

いつまでもブレラが一人で、飾ってて可哀相なんですよ。
すっごい寂しそうなんだもん。笑

昔も、「封神演義」で少ないカップリングだった時も、まんだらけで
運命的に完売の同人誌とめぐり合えたので、やはり
諦めないで探すって、割と大切なんだなと再認識致しましたデス。

私はいわゆる「原作至上主義」なのでどーしても原作を
激しく逸脱するものを描けないんですね。
でも、冬にたっぷりたまーるさんにグラハム×二ールを
見せてもらって「楽しかったらそれで良いじゃん」とか思ったんですよ。

刹那と沙慈だったら、一期の頃からお隣さんだし、二期入ってから
男子寄宿舎学校状態だし、笑。
あの空白の四ヶ月に二人がどう絆を強めたのかも、すっごい
気になるんですよねぇぇぇ、ふふふふふふ。

おこぜさん、お陰様で例の雑誌、読みましたよ♪
刹那と沙慈が「ナイスコンビの誕生」と書かれていて、
グラハムとカタギリのとこには「やっぱり名コンビ」とあった。←あったり気!?(笑)


やっぱり私は、これで沙慈がナヨナヨちゃんだったり、
ルイスを愛してなかったりしたら、彼にこんなにハマらなかったです。

高い河の人とも、常に真逆の嗜好できたので、刹那受けにも
いけないとは最初から、設定を見た瞬間から分かっていたので…。

なんか多分、グラハムにしろソーマにしろ、沙慈にしろ、
彼女のデザイン執着が無いキャラだからこそ、こんなに
好きになれたんだと思ってるんで。


刹那より背が高いけど、華奢で温室育ちの沙慈、沙慈より
小さいのにずっと逞しくて男らしい、でも朴念仁。
沙慈にどうやって接すれば良いか分からず、アタフタする刹那。

ルイスを世界で一番愛して、彼女の為なら死ねる沙慈、
ガンダムを世界で一番愛して、ガンダムの為なら死ねる刹那。
でも、そんな二人がお互い友情か親愛か憎しみか、不透明な
運命で繋がって、刹那の神00に共に乗る…。
最後には別れが待っているとしても。そんな二人を描けたらと思います。

…でも、「気を許している唯一の相手だから、当たる」
って、沙慈の刹那への考察記事は、絶対その通り…。

刹那もなんとなくそれを察しているから、黙って見守ってるんだろうな。
「蒼い絆」刹沙プチオンリー
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by doramamaker | 2009-02-20 13:38

祝!!銀魂アニメ四年目突入!!!


祝!!銀魂アニメ四年目突入!!!

まあね…うっすら分かってたんだ…だってこんな人気作品
の放送これで終わらせるのって、勿体無いなあとか
それ以前に、銀魂アニメ無くなったら、もう今年後半
なんにも観るアニメ無くなるかも…とか結構やさぐれてたんで。苦笑


何はともあれ、四年目突入おめでたい♪
欲をいうならば、出来ればまたゴールデンの時間帯に
移行して、素晴らしいクオリティを他作品に見せ付けて
やって頂きたい。

なんかもう、人気投票今回、とっつぁん、栗子ちゃん、トシさん、神威
に出したんだけど、「アニメ終わったら、もう何も楽しみがなくなる…」
とかいちいち書いちまったい。笑

日登…女性に一番人気がトシさんと銀さんの組み合わせって
こないだからよく理解してんなあ……。滝汗

周囲では、私を含めて神威の日野聡声が大変好評♪
彼はこの頃「これぞ」というキャスティングに当たってきて
上り坂っすねー。
私はやっぱりサイが一番好きだったりすんですけど。

しかし、続くとなるとまたまた銀魂には大量の声優が出演する
こと間違いないわけで、やっぱり

杉田&中村、夢の銀魂競演


には期待してしまふ。来週は速水パパ再登場だし。楽しみぃぃ。
でもやっぱり私は短編面白話の方がずっとずっと好きだぁぁ♪
…もう杉田のキャラといえば「坂田銀時」というキャスティングを
凌ぐ存在が私の中でいなくなってしまったので、
〔中村悠一=ブシドーのように・笑〕もう銀魂アニメが、声優の
老齢まで半永久的に続いてくれないと…耳も困る…。苦笑

ちなみに久しぶりに声優インタビューとか雑誌で読んだら、
骸役の飯田くんが「ガンダムに乗れたら。もう本望」
と言ってた。やっぱり男の子はそうだよねぇぇ。

私もガンダムの子として、やっぱり「ガンダムを愛してる人」に
ガンダムキャラ出来れば演じて欲しいもんなああ。
その意味でも中村悠一は最適であった…。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by doramamaker | 2009-02-19 23:18

またまたジャンプ遅れて購入…。笑

水曜日になっても、やはり地元には一冊残ってました、ジャンプ。
いや…色々なサイトさん周回したら、もうザンザスとツナの
十年後の会話で凄い盛り上がってて…笑。

でもほんっと、この作品以外全然読むところは私は
ないんですよ…。銀魂は読むんだけど、正直最近は
アニメ見る前にネタばれを知りたくないもんで。

天野さん、本当にトーン張るのが艶っぽくなったなああ。
このザン様の目の周りのトーンって…グラデか…
ジャンプは紙質が悪いから、細かいところがよく分からん。汗

ザンザスも、十年間ツナとはどういう距離感で付き合って
いたのかなあ。
なんかこのツナへの態度を察する限り、彼なりに
「十代目沢田綱吉」に敬意を払っていると感じられるんだけど。

所々でツナは「十年後は凄い男になったんだ」と強調されてるんで、
ヴァリアーも絶対「十代目ボス」の支配下で、精神的にも
共闘してたと確信してるんだけど。


なんかラストの見開きが「長い間、ご愛読ありがとうございました」
みたいなノリでちょっと戸惑った。苦笑

またこれから長い長い次の戦いが始まるのかあ…はああ。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by doramamaker | 2009-02-18 23:35

清童と乙女が動かす「巨神」。

なんか、ヨレヨレの会見で世界に日本の恥を晒すおっさんの
映像ばかりで・笑…正直辟易した今日。東京は寒かった!!
他の地域もこんな感じなのかな。とにかく寒暖のギャップが
激しすぎて、花粉症と喘息が猛威を振るっております。
…今月も薬代に
「…おいおいサイコガンダム1/144買えるじゃんよ…涙」
を支払ってしまいました。

さて、今回火曜日が珍しく休みだったので、久し振りに
00レビューを色々じっくり読むことが出来たんですけど、
刹那と沙慈の関係で、「あ、これは…」と思ったポイントがあってですね。

まあこのブログでは何度も語ってるんですけど、00ライザーと
いう奇跡の力、大いなる巨神を動かすのには、
刹那・F・セイエイ(ソラン・イブラヒム)と、沙慈・クロスロード
という2人の青年の存在が不可欠なわけなんですが。


これって、どっかで観た関係に似てるなあ…と思ったのが。

ジブリアニメのクライマックス。


「天空の城ラピュタ」も「もののけ姫」も、ラストで大いなる力を沈静、
もしくは破壊するのに必要とされるのが、
少年と少女の願いの合体なんですよね。
あ、「ハウルの動く城」もそうかな…。あれは乙女のキスだったか。
「紅の豚」も乙女の接吻だ。笑
e0057018_22294972.jpg

刹那にとっての「絶対の神」である「ガンダム」…
1期ではただ「破壊する!!俺が破壊する!!」為だけに動いていたような感じで、
あんまメカとしてインパクトも無かったんですよね。

ところが2期に入り、トランザム・モードを作用させ、かつ沙慈の乗る
0ライザーと合体、2人が共闘することにより、00リングが発生。
広大な空域の人間、そしてイノベイター達に心理影響を及ぼす
強大なパワーを発揮するようになった。
e0057018_2233919.jpg

以前の記事でも書いたように、私は沙慈・クロスロードという青年は、
典型的「苦労話の成長ヒロイン」だとずっと思っています。

ハウス劇場の主人公というか。笑・スポ根少女マンガの主役というか。

裕福ではないけれど、両親のいない姉との静かで平和な生活。
結婚の約束をしている相愛の相手もいる。
だが、ある日引っ越してきた謎の隣人の登場と共に、彼の日常が変わっていく…。

姉が殺され、婚約者は重症を負って行方不明に。しかし主人公は
負けずに勉強し夢を叶えてコロニー建設者に。
しかし、そこでも戦いに巻き込まれ、偶然再会したのは、あの謎の隣人…。
古い知人で命の恩人だと思っていた青年は、実は婚約者を傷つけた
組織の一員。
最初は彼を憎悪するも、やがて不器用な相手の心根に気づき、また
大いなる力に不可欠な存在として求められ、
自らの新しい戦いに目覚めていく…。


これがヒロインで無くて何なのかと!!笑

多分、水島監督と黒田さんは、元々沙慈を正主役として設定したかった
と思うんですよ。

ただ、1期の頃に「平凡な幸せ」を描くべき存在だったんで、もっとこう、
戦争の泥沼や、異常な環境で戦士として育った刹那を配置しないと、
展開させにくかったと想像するんですよね。

1期の沙慈とルイスが余りにも目立たなかったというご意見もありますが、
しかしあの超絶喪失ラストへと導くのには、あの時間は必要だったはず。
そして絹江さんの悲劇もありますからね。

「唯一の家族である姉との生活と、彼女の殺害」
「家族になるはずだった少女の絶望」


これをじっくりと、綿密に描いていった水島さん&黒田さんにとって、
沙慈は実に入念に熟成された「悲劇主役」といったところでしょう。

e0057018_2311659.jpg

はい、一方「真の主役として配置されながらも、現在はすっかり沙慈のサポート」
の刹那ですが、非常に彼は動かしにくいキャラクターです。
とにかく徹底したガンダム狂信者でもって、最初は全く彼の考えが
分からなかった。今でも正直彼が最期に何を求めているのか、
全く不透明。

ただ、自分が崇拝するガンダムによって、間接的にでも傷ついた人達がいて、
偶然近しい関係を少しだけ持った「唯一の身近な一般人」の
被害や苦しみ、狂わされた運命を初めて知った。

ここの辺りは、「世界で一番自分が不幸」と思い込んで荒れていた
カミーユが、強化人間にされて苦悩するフォウを見て、「救いたい」と
愛し始める過程に非常によく似てますね。
「平凡」を知ったからこそ、自分達の過去を贖罪したい…という
全く正反対のシチュエーションですが。

e0057018_2362456.jpg

そういう「太陽」と「月」のような魔逆の2人が、人類の変革に
大いに関係する神の業に関与する、2人でなければ動かせない。

「ファイブスター物語」の騎士とファティマの婚姻の絆でも語りましたが、
この設定は、ガンダム00という作品の中では逸脱して面白いです。

刹那(清童)と沙慈(乙女)、それぞれがまだ未熟で、1人ずつでは未完成。
2人の「合体」でようやく一つの大きな力を発せられるようになる。

かつて破壊のみを欲っしていた刹那が「未来」「再生」「修復」を
その狭い視野にようやく入れられるようになったのは沙慈の存在ゆえ、
また、全てを奪われた沙慈が、再び愛する者を取り戻せるかもしれないのも、
元凶となった「ガンダム」のパイロットである刹那との再会…。

こちらは本当に皮肉な結果ですが。
e0057018_231275.jpg

沙慈と刹那が、果たして宇宙での激闘の果てに、希望を手に入れられるのか、
それはまだ分かりません。

現在の刹那は、ただひたすらに、沙慈とルイスを再会・修復させることが
未来だと信じ、それだけに没頭していますし、沙慈もルイスのことだけで
生きている状態です。
…しかし00ライザー1/100の解説書通り、やはり
「沙慈の存在は少なからず、マイスター達に影響を与える」って
のは本当でしたね。なんせソーマを止めたのはアレルヤじゃなくて
沙慈でしたから。笑


水島監督のインタビュー記事でも刹那は「沙慈に対してはすまないと思っている」
らしいんで、これから、彼ら2人が一緒に、どこまで覚悟を
形成出来るのか、00最大のテーマとして注目したいと期待します…。

「0」の2人が合体すると、00になる!!笑


映画になるんだったら、「W」みたく再編集じゃなくて、その後の
キャラクター達も描いてくれれば面白いなあ♪

そんでもって…えええーっ!!ど、どうしよう6月っ!

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2009-02-17 22:39

アタック!ギャグ漫画政治♪

Excite エキサイト : 社会ニュース

いやー、酒は飲んでも飲まれるな?笑

風邪薬とアルコールの混合って本当に怖いんだよ…。
普通に風邪薬の副作用もかなりの重さなのに、こういう
からっぽ頭の人にはその恐怖も分からんのだろうなあ。

とにかくヒラリー・クリントンが来日しているこの時に、
なんつー恥さらしか。全くアメリカに金ばっかせびられるこれからが
目に浮かぶようだ。

私は全くの下戸ですが、煙草も酒も、やっぱり良いことは
なさそうだなー。
でも、赤ワイングラスいっぱいくらい、飲めるようになりたい…。泣
by doramamaker | 2009-02-17 00:35

「変革」と「革新」と。

e0057018_20181297.jpg

侍改さんの所にお邪魔した時
「沙慈は既にセイラ・マスを超越した!!」

みたく書き込みさせて頂いたんですが
(セイラ、出撃…のアルテイシアを凌いでいたという話ですね。笑)
詳しくはこちら。

今週の沙慈は早乙女アルトレベル!!

「マクロスF」のラスト近く、ランカの実兄であったブレラと共闘する
アルトが、無数の敵に視覚確認でロックオンしていくんですけど、
彼には戦闘用サイボーグになったブレラのサポートもあったわけですね。

しかし、沙慈にはいくらフォロー用の赤ハロがいたとはいえ、
あの人って、全くモビルスーツ戦の訓練なんてしたことない
ど素人なんですよ!!!
あの乱戦の中で「ルイスを探せ!!」と刹那に指示され、
元ソーマ機だったアヘッドを、多々浮かび上がるディスプレイ
の中から、ダミー隕石に潜むマシンを見つけ出す……。

いくらなんでも、これはほんっとーに凄いことだと思います。笑

ご覧のように、0ライザーは00ガンダムの背後、かなり
遠方に有ります。しかもヘッド部分が細長く、安定性はかなり悪い。
刹那とは遠距離で背中合わせに座るんですけど、これで00ガンダムが
トランザムを発動した時は、滅茶苦茶なGと遠心力がモロに
かかるはずなんですよね…。実際持ってみてもかなり重い!!!
e0057018_2033058.jpg

イオリア・シュヘンベルグが本当に何をしたかったのか、
何を望んでいたのか…リボンズはもしかしたら知っている、
もしくは「僕はきちんと知っているんだ」と信じ込んでいる状態ですが、
トレミーの連中は彼の思想や理想については、ほとんど理解
していないように感じられます。
分かってたらヴェーダを餌にされるようなこともないしね…。

00ガンダムは、「脳量子派」という単語で、かつて富野ガンダム
で生み出された奇跡の要素「ニュータイプ」的アイテムを使用
し、このイオリア計画の発端を描いているようです。


e0057018_20253588.jpg

振り返ってみれば、アムロ・レイも本当に平凡な、コロニーに
住む多くの人間達の1人でした。内気で大人しい、ナイーブな少年。
そんな彼だけが何故「ニュータイプ」という進化形態を特殊に持ちえたのか。

キシリア・ザビなどは「ガンダムのパイロットだけが異常進化した」という表現を使っています。
となると、「異常進化」は、宇宙で長くコロニー建設に携わっていた
沙慈・クロスロードにも当てはまる確立が大きいわけで、
現在トランザムのマックスモードで、刹那と同じく、大量の元祖GN粒子
を長時間浴びている彼の身にも、何かが起こっているかもしれない…。
e0057018_20372681.jpg

刹那が、現在のところはリボンズの犬となっているアリー・サーシェスに
撃ち込まれた弾丸には、致死量の擬似GN粒子が含まれていた…。
しかし、かつて戦場でラッセがそれを体内に含まれた時とは違い、
刹那には死期がこない。もしくは大幅に延滞している。

これにはリボンズが非常に驚愕していましたね。

00ライザーだけが持つ特殊能力。

「人類の次なる案内役=イノベイター」リボンズさえ知らないアイテム。
もし刹那がこれで「死なない体」もしくは「不老のイノベイターボディ」
に限りなく近い肉体を入手したならば、イノベイターそのものの
存在価値が無くなってしまう…。リボンズの焦りも当然でしょう。
e0057018_20485465.jpg

「人々が互いの心の中を言葉なくして理解しあえれば、平和になる」
「長年、宇宙で代々子孫を紡いできたスペースノイド達の第7感の覚醒」


……富野由悠季が「機動戦士ガンダム」という作品で生み出した
この「ニュータイプ」という概念、まあ非常に便利なんですよね。
(聖闘士星矢のセブンセンシズ、リボーンの超直感とも共通すると、常々思ってますが・笑)
00では「脳量子派」ですけど、明らかにこれってニュータイプの
理念を持ってきたものですし。

ルイスが今迄戦意を燃え滾らせていたのに、それを沈められたのも、
この神秘的なパワーの影響力も、やはりあるでしょうね。
e0057018_2134156.jpg

ですが、「めぐりあい宇宙」の中で、シャア・アズナブルが言います。

「ニュータイプとしての覚醒が早すぎると、死にいく運命にある」

自身がニュータイプであるにも関わらず、こういう悲観的な視点で
「新人類」の未来を否定しなければならないシャアにも同情しますが、
「人間は、いまだニュータイプを戦争の道具としてしか使えない」
という一言は、ソーマやアレルヤのような超兵、そしてルイス
のように、薬物で体内の擬似GN粒子を抑制している人達を
観ると、確かに否定しきれません。
e0057018_2192055.jpg

「超兵一号」として、セルゲイ大佐の「娘・部下」として
プライドと尊厳を誇るソーマ。
アレルヤを「失敗作」と示唆するならば、彼女は最初で最後の
「完成された超兵」、つまりZガンダムでカミーユ達が生きる
時代には大量に製作されていた「強化人間」のさきがけ。
フォウやロザミア、プルの始祖というわけですよね…。


しかし、宇宙世紀になるまで、おそらくは西暦2307年から
それほど年月が経過しているとも考えられず
(ガンダムなどの兵器の進化の様子から)
超人機関は大佐のお陰で解体されても、おそらくは全データが
消去されきっているという確立は非常に低い。

もし、水島監督や黒田洋介氏が、本当に「宇宙世紀になる前の時代」
を描くつもりならば、
人革連が作り出したこの「超人計画」は、
後のララァが訓練を受けたフラナガン研究所、フォウのいた
ムラサメ研究所へと引き継がれ、アクシズでも、ハマーンや
グレミー、シャアに利用される強化人間誕生へと引き継がれる…。
なんとも、末恐ろしい話です。
e0057018_21174356.jpg

「兵器ではなく、破壊者でもなく、
 俺と、ガンダムは変わる!!」


「機動戦士ガンダム」というアニメーションで、富野監督が発信した
「人類の革新」というメッセージの、一部の担い手として00が
製作されたのなら、この刹那の台詞の通り、本当に
色々な意味で「ガンダム」というシリーズが「変革」していって欲しいところ。
(でもガンダムを兵器として扱ったところで、このシリーズが続いているんだけどね)
e0057018_21271953.jpg

ですがまあ…観ていても、やはり元祖ガンダムの「ニュータイプ」論を
的確に捉えている富野シリーズには、やはり当然遠く及ばないわけで…。笑

そこを気楽に考えてみれば、結局人間のいさかいや、和解、相互理解の
発端は「出会いと成長」にある、と00は言いたいんじゃないでしょーか。

実際、刹那と沙慈も全く本来ならば出会うこともない関係で、
また皮肉なことに、アレルヤとマリーは超人機関という、非道組織が
無ければ出会わなかった。

トレミーにスパイとして入り込んだライルと、イノベイターでありながら
「人間」として刷り込みされたアニューしかり。
e0057018_21361687.jpg

だけど「人間が…そんなに便利になれるわけ…ない…」
という、アルテイシア・ダイクンの嘆き通り、そんな加速的に進化は出来ない。
それを促進させられるのが、00世界ではこの脳量子派のように気がしてなりません。

イオリア・シュヘンベルグは、もしかしたら全部が
全部、自分で確信があったわけじゃなく、上手くすれば多分、自分の
理想の子孫が200年後現れて、このシステムを善行に使って
くれるんじゃないか…そういう実験的な賭けにも出ていたんじゃないか。

最近の00を見ていると、なんとなく感じるところです。

グラハム・エーカーの数少ない理解者、殺害されたレイフ・エイフマン教授も、
200年後とはいえ、既に人型兵器に擬似GN粒子を搭載する
アイデアを掴んでいた。
そして、その一番弟子である、ビリー・カタギリは、それを実践に持ち込んだ。

やはり、強大な力は武器として利用されるほか、道はないのか
という表現でもありますが、それを愛する人との和解、
誤解しあっていた人との理解に沙慈とルイスと刹那が
使いこなしてくれれば…おそらくそれがイオリアの壮大な計画の
一旦にはなるのではないでしょうか…。


それにしても、ソレスタル・ビーイングを創設したのがイオリアにも関わらず、
トレミー乗組員・及びあの大量の組織構成員が、イオリアの
真実を知らないってのがどうも不自然で仕方ありませんね。

留美もあの死に方からして全部掌握していたとは思えませんし、
リボンズもまた100%分かってはいない…。

残り6話で、本当に木星の秘密と、それからあのネーナの
青紫のハロの秘密まで本当に辿り着けるのかなあ…。汗汗
これで太陽路の真実とか一切スルーされちゃったら、
もう物語としてきちんと消化されないと思うんだけど…。苦笑
あの切ないまでに美しい、最近のエンディング観ていると
忘れかけちゃうよ!!

種もいよいよ映画化とか聞きますが、もう00以上のガンダムを
製作するのも、なんだか限界な気がするんですよね。
ずっと富野ガンダムのモチーフを引きずって製作し続けるわけ
にもいかないだろうし、
何より「ガンダムで育ったガンダム世代のスタッフ・声優」が
作ってる00で、むしろピリオドを打ってほしいという願望が
あるもんですから…。


「機動戦士ガンダム生誕30周年」を迎えて、そう考えるこの頃です。
(おお、やっとまとまった!!笑)
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2009-02-16 20:18