人気ブログランキング |

<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ガンダム00第2期9話「拭えぬ過去」

「…私は今、猛烈に急いでいる!!月曜は必ず休みを入れて
00のレビューを朝まで仕上げていたのに…シフトが入ったからだ!!
今日は放送中にたまーるさんとテレビを見ながら語り合い、萌えた!!」

「うんうん、頑張って急いでレビューしなきゃね。明日早いし」

e0057018_23111532.jpg
再会おめでとぉぉぉ!!!!

いや嬉しい♪もう何よりこの2人の再会がほんっとに!!
涙でてくるくらい嬉しかった…。だって…水島監督の言うとおり、
「もう本当にハムはどこにもいないんだ…。ガンダムとの戦いで
ただひたすらに、最高の死に場所を探すだけの阿修羅になってしまった…」

って思ってたからさあ……。涙

さて、じゃ最初からイキマス。かなり焦ってるんでいつも以上に
誤字脱字多いだろうけどご容赦。1時には寝ないと。
e0057018_23164685.jpg

「再生医療のツケを払え、テメーの命でな!!」


いや、ガンダムにいちいち「再生医療のつけ」支払わせてたら
もう完全に王財閥も没落するから。何万人分だから。
とーぜんルイスの左手もきちんと返済しなくちゃね♪

アリー、かっけぇぇぇ!!!!

やっぱ、初めて彼に萌えた。たまーるさんとも大興奮。
もうティエリアが早速打ち落とされて落ちていくところで、私超激大爆笑。

「…アリー…すげぇ…」

「…ちょ、もうティエリアがおらんのやけど、まさか落とされてん!?」

「もういないよ!!(爆笑)」

「…いくらなんでも早すぎやろ!?」


…ガンダム乗りってのは全く…マシンに頼りっぱで全く腕磨いてない。笑

…だって2対1だぜ!?ありえねーよこんな凄いパイロット!!
ガンダム相変わらず卑怯だから、最後は4対1になって退散したけど。
ったく、一度でも「干渉手助け一切無用」とか言ってみろよ。笑

…こういうちょっとしたカッコ悪さの露呈でマイスターの品格がどんどん
落ちていくんだよなあ。どーみたって孤軍奮闘してるアリーのが素敵。
アリーほんっとに強い。強過ぎる。

アリーとグラハム、どっちが強いんだろ…。


2人とも全く違う「強さ」「テクニック」そして「尋常離れした感覚」を
持っているし、この2人の勝負はマイスターなんぞお話にもならんだろーな…。
大体アルケーガンダムって…脳量子派必要なマシンじゃないのかいな。
ファングって一応ファンネルみたいなもんでしょ。…凄いよアリー♪
e0057018_2327921.jpg

Aパートはとにかく、アリー・アラ・サーシェスの大活躍&藤原啓司の
名演技で支配されてました。
e0057018_23285683.jpg

「…アリー…楽しそう……♪」

「…そやね…この人にはたまらん展開やね」


他にもティエリアの迷いとかダーク化しそうだし、
すっごいドライで、それがまた格好良いライル・ディランディの
処世術・人生観というのも見応え充分だったんですけどね。
e0057018_23303369.jpg

「世界の変革より私怨か。兄さんらしいと思ってな」
「尊敬してんだよ。家族が死んだのは10年以上も前の事だ。
俺にはそこまで思いつめる事はできねぇ」

「大事なのは過去じゃなくて未来だろ?」

e0057018_23341263.jpg

このライルの、現実を非常に冷静にみた意見へ、「敵討ち」という
私怨で凝り固まったティエリアは、さすがに「ぐう」の音も出ず、だんまり。
冷めたライルを炊きつけようとしたのか、刹那の過去の告白にも
ライルは全く動じず。

"己の正義に準じて生きる、だがそれが本当の
未来に繋がるのか?
イノベイターと敵対することが
本当の未来に…"


ここは凄く良いドラマ運びでしたね。1期の頃は、常に口うるさく
「守秘義務」「ヴェーダ」とヒステリックになっていたティエリアが、
良い意味でも悪い意味でもマイスター達の緊張感を保っていた。
しかし「ロックオンの敵討ち」に盲目的になってしまったティエリアに
「ニールの弟である、同じ顔と声を持つライル」からこの言葉を
聞いたのでは、かなりショッキング。ここからティエリアの迷走が始まるか。

ライルのこういうスタイルは、やはり「反政府組織カタロン」の
構成員らしい、組織できちんと哲学を貫いている「男」の言葉にも
聞こえました。多分、クラウスがこういう思想の持ち主なんでしょうね。
私はやっぱりライルが好きですなー。一匹狼っほくてカッコいいし、
今のソレビーに対して、内部からアンチテーゼをぶつけられる人って彼くらいだもんね。


はい、ほんでもって本日のメイン・イベントのBパート突入っ!!!!

ルイスが飛行機から、飛んでいくブシドーアヘッドを見て
「…ミスターブシドー…」って呟く演出も良いよね。
ああ、ここから何かが始まるんだって、思わせてくれる。

もうね、あの懐かしいユニオン風の基地を見た瞬間から
ドキドキしてた!!
あの基地の姿は、私にとってグラハムとカタギリ、
プロフェッサー、そしてダリルとハワードの永遠の場所だから。
e0057018_23245951.jpg

「やはり、新型の開発をしていたか」

「グラハ…いや、今はミスター・ブシドーだったね」

「勝手にそう呼ばれる。迷惑千万だ」

「気に入ってるのかと思ってたよ」


私も気に入ってるかと思ってたよ…。笑・嫌だったんだね…。
e0057018_0111191.jpg

「今日はどうしたんだい?」

e0057018_0135616.jpg

「貴官の開発主任就任の祝いに」


e0057018_0142573.jpg

「それはそれは…」

ああっ、ここの会話、凄く大好きだ。もう
「2人はどんなに遠く離れてても親友なんだなー、相棒なんだなー」って思った。

どんくらいぶりに会ったんだろってたまーるさんとも話したんだけど、
きっと彼らは全然顔合わせてなくったって、「やあ」「ああ」で
いつでもオッケーなんだよね♪
「グラハムの隣には必ず、カタギリがいます。2人で1人ですから」
という水島監督の言葉通り。
e0057018_024436.jpg

「この機体を私色に染め上げて欲しい」

一瞬「ぶっ」と笑ってしまいましたが、おおかっけぇーっつ!!まるで
「ファイブスターストーリーズ」の星団3大モーターヘッド、
「黒騎士・バッシュ・ザ・ブラックナイト」ではないですかああーっ♪


そういやフラッグ・カスタム最初に見た瞬間も、私そんなこと言ってたな。笑

「最速のスピードと、最強の剣を所望する」

そうなの。ゲームでも立証されてるけど、剣で接近戦やるなら、とにかく
スピードとパワーが命。ビーム砲を利用して距離を取るわけにいかないから、
とにかく敵さんの背後に回って、どんどん切り倒していくしかない。
e0057018_0272021.jpg

「合点承知!!♪」


カタギリといい、2300年代のアラフォー笑ってのは、
もしかして「日本言葉ルネッサンス」教育でも受けてるんすかね。
でもって、ここの笑顔のカタギリ、大好きです♪
最近暗い表情ばかりでしたからね…。ホッとしました。
やっぱりこの2人は一緒じゃないと駄目なんですね。
お互いの長所も短所も理解しきって、
その上で「心友」でいる。素晴らしい関係だと思います。
おそらく00で最高峰に位置する人間関係でしょう。

特別依存するわけでなく、かと言って離れず、相手が何を考えているか
阿吽の呼吸で分かり合う。
1期のファースト・シーンを思い出しました……。
e0057018_031451.jpg

「…その代わり、CBを壊滅させて欲しいんだ」

e0057018_032635.jpg

「!!…無論だ。その為に私は生きている」


…ここも実に2人らしいなあと思いました。グラハムは、カタギリが何故突然
そんな発言をしたのか、深く聞かないんですよね。
驚きながらも、聞かない。大人の友情だなあホントに。
e0057018_0363713.jpg

「あれっ、君の部隊の出撃時間じゃないのかい」

「艦隊戦など…」

「相変わらず先読みが見事だなあ」

「心眼を鍛えている」

e0057018_040089.jpg

…ほぼ1年振りの見事なパートナーシップ、ありがとう2人とも♪心癒されたよ。
今週は吹っ飛ばされ行くコーラと、ここの変わらない
相棒同士のやり取りだけで、私はもう充分幸せです。

はあ…明日からまた、私も戦っていこう…。苦笑

元々今日は、ブシドーの絵を早めに描いてたんですけど、
もう我慢出来なくて、2ショットのイラストを描きなおしました♪
やっぱり相変わらずビリーは痩せてて、ひょろぉっと宮野真守体形、
そんでもって並ぶとグラハムの小柄さがよく分かりますね♪

今夜、ミスターブシドーと呼ばれる男は、グラハム・エーカーに一瞬戻りました。
心許せる友達との交流は本当に人生の宝物です。
アップになったグリーン・アイズも昔と変わらず美しかった。
必ず、仮面が割れるその時まで、私は待つさ。

なんていうか、10年後の刹那と沙慈が
こんな関係になってたりね。笑

e0057018_0451740.jpg

「またかよぉぉーっ!!」

ガンダムと7戦して生還している「不死身の男」、はあ癒される♪
彼とカティ大佐のところへ来たイノベイターが、大佐を挟んで
衝突するよーな気がするよ♪
e0057018_0525256.jpg

あと、気になったポイントをちょこっと。凄いですね新型・イノベイター専用機かな。
これってメガバズーカランチャー並みの威力じゃないですか。
ここで「当たれ当たれー♪」と喜んでたのは、私が完全にアロウズ派だから♪

今回は終盤、女の戦いって感じで、スメラギVSカティの頭脳戦。
しかもわざわざメッセージを送る大佐。
まるでラインハルト・フォン・ローエングラム公のよーだぁぁ!!

そういやトレミーって、ガンダムのエネルギー使って大気圏突入するんだった。
忘れてたわ。やっぱり単独で惑星を行き来可能なバルキリーの方が
全然性能が上なのね…。
e0057018_056952.jpg

そんでもってここもポイント。

「えっっ、ルイスに会った?」

「…連絡してないのか」


ここって普通に男の子同士の友達の会話だったよねー。
「お前、ちゃんとフォローして無いのか」みたいな。笑
…しかしせっちゃん、間接的にも君らの責任だから、この2人の別離。

e0057018_0583012.jpg

「いやぁぁーっ!!」


と思わずたまーるさんと叫んだジェジェン中佐の早すぎる戦死…。
ああもーちょっと活躍して欲しかったなあああ。大人の軍人タイプで
好きだったのにぃぃ。
e0057018_162494.jpg

さあさあ!!来週もまた息つく暇はござんせんぜ!!

予報士達の過去と、0ライザー!!


……カタギリ・スメラギ・カティのトリオが、加持・葛城・赤木に見事
重なって見えた…。恐るべしエヴァ世代の自分。笑


あ、あのねぇクジョウさんね、何誤解してっか知らんが、
テロリストやってる以上、その過去から絶対逃げられないから。
つーか大勢の人間巻き込んで、自分は過去からトンずらする気満々。さすがです♪

ソレビーの制服着た、なんかイノベイターっぽいキャラが登場
みたいだけど、最初のパイロットはこの人でいくんかな。
突然沙慈ってのも無理だもんねぇ。
…でもって…早速アレルヤは嫁さん弱らせてるよ…。
今回も沙慈とマリーは、戦闘に顔曇らせていたモンね。
きっとアレルヤ・マリー新婚夫婦にトラブルが発生するんでしょうな。
明らかにティエリアも風呂場で悩んでるし。

なんか…もう刹那とブシドー新型がぶつかるのか、もしかして。
いや早いよな…いくらなんでも。
しかしイノベイターも置鮎が控えてるし、戦闘用の女の子もいるし、
ネーナも出るみたいだし、どんどんノルマ片付けていかないと
間に合わないのかもね…。
取り合えず、現在のテンションを保持してやってってほしいです、ガンダム00!!!
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2008-11-30 23:15

「絶対可憐チルドレン」面白かった♪

昨日久し振りに聞いたアニスパで、
「絶対可憐チルドレン」からゲストで、

中村悠一&遊佐浩二が!!

いや、ボーイズラブでもこの2人のトークってまだ聞いた事
無かったんで、凄く面白かった。
そんで、録画溜めして放置してあった、第3クールに入ってからの
数話観て見たんですけど、パワフルで、1人1人のキャラに
製作者の愛情がいっぱい込められてて、本当に楽しい作品でしたね。

はははは、やっぱり中村悠一の「うんちが食べたい…」は
もう伝説的台詞になるだろうなあ。


原作者の椎名先生自体がアニメと凄く連動しようって
気力満々みたいで、ラジオに個人的にサイン色紙プレゼント
したりとか、まるで「テニスの王子様」の許斐剛レベルに
アニメときちんとコミュニケーション取ってるんですよね。

やっぱりアニプリや銀魂見てても感じますけど、
「面白い」「楽しい」と感じさせられるには、こういう原作サイドと
アニメ製作と、そして声優の一致団結が不可欠だと思います。


00に足らないのが、こうゆう部分で、まあ音楽業界との
タイアップが強過ぎて、せっかくのキャラソングがOP&EDに
使用されないってのがほんっとに勿体無い!!!


主役側の中村悠一勢力、それに敵対する遊佐浩二勢力、
どちらも「悪」ではないというのも、椎名作品らしいなーと。
まあ第三勢力出てくるみたいですけどね。
これって一気に4クール放送なのかな。凄いねぇ。

中村悠一・遊佐浩二・平野綾・小杉十郎太・羽田野渉・釘宮理恵・谷山紀章
の豪華競演だけでも壮絶だってのに…。
「エスパー」って単語自体に既に古さを感じてしまうのが、
最近のアニメ感覚なんだろーなあ。
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2008-11-30 15:25

ガンダム00第2期8話追加とネタバレ。

秋の連休も終わりですね。毎日少しずつ本格的な冬に向かってます。
12/5までバイトのシフトがみっちりなので、もう00以外のレビューは
ほとんど上げられないと思います。
せめて銀魂だけはなんとかしたかったんですけど、無理そうだなあ…。

さて、ここから「ガンダム00」2期のこれからのネタバレが少し
含まれる表現が有りますので、ご了承下さい。

今夜、今のうちに書かないと、もう今週の更新は絶望的なもんで…。

…「イオリアの計画」が今回エピソードで発表されたんですけど、
一番気になったのが「外宇宙との対話」な第3段階なんですよね。
まっさかガンダムでいよいよ宇宙人との戦いかー!??
…監督が実際やろうとしたら、止められたそうですね…あははは。汗
まあでも宇宙人の出てくるガンダムも面白いと思うけど♪
e0057018_1946374.jpg

ガンダム・フロンティアか!!?

って思いましたけど…やっぱり違うんじゃないかなーと。笑

1期で、もう何十年も前に、木星であの紫色のハロが発見されてますよね。
多分なんですけど、もうあの頃、木星では既にある程度
人々が文化を確立してたんじゃないかなーなんて。

ほら、宇宙世紀でも、シロッコが「木星帰りの男」として注目されてたでしょ。
やっぱりあの星には特別な何かが存在するんじゃないかと思うんですよ。
重力が大きいから、ニュータイプに覚醒しやすいって事情もありますしね。
e0057018_18564976.jpg

はい、これが既にコマーシャルでも放送されてる
0ライザーでございますが、刹那のパートナーとしてもう
一緒に戦うのが誰か、皆さんには予想が立ってることでしょう。
e0057018_1925054.jpg

しかし、彼がこういう形で戦闘に加入するということに、私は激しい抵抗感を感じます。
だって「非武装一般人」がこの物語に誰もいなくなっちゃうじゃないですか。


…そして、もう一つ衝撃的なネタを聞いて、今思わず
たまーるさんにメールしてしまった。

…もう一台のアシスト・マシンがアレルヤのアリオス専用機
…これって…まさか…。
e0057018_1901533.gif

ええーっ、だってお父さんに「戦いに巻き込まない」って条件で
お嫁にもらったんでしょおおー。


しかしですね…実質問題、これからガンダム・マイスター達は
強力な脳量子派を持つイノベイターや、またルイスとも
戦わなくてはならなくなります。


その時に、唯一対抗できるのがマリー・ソーマなわけで、
ティエリアの封印が解け、イノベイターレベルのニュータイプ
になったとしても、やはりもう1人能力者が不可欠なんですよね……。

なんかなあ…ゲームしててつくづく感じたんだけど、むしろ
遠距離戦専用のケルビムにこそ支援機がいると思うんだけど…。
アリオスなんて、機動性あるし、何より変形できるわけだからさ、
オプションどーやって付加させるんだろー。

「ガンダム・マイスターズ」ようやくコンプリートして、グラハム・フラッグでも
ブシドー・アヘッドでも戦えるよーになりまして、色々分かりました。

フラッグは軽くて機動性高くて、それでいて扱いやすい本当に素晴らしい
機体です。
ちょっと腕をあげれば、グラハムならスローネ3機を相手にしても、
アレルヤ&ハレルヤ2人を相手にしても、ほとんどひけを取りません!!


ゲーム中でも、アレルヤが思わず「ガンダム2機を相手に…!!?」
と驚愕するほどですからね。

対して、ブシドー・アヘッドですが、こちらにはほとんどビーム兵器
が搭載されてません。あくまで刀で戦うという徹底ぷりです。
当然接近戦を余儀なくされますので、強力なビームを持つスローネや
サーシェスのモビルアーマー相手には囲まれると不利です。

ただし、物凄いパワフルなブーストを搭載しておりますので、
あっと言う間に、敵の背後に回ることが可能です。
この俊敏さは脅威ですよー。ただ遠距離攻撃がね、出来ないから…。
カタギリには、このへんのウィーク・ポイントを改善した
最新型をぜひ作って頂きたいですね♪

ちなみに一番近距離戦で不利なのは当然ヴァーチェです。
しかし重装甲なだけに、攻撃にはかなり強い。
e0057018_19261585.jpg

ゲームでの「ロッテリア」っぷりは凄いです。
もうこれって、きちんとテレビ放送したほーが良いんじゃね、って
くらいティエリアの世話をニール兄貴がしてます。
デュナメスとナドレが協力して、ライフルを撃つってエピソードがあるんすよ。

私、カップリングとしては、この2人はいかにも「ティエリアは女性的な受け」
って印象があって抵抗が拭えないんですけど、
公式できちんとこういうドラマがあるなら、良いと思います。
ティエさんの新型ガンダムも、背面の顔の謎が有るために、
プラモデルの発売は最後になるはず、と神谷ひろしーが言うておりましたな。


これからイノベイターが乗る新型がガンガン出てくるはずなので、
今の00ガンダムではとても対応不可能になるのでしょう。
…私は、おそらく00ガンダムを撃墜するのは、ブシドーの
最新型と思ってますが。
そこへオーライザーの登場かなーと。


刹那の本当にもの凄い危機にならなければ、沙慈が
飛び出していくという展開にはならんでしょう。
ああ…とうとう彼も「人殺しの手伝い」の仲間入りか…。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2008-11-24 19:15

ガンダム00第2期8話「無垢なる歪み」

…ちょっとこれからまた追記しますね。次の記事で。かなりシリアスに。
ついに…ついにアイツが帰って来やがったじぇぇーい!!
e0057018_0433514.jpg

「大佐ぁぁ!!来ちゃいましたぁぁ!!
抱きしめてキッスして下さいぃぃ、
宇宙の果てまでっ♪」

e0057018_0454597.jpg

ここのBGMは「星間飛行」でヨロシクぅぅ!!

e0057018_0481723.jpg

もう…まんま、この「ファステスト・デリバリー」状態だったパット!!

「…今週はさ…ティエリア子さんメインだろうから、話は重要なんだろうけど、
キャラ熱は一切無いだろうとか思ってたんだよねぇぇ」

「いやぁぁ…ついに来てしまいましたな、この男が」

「やっぱ彼がいないともう絶対00は駄目だ。癒しだよ、最大の癒し」

e0057018_0564846.jpg

「人呼んで不死身のコーラサワーです♪」

ここで、サラリとコーラの前髪が目に落ちかかってくる演出は、さすが大貫
さんだなと感心しました。ドキッとしちゃいましたよ♪

e0057018_11582.jpg

「それはあてこすりだ…!!」

「そうなんですかぁ、人気者は辛いなあ♪」


うん、もう本当にそのまま真っ直ぐなおバカ年下ワンコでいてくれ♪
今更だけど、一度キチンと言わせてくれな、パトリック。

……心から愛してるよ。


私にはもう死んでしまったグラハム・エーカーという最愛の「漢」が永遠に
心の中に住み続けるが、君は私の生きる支えだ。ありがとう♪
e0057018_164717.jpg

そんでもって、カティ大佐をこれからもずっと守ってやっておくれな。
こんな微笑みを彼女にさせられるのは君だけなのだから…。
e0057018_121912.jpg

「絶望したぁ!!自分の正体を他人に
指摘された自分に絶望したぁぁ!!」

今回は2人の「同類」に耳に囁かれたティエさん。笑
…そのうち朴さんもソレステラジオに来てくれるかな。まもとの
ラジオでリジェネVS刹那やってくれたら凄い嬉しい♪
e0057018_1245310.jpg

「自分の信じる道を、我武者羅に
行くしかねぇじゃねぇか」

悩めるティエリアの前に現れるニール・ロックオンの亡霊。
しかし、私はこの幻影は、ティエリアの願望がみせたものだと
感じてます。確かにニールはティエリアにこの通り伝えたのかもしれない。
ですが、今のマイスター達の依存っぷり、中途半端さに、せっかくの感動が
半減してしまうのです。

e0057018_1273741.jpg

「…超兵だったマリーをフェルトが責める
場面…かなーり頭にきたんですけど・怒」

「(CBの)お前が言うなあ!って感じよねー」

「なんつーかもうさ、フェルトやミレイナに対して大人達がしっかり
指導してないんだよね。自分達がいかに罪深い事をしているのかって」

…まあ、なんせトップが飲んだ暮れですからね…。
しかし…依存しなくては生きていけないソレスタル・ビーイング。
刹那はガンダム、アレルヤはマリー、ティエリアはニール。
e0057018_1364673.jpg

「僕達は…家族なんだから…」

うがーっ、駄目だ、どーしても既にアレルヤが「パパ」に見えてしまうっ。
マリーは既に最強の超兵を身ごもっているに違いない!!(笑)
いや、良いのよ家族だってさ。微笑ましいと思うよ?でもね、貴方たちが
ほんっとーに余計なお世話してくれたお陰でこういう↓女の子もいるんだよね。

辛い思いして苦しい泥沼生き残ってあがいてる、復讐の鬼になってる人達がさ。
e0057018_1465390.jpg

…ソーマの残したカスタマイズ・アヘッドを譲り受けるルイス。
やはりリント少佐の彼女への計らいは、ハレヴィ家の出資が関係しているのかも。
しかし…これって脳量子派を持つパイロットじゃないと駄目なんじゃないのかな。
…ということは、やはりルイスは強化人間……。
e0057018_1571065.jpg

「沙慈、寂しいの?寂しいの?]

e0057018_2115269.jpg

「うん…少し…そうかな…」


今回、男性キャラで最高に綺麗だったのが、悲哀の微笑の沙慈だったので、
思わず掲載。ちなみに女性でトップに美しかったのは、小笠原祥子様こと
ティエリア子さんです。
e0057018_2144091.jpg

いやあ、さすがに801作家がデザインしている受けキャラは、
通常の女性キャラよりもずっとビジュアルが良いですね。←棒読み。笑

e0057018_215468.jpg

上の紫の髪の美女と、こっちのオバサンを比較して下さいよ。
明らかに前者のが輝いてるじゃないですか。

嗚呼、残念っ、たくさんの人同意だと思うがこれでヒロc声で
「ごきげんよう♪」と言って下さったら…最高だったのにぃぃぃ。
あ、ちなみに高い河の人は「ボーイズラブ作家」ではなく、やおい作家です。
ご本人が「源氏」(…完結させて下さい…怒)で「やおいもあります」
ちゅーてた以上、BLじゃなくてあくまで801作家です♪
ボーイズラブのプロの方は「やおい」って単語絶対使わないんで。
e0057018_219838.jpg

おいおいおい、気持ちは理解出来るが、一体どこを凝視してるんだ息子よ。

…はあ…しかしせっかくのパーティシーンなのに、どのコスチュームも
ダサいなあ…。勿体無い。マクロスの時代あんなにシェリルやランカが
ファッショナブルなのに、なんで2300年代で後退してやがるんだ…。涙
e0057018_222180.jpg

なんと!!彼も今回登場ですよ!!


これには本当に驚かされました…。そうそう、最高上級クラスの
御曹司なわけですからね…。私はやっぱりポニテも良いと思います。
2期に入ったらバッサリ…という案もあったらしいですが、ロン毛じゃない
ビリーなんて、やっぱりビリーじゃないよね。苦笑
e0057018_2275241.jpg

「新型MSの開発があるから…」

そう言ってパーティを途中で抜けるカタギリ。
おおお…これはっ…これは大期待でござんすよ、皆様!!!
でもやっぱりカタギリは優しい人だなーと思ったよ。
あそこでルイスにちゃんと助けの手を差し伸べたものね…。
私はやっぱりユニオン・メンバーが大好きだ。

e0057018_2305267.jpg

「謀略は踊る」…演出が上手いっ。


ティエリア子さんとタイツ・リボンズ氏のダンスの中で、まるで
錯乱されるように巡り合ってしまう刹那・ルイス・アンドレイ…。
e0057018_23311.jpg

「…彼は元気?昔…貴方の隣の
家に住んでた…」


ここの台詞が胸えぐるくらい重かったですね。ルイスは沙慈との
ことを「彼」「昔」にしてしまっているんだと。そうでもしなければ、
復讐の鬼として生きていけないほどに自分を追い詰めている気がして。
e0057018_3342276.jpg

「…彼は…まだ君のことを…」

とても現在の真実の沙慈の状態を言えるわけもなく、ましてや
ルイスの腕に残る無残なツギハギを前にして「すまない」としか
遠まわしに謝罪するしか出来ない刹那。「良いのよ」と返すルイスの、まだ何も知らない
言葉がまた悲し過ぎる。ああ、沙慈が夢を死ぬ気で叶えたのは、
貴方に会う為だったんだよルイス…。
e0057018_2513071.jpg

元々、私はリボンズがビジュアル的にも好きなので、
今回の大貫リボンズは、お気に入りのカットが多かったです♪

…どうもリボンズはイノベイター全ての動きを把握はしてるよーなんですけど、
それでもリジェネ辺りの下克上が有る確率が高い気がしてならない。
e0057018_2535997.jpg

「僕は自分の信じる道を行く!!例え愚かと
笑われようとも、我武者羅なまでに!!」


…まさに、幻影で見たロックオンの言葉をそのまま返すティエリア。
もしかしたら、イオリアの望む真の「イノベイター」とは、リジェネらに
「出来損ない」「失敗作」扱いされている、ティエリアなのではないだろうか。

人間と共に悲しみ、傷つき、時に迷い、そして心から笑える人工生命体。
言ってしまえば、ティエリアは「マインド・コントロールを外されたファティマ」
アトロポス、ラキシス、クローソー。
e0057018_2595413.jpg

だが、現実の世界はガンダム・マイスター達の甘っちょろい理想論など
あざ笑うかのように残酷に進行していく……。
突然苦しみだすルイス。この彼女の痛みこそが、ガンダムが
普通の生活を幸せに過ごしていた人々に与えた「傷跡」なのだ。
絶対に消せない罪…。
e0057018_321589.jpg

「…ソレスタル・ビーイング!!」

あははははは、もう笑うしかなーい。駄目ラギを迎えに行った時の
愚考な自業自得が、因果応報で刹那に返ってくる。
e0057018_354618.jpg

もう少し語れていれば、沙慈の気持ちをルイスに伝え、かつ
彼女の容態を見ることも出来たのに…。

「…ああもう…ホント何やってんだこの人は…」

「こういうコトがあるから守秘義務をきちんと…」

e0057018_362712.jpg

スーツ超かっちょいいんで思わずリジェネ。
…第3のイオリアの計画が本当に宇宙への、人類移動とするならば、
やはりこのまま、世界は宇宙世紀0080年代へ突き進むのか。
ニュータイプとしての人類の革新が始まるのだろうか。

e0057018_385821.jpg

「見つけたぞ…世界の歪みを…」

リボンズら、イノベイターらを「世界の敵」として認知するティエリア。
だが違う。彼らガンダム・マイスター自身とて立派に「世界の歪み」なのだ。
刹那がグラハムを「ブシドー」という「鬼」に代え、スメラギがカタギリを
復讐に走らせ、ソレスタル・ビーイング、またはガンダムがルイスの
人生、沙慈の未来を滅茶苦茶に壊した。


…絶対にマイスター達も、トレミー乗員も
命を持って全てを償わなければ
ならないのである…。
到底償える大きさではないが。

e0057018_3232830.jpg

「しんのすけ!!父ちゃんは頑張ってるぞ!!」

そんでもってまたまた、
Cパートにてこのお方参上。

果たして刹那以上に、今やサーシェスを憎悪するティエリアとのコンビ、
「ブシドー」と同列にマイスターを完全に実力で上回る
「戦闘狂」に太刀打ち出来るのか。


ちなみに現在の「ミスター・ブシドー」は、

「侍とは死ぬことと見つけたり」


である。「戦闘狂」ではなく、「最高の死に場所を求める浪人」。
……そして、おやっさん・イアンもまた、00ガンダムを最強にすべく、
宇宙へ上がる…。
沙慈の運命が大きく変わるその瞬間も近い。


はあ…今週も30秒とて無駄にしない濃縮された内容だったなあ…。
どんどんスペックを上げていく周囲に追いついていけるのか、コーラサワー。
正規軍でない故に、個人的感情で右往左往するソレスタル・ビーイング、
稚拙極まりない彼らを利用し翻弄する留美とリボンズ、リジェネ。

次回の待ち受け予告は…。

「無論、私はその為だけに生きている」

これはっ…「2人の再会」を希望しても良いのかぁぁ!??

あ、ただの「貧乏」になった地味ナンバー1の人は、「ホームレス王女」という
本を出したら結構売れるかもしれません。
いよいよカツ・レツ・キッカにまで食べ物を恵んでもらう生活に…。
もう何も期待しないんで、大人しくシーリンに養ってもらって
お願いですからカタロンでテレビ観て、生きて、そして朽ちていって下さい。
頼むからなんにも余計なコトしないでね!!!!!


あ、ソレステラジオに石川智晶さんが出演したんですけど、
珍しく三木兄貴が興奮して、色々曲造りについて質問してました♪

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2008-11-23 23:40

ガンダム002期第7話おまけ「結婚おめでとう♪」

トラバは本編感想記事の方にヨロシク♪
e0057018_64256.jpg

…あんなにも凄絶な過去を背負っているにも関わらず、神に感謝出来る
マリーって…本当に「太陽」だよ。これじゃアレルヤが心奪われて乱心しても
納得出来ちゃう。

もしかしたらこの女性こそが、
本来は00の女神そのもの
なんじゃなかろーか。


…ちなみに私は毎晩祖父と父に感謝してますよ…。
「コミケ会場まで一直線の家をありがとう…」ってね…
ふっふっふっふ…。

えーさて、せっかくの最高のアレ様エピソードだったので、
ちょろっと遊んでみました。笑ってやって下さい。冗談です…。滝汗
e0057018_7184167.jpg

幼馴染みで、元同級生だったアレルヤくんとマリーさんは
チュウしかしなかったはずなのに、おめでたを迎えてしまいました♪
「マ、マリー!!君が死んだら僕も死ぬ!!」

e0057018_7213241.jpg

「ごめんなさい、すっかり忘れてて。完璧な超兵は、キスだけで
妊娠出来る体に作られているのよ。ほら、私5年前と全然体系も違うでしょ」
e0057018_7244997.jpg


「う、うん…確かに(む、胸も豊よかになったし…お尻もふっくらした気がする…汗)」

e0057018_7303919.jpg

「マリー、僕は君と赤ちゃんの為なら、傭兵でもテロリストでも
なんでもやって、ちゃんとお金を稼ぐよ。学歴ゼロだから
サラリーマンや公務員さんにはなれないけど…苦労かけてごめんね…」


「何を言ってるの、アレルヤ。私は貴方とこうして一緒にいられるだけで
幸せなの。安定期に入ったら私も超兵として一生懸命頑張るわ。
お父さんもきっと分かってくれると思うし…」

e0057018_735880.jpg

「そこまでだぁ!!この二重人格テロリスト!!
うちの愛娘から離れろぉ!!」

e0057018_737031.jpg

「やめて下さい!妊婦の前で大声出したり銃を向けるのは!!」

e0057018_743190.jpg

「貴様よくもうちの大事な娘に…。跡取りが家出したと思ったら今度は…
同胞大量殺人者に一人娘を傷物にされた父親の気持ちが分かるか!!
銀魂でも、神楽父が、速水奨声で"出来ちゃった婚はただれている!!"
と言っている!!!」

e0057018_744357.jpg
「許して、お父さん!!でも、私は彼も…そしてお父さんも愛しているの!!
お腹の中の赤ちゃんはお父さんの孫よ!お祖父ちゃんに会いたがっているわ!!」

e0057018_7474987.jpg

「ふっ…お前のその強さは誰に似たんだか…。母さんが知ったら
どんなにか喜んだだろうな…。落ち着いたら3…いや4人で墓参りに行くぞ…」

e0057018_752543.jpg

「……お父さん……っ……ありがとう…っ」

e0057018_7543590.jpg

「良かった、マリー…。でももしかしたら双子かもしれないし…。
僕、君との子供はたくさん欲しいな。…大丈夫ならだけど…
A以上のコトもし、しても良いかな…(赤面)」

「もちろんよ♪今は都内でも3人の子持ちさんには特別手当が出る
区があるんですって。私、狭くても貧しくても、暖かい家族を作っていきたい…」

「僕もだよ。…マリー、愛してる」

「私もよ、愛してる、アレルヤ。…それでね、お願いが有るの。」

「なんだい?なんでも言って」

e0057018_845767.jpg

「まさかこの次期に赤ちゃんが出来るなんて思わなくて…。
来年のツナ受けオンリーの原稿…悪いけど手伝って欲しいの…。
コミスタ今から練習して、トーンのモアレが出ない様に張ってくれる?」

「ああマリー。君の為ならコミケでヒバツナ壁サークルに
全部並ぶよ…。獄ツナもヴァリツナも全部新刊をゲットしてくるから…」

e0057018_89032.jpg

「くっ…な、何故毎年ガンダムとジャンプは違う日程なのだ…!!
それにオリジナルボーイズラブが三日目…。いくらなんでも
三日間連続一般参加では…マジで死ぬ!!!……眼鏡に頼むか…」
←鬼。

いや、2期に入ってから、ホントに突然ソーマがモデル体系というか、
バーンできゅっになったので、驚きました。
もしかしたら、本当に超兵の女性って、凄い出産大量に出来るんじゃ
ないかなーとか考えたりしましたよ。笑

ううーん、たまーるさんとも語ったんですけど、プトレマイオスで
オペレーターやらしたら、それはやっぱりテロリストの手伝いだし…
アレルヤは若奥様マリーを一体どうやって護っていくんでしょーねぇ。
…このまま平和で終わるはずがないと、どーしても思うのは、
フォウ・ムラサメを愛した私の過去が予感を囁くからかもしれません…。
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2008-11-17 07:04

ガンダム00第2期7話「再会と別離」+6話

木漏れ日のマリアージュ。
e0057018_2412381.jpg

コメントは、次の記事にお願いしますだよー♪
「もしもアレルヤがパパになったら♪」


もう、結婚おめでとー!!!

…としか言いようの無い、今回の第7話でございました。…驚いたよ…。
いや、そりゃアレルヤとソーマの「2人だけの戦争」(アスラン×カガリ)に
なると確信してたし、なんせ千葉道徳さん自らの作画監督回!!
e0057018_2462937.jpg

まさか一気に華燭の典とは!!


このキスシーンで、タイトル入れる演出もホントに小憎らしいよねっ。
上手いよなあ…。エンディングにそのまま流れて行くところとかも。
はー…まさか00お初の相思相愛キスがこの2人とはね!!
いや…「ギアス」でも「マクロス」でも最近「相思相愛のキス」って全然
ご無沙汰だったからさ…なんかときめいちまったよ、あははははは。


森の中の2人が、まさしく「アレルヤ」←生きている事を神に感謝して、
「マリー」←結婚、彼女の中には「ソーマ」←光が存在している…。


ここ観たら、旅立つアシタカを思い出しました。当初雨の中、
故郷を旅立つという宮崎駿のアイデアを、若手アニメーター達が、
「監督!彼の旅路を祝福してあげましょうよ!!」という声をあげて、
かの名場面も、久石譲の音楽に乗った、朝日立ち昇る
感動出立になったというエピソードね。

「…アレルヤもやるよねぇ…。1期でニールがフェルトの肩を抱いてたの
見ただけで赤面してた彼はどこへ…」

「…そりゃまあ…4年間の間に色々あったんでしょお」

「…ああ、束縛監禁されて悶々としてたわけね、
マリーに会ったら絶対あーして、こーして…」

「それじゃただのむっつりスケべやわ!(笑)」


ここ2.3週間で一番目立たなかった、しかも一番奥手そーだった男の大躍進。
e0057018_3183732.jpg

しかし、あれはただ単純に「男女の愛」の表現だけではありません。
アレルヤとマリーが、長い間育み、また長い間別離していた時間を
埋める聖なる儀式でもあり、また「お互いが半身失った者同士」の
契りの欠けた一人を補い合う接吻でもあるわけです。


まだまだ「大人の関係」としては全く成熟しきっていないアレルヤとソーマ。
これほど早過ぎる幸せの到来は、逆に暗雲の予感。不安でなりません。

今回、全見せ場はこの方↓が独占!!


「…生きて幸せになるんだ、彼と2人で」

e0057018_3115374.jpg

……やっべぇ、この台詞を石塚運昇さん声で言われたらと考えただけで
なんか泣きそうになっちまった…。
なんかね、私は昔からそうなんですけど、「男と女のラブストーリー」よりも、
「嫁に行く娘と見送る父」の物語にグッと弱いんですよ…。
「ジョー・ブラックをよろしく」のサー・アンソニー・ホプキンスとか。
e0057018_3202062.jpg

えへっ、そうすると思ってたよ、大佐♪
…これがね、富野ガンダムだとすると、
アレルヤの子供をソーマが
妊娠したりするわけですよ。笑


超兵同士の、しかも強力な脳量子派を持つソーマ・マリーの子供ですから、
そりゃサラブレッドもんのニュータイプならぬ、「人の心を探知する」
「戦闘用新人類」の誕生といえましょう。
仮に2人が完全にソレスタル・ビーイング入りしたら、あそこは代々ガンダムを
受け継いで来たテロリスト機関なので、末おっそろしぃぃ最強パイロットを
産み、育てることになりますが、もしそんなになったら凄ぇ面白いだろうなあ♪
「閃光のハサウェイ」みたくテロリストの超カリスマリーダーになって天誅下しまくる。
e0057018_414887.jpg

ですが、
「今迄は戦う理由も明確でなく、超兵としての自分なら世界変革出来るかも」

という非常に安易な理由で戦っていたアレルヤが、これからは
「マリー…もう離さない!!」

な、強烈な戦闘理由をエゴイスティックに持ったんですから、
逆に、「いまだ生きているソーマ・ピーリス」が彼の元を去った時、
またアレルヤも割と簡単にプトレマイオスを降りてアリオス・ガンダムを強奪し、
仲間を捨てて「たった一人のテロリスト」になってしまう可能性も大。
(正規軍人ではないので、ワンマンアーミーにはなれない。笑)

e0057018_5135988.jpg

最近のアレルヤの、この「激愛に再会し燃えるアレルヤ」という姿、私結構
心地良く眺めてたんですよ。だって物語的に「他に居場所がないから」って
漠然とテロやってるよか、歪んだ愛情持って戦い続ける方が面白いし。
ブシドーがまさに「激烈な愛憎だけで生き延びて死に場所を探す男」なんですけど、
彼とアレルヤだと覚悟の度合いと「漢」としての器量が違い過ぎるし。

ただ、その「一人の女を追い続ける男のエゴイスティックさ」というのが、
後に悲劇に繋がる匂いがして。アレルヤとソーマに関しては全く楽観視してません。

今のままでは、「壮絶な過去を背負いながらも強く生きるソーマ」の
エスコート役でしかないですからね、アレルヤは。

「…沙慈とルイスが悲劇で終わるというのがありえへんから、
こっちの2人は…なんか幸せになれんよーな感じやなあ…」

はあ…そうなんだよねぇぇ。
e0057018_5322098.jpg


「君達の馬鹿げた行いによって
多くの同胞や部下を失っている」


あーもう、もっと言ってやって下さい大佐!!!ソレスタル・ビーイングが
やった「武力介入」という名前の「超絶大きなお世話」によって、どれだけの
罪も無い人達が死んで、家族が殺されていったか…。


大体、あの連中…留美に養ってもらわなきゃ
コン○ーム一枚だってコンビニで買えないんだよ!?
結局オーライザーだって、王財団の金で作ってもらうんでしょーが!!
日々普通に汗水流して真面目な働いてる人々の気持ちなんて、分かるワケが無い!!
e0057018_5384749.jpg


あー、今回ここで癒された…。涙

きっとまもと自由くんも「やっと喋れたねー♪」とか言って喜んでんだろうな♪

「君も…笑うんだね」

「ああ。嬉しい時人間なら誰でも、笑うだろう?」


うん、やっぱり刹那の「世界で唯一人の友」になれるのは沙慈しかいない。
でも「仲間」ではない。


昔放送してた渡部篤郎のドラマに、実はここと全く同じシーンがあるんですよ。
復讐を誓い生きて来た外科医が、過去から脱却し愛する女性を取り戻す幸福に酔い、
傷付いてそれまで心を閉ざしていた少女に、「…先生、笑うんですね」と言われ…
思わず微苦笑する…ってのがね♪

まあ…オーライザーもすっかりCMで発表されちゃってますし…沙慈が
いよいよ、この中途半端で「何がしたいのかサッパリ分からない」
「お優しい」(by留美)テロリスト集団に飲み込まれて行ってしまう展開は
仕方無いとは思うんですけど、

沙慈にはどうか殺人者にならんで欲しい。


もし引き金を引いてしまったら、それこそ沙慈はルイスと全く同じ
憎悪の連鎖で生きていく00の大量発生キャラになってしまうし、
それだけでなく、彼の堕落により、ドラマ全体のメッセージ性が薄れてしまう。
e0057018_4132010.jpg

完全に操縦テクニックと才能では、ブシドーに凌駕されまくっている刹那は、
案の定、封印されていたトランザムを起動。ブシドーアヘッドの片腕を
切り落とすも、オーバーロードで海へ墜落。
e0057018_4493527.jpg

「…斬る価値も無い…!!」


その通りです。貴方はここで、そんなガタついたガンダムを相手にする
必要は全く無い。

「聞く耳持たん!!!」


ああ、ここで無傷00の首でもかっ飛ばしてたら、アロウズの
稲田徹にガタガタ言わせなかったのに…!!出し惜しみしなくて良いんだってば♪
「一人きりの軍隊」道、やるなら、とこっとん突き進んでくれ!!!
中途半端はCBだけで充分だ。私達は00ガンダムに覚悟とドラマを求めている。
そしてまた「乙女座のセンチメンタリズムな運命」的ストーリーを望んでいるのだ。
古谷徹が1期プレミア試写会で宣言した通り、徹底的にやってくれ00!!!


ブシドーのアヘッドが損傷したという事は、すなわち
元ユニオンコンビ再会の可能性が…♪


ともあれ今のところ、1話どころか10分さえ見逃せない急猛烈スピード。
沙慈の成長・ルイスとの再会・アンドレイの恋・木星の秘密・イオリアの意志、
カタギリの復讐・コーラサワーの再登場・サーシェスとの決着・
イノベイターとの戦い、そして…仮面の割れる時…。
まだまだまだまだ、語るべき伏線は尽きません。ここで緩めたら駄目だ!!

今更なんですが、つくづく00は脇役ドラマ主点のガンダムだと


再認識致しました。とにかく、

この2.3週間は、完全にソーマと沙慈が主役。


と言うよりも、私にとっては2期は第1話からして、唯一一般人間視点を持つ
沙慈が主人公だった00ではありますが、

これで「真のヒロインの片割れ・ソーマ・ピーリスの物語」は一応の一節目。
e0057018_4533933.jpg

これからは、ソーマ(憧れのお姉様)の戦死で更にガンダムを憎悪する
「もう一人のヒロイン、ルイス・ハレビィ物語」と、
「沙慈・クロスロード物語」「カティ・マネキンストーリー」…そしてそして
e0057018_373652.jpg

当然ながら「仮面の男の物語」が濃厚に語られて行くと思います。

e0057018_4513847.jpg

…今更なんなんだ、この貧乏姫は。
アザディスタンだって、刹那のクルジス滅ぼしたじゃん。

よーやく他人に故郷を燃やされる側の気持ちが理解出来たよーだな♪
うむ、思ってた通り、貧乏姫はこのままアロウズの操り人形として
新生アザディスタンの傀儡と成り下がって、刹那と悲劇の再会だね。

「いや…本当によっぽど頑張らないとこの人…物語で存在意義が全く無い…」

「まー、私は彼女には無理だと思う。ソレスタル・ビーイングが
何をやりたいかって、このアニメがきっと最後まで描けないのと同じで」

「あー、マイスターのやりたい事ってのは…うやむやで終わるんやろね」

「今の日本政府と全く同じなんだよね。何をどうしたいのか、具体的に
どこをどう改革するのか、全く明確なビジョンが見せられない。
先週だってさ、ティエリアが沙慈に"現実を見ろ"って言ってビンタしたけど、
「ですぅ」にアロウズに殺されたカタロンの被害者の死体を見せなかった。
あんなの卑怯だよ」

「ミレイナにこそ、見せなあかんのになあ…」

「結局、身内には甘くて、そうじゃない人に冷たいのがプトレマイオス。
1期でニールが目に致命傷負ったのも、元々は
ヴェーダに裏切られたティエリアが
ボケっとしてたからじゃん。

でも視聴者に彼は責められなかった。なのに沙慈は皆から責められる」


そんでもって、カティさんと全く同じ過去を持ちながらも、駄目ラギさんは酒浸り。
「私の彼はパイロット」なんだし、軍属なんだからそんな甘え許されない。
現にカティ大佐は現在でも、リント少佐に過去の傷を抉られても、
黙って一人で耐え抜いて戦っている。
e0057018_394888.jpg

いや…アンタ↑にだけは下半身と酒について、誰も言われたく無いと思うよ…。

さあ、来週はいよいよ、女性形態のティエリアが!!全てはイオリアの意志…。
踊らされるままに、プトレマイオスは飛び続ける…。
作画監督は大貫健一さんですよー!!!

e0057018_5514413.jpg

完全に新婚さんなアレルヤマリー♪

e0057018_8452120.jpg

……お笑い要員としては充分なんだけどな…この人達って…。
e0057018_8465744.jpg

表情が本当に柔らかくなったので、マリー・ソーマが身籠ってても
もう全然驚かない…。笑
これ絶対おやっさんかラッセか「ですぅ」に何か言われてテレまくってる
乙女夫婦の図だよね……。ライルあたりに
「あの島で仕込んだのかよぉ…やるじゃん♪」

とか言われたらもう笑うしかないぃぃー。

ああーっ、今週と来週のソレステラジオのゲスト、三木さんなんですよ。
私…今回ゲストはよっちんが良かったの!!あのアレルヤとソーマの
シーンの説明をぜひしてもらいたかったの!!!

どーもあのラジオ、いつも内容とゲストがズレるんだよなあ…。号泣。
以下、三木兄貴のお言葉。

「うーん、あそこでアレルヤとマリーがキスしちゃったのは、若さだなーと思った。
年取ると、あそこでああはならないよ」


確かに。つかあの2人はまだほんの赤ん坊みたいなもんですからね、男女としては。
「ライルがフェルトにキスしたのもねぇ、死んだ男を追うなっつーか、
俺は違う男なんだ、認識しろって…とにかく色々な意味の取り方が
見方によって変わってくるのよ。だから面白いの、00は。
物語が凄く面白いから、どう変動していくか予想がつかない」


ううーん、物語が面白いんじゃなくて、キャラクターが活き活きしてて、
あえて物語が動いているんだと思う。汗笑
でも00の話してる時の兄貴はとても嬉しそうで、好きだぜ♪
それから滅茶苦茶自由くんをいじめ…可愛がっている。
最近、自由くんは中村悠一やら安元くんやらの家にまもとしょっちゅう行くらしい。

「杉田さんには、中村さんちで会えるよ♪」


とまもが言っておった♪

そして、最大の注目。リボンズのファッション。

「マジ吹いたわ」


ガンダムWにしろ、F91にしろ、なんで敵側がこーゆー
「ベルバラ」趣味なのか…。やっぱりいまだに「ジオン軍」の根深い
センスがガンダムに生きているんだろうなあ…。

そう…今夜の朴さん&まものラジオね…。お杉がゲストで!!
聞きながらソーマのカラーリングしたら、もうもう…髪の線が歪んじゃったよ…。

「あー、じゃあこの台詞、刹那で言って下さーい!!」

「ほんじゃ、この台詞は銀さんで言って下さい!!」

「じゃ、今度は月で言ってみてよ!!」

「そんだったらこれはロランで言って下さいよ!!!」

「げっこーちょー!!!」

「うっせぇよ!杉田ぁぁ!!」


…ちなみに…宮野真守と杉田智和と小清水亜美のトリオで、
実写エヴァンゲリオンズを画策してるそーです…。
確かに3人全員細くて縦にひょろーっりと長いからねぇぇ…。
朴さん「じゃ、アタシは彰ね!!」←渚カオルのこと。朴サン彰って言ってるんだ!!
そっか…同い年くらいだもんね??
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2008-11-16 23:37

またまた冬コミに参加することに!!

いやビックリ!!Yちゃんから「名探偵バーロー」スペースで
売り子してくれないかと頼まれまして、たまーるさんと一緒に
またまたビッグサイトに行くコト決定ー!!!!
あああ、ヒバツナと獄ツナとヴァリアー×ツナサークルをまたまた
壁から漁っていく事になりそうなので、バイトを急遽増やさないと…。汗
でも00には代えられませんので、やっぱり日曜月曜はオフです!!

コミケ凄い…一瞬で年末予定埋まった…。


ううーん、「銀魂」アニメの特別編上映があるらしいので、リボーンの
声優さんを見に行く夢もあるし、幕張ジャンプフェスタにも行きたい。
日程は調節可能なんだけど…頑張って行って来ようかなあ……。


たまーるさんは、ガンダム00スペースついに一般デビュー!!笑
良いロックオン受け本と巡り会い宇宙出来ると良いね♪
てなかんなで、またまた年末はたまーるさんと、しっぽり家で
00語りです♪ぜひ一緒に「ガンダム・マイスター」もやりたいね!!
by doramamaker | 2008-11-15 23:57

すびばせん…。涙


ブシドー出たのにレビューどうしたあ!?


とお思いの方、すびばせん…。もう体調ガタガタで、寝込んでました。涙
00の待ち受けもゲット出来なかったんですよぉぉ。ソーマだったのかな…。

しかし綿密に書き続けてきた00のレビューに穴空けるのは、どーしても
たえられんので、7話の感想に簡潔に入れたいと思います。


いやもうねぇ、

ランカとシェリルと…
武道館で1万人「星間飛行」
大合唱したら、フロンティアから
地球に帰ってくるのがなんか
嫌になっちゃって…。苦笑



まあ冗談無しで、どうやら毎年この季節の変わり目になる
持病の発作が出たようです。
もう土日はトイレに行くのもはいずりまわる状態で。
しかしまあ…子供の頃からいつもこのシーズンこんな感じなんで、
歩けるよーになってからは、インフルエンザの予防注射なんか
うってきました。

来年までの短期仕事も決まったし、やっとひと段落つきました。
ただ11月末と12月最初の週は00のレビューがまた
簡素になってしまうかも…。涙


また空白期間空いてたら、仕事かエネルギー切れだと
思ってやって下さいまし。ご心配・ご不安(?)一切無用!!
(でもありがとうございます♪)
しからばっ!!!
by doramamaker | 2008-11-14 08:03

魍魎の匣 第5話


今夜からやっと聞きたい声が!!

と思ってたら……Bパートまでの道のり長い長い!!(笑)

やっぱ平田声は痺れるねぇぇ…


冒頭からの関口のくっらーい語りには、00の第5話で疲労しきった
体には心底堪えましたが(苦笑)…木内兄も明るい役柄と暗い役柄
の時だと全然声が違うから分かんないよー。

そんでもって。

アニメで森川帝王声ご無沙汰。


京極堂の渋さと対比して、あの漫画チックなキラキラキャラは
一瞬面食らいましたが、やっぱり帝王は合わせちゃう、んですね。

上手いよなあ…とつくづく酔いしれ。だけど時々、「アクエリオン」の
トーマ様に重なって見える♪
三木さんと帝王の会話っつーのも、私はなかなか聞く機会が無いので。
本人達お2人がしょっちゅう仕事一緒にしてる方面では、
どーも2人の組み合わせで苦手みたいなんでね…ふふふふふ。


やっとこさ出てきた主役。

「この世には不思議など何も無いのだよ、ワトソンくん…」

そういやアーサー・コナン・ドイル卿も、妖精画家であった叔父様の
影響で、生前はかなりこういう謎めいた儀式をで霊魂を召喚し、
「妖精や幽霊・魂魄は絶対に存在する」と言い切っていたらしいです。
後に彼が信じていた妖精写真は、全部捏造だったと撮影された
当時の少女が、老婆になってから暴露してしまったんですが、
逆にこういう能力とか持つと、なんか幸せになれない気がする。

驚いたのがですね、嬉しい悲鳴だったんですけど、京極堂夫人の声が
皆口裕子さんだったんですね♪


もしかしたら声優やめちゃったのかなーと思ってたんで、
凄くこのアニメは渋いところは徹底的に押さえてるなあ…と感心しきり。
関口夫人にもぜひ出て欲しいです。確か本田貴子さんだったよね。
彼女も最近では「プリズン・ブレイク」のサラばっかり聞いている。←一番好き♪

あと、坂本千夏の少年声も本当に久し振りに聞きました。
昔は彼女ばかりが主役って時代もあったんだよなあ…。

……まあほとんど本編の内容には触れてないわけですが、
所詮オールドタイプであるワタクシには、ニュータイプの
感性は分からない…というところで。
(苦笑)

明日はランカとシェリルの
「こんなサービス滅多にしないんだからねinブドーカン」なり♪
初めての武道館ですよ。アルトとミシェルも来ると思うんで楽しみです。
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2008-11-05 02:51

米選挙よりもトップニュース。小室の転落。

Excite エキサイト : 社会ニュース

いや…もう私は…彼が華原朋美を捨ててから、いつかずーっと
「絶対天罰が下る日が来る」とは思ってた。


私が彼を知ったのは、まさに小室哲哉という人物が、表舞台に
立った瞬間と同時だった。
菊池秀行作「吸血鬼ハンターD」のオリジナル・アニメビデオで、
主題歌「Your song」と、サントラを担当したのが、まだ若き彼だったから。

多分、人生でOVAという存在を手にしたのも、一枚2500円の
サウンドトラックをお年玉で購入したのも同時だったと思う。

ちなみにDの声は、今は亡き、永遠のセクシーボイス塩沢兼人である。

それからの彼の快進撃は驚異的だったが、それまで全く芸能人に
無関心だった私が、TM NETWORKという新しい音楽集団に
馴染んでいったのは、彼らが「CITY HUNTER」のエンディングで
ブレイクした要素が非常に強い。
当時爆発的に売り上げた、渡辺美里の「My Revolution」作曲も彼だし、
何よりまず。

「逆襲のシャア」主題歌「メビウスを越えて」
を彼が作った事。


富野由悠季監督と、メンバー3人の対談が色々な紙面を飾った。
いまだに私はこの曲をi-podに入れて持ち歩いている。

宇都宮隆こと、ウツの独特の声と、TMならではの個性的なメロディーが
好きだった。高校時代は周囲の絵を描く友人も彼らの影響を
多大に受けていて、作品に投影している子もいれば、
高河ゆんのように、彼らの同人誌を出していた人もいる。
(ちなみに産まれて始めて参加した同人誌即売会の告知チラシは、
高河ゆんが描いた小室哲哉のイラストが印刷されてた)


小室哲哉の弟子として、浅倉大輔がブレイクし、その浅倉氏が
プロデュースしたTM Revolutionは、いまでは「ガンダム・チルドレン」
としてアーティスト界に存在している。
またB'zも、かつてTM NETWORKのバックとして登場したメンバーである。

メカ・デザイナーであり「ファイブスター物語」の原作者、
永野護でさえも、TM NETWORKに明らかに触発された
自身の「FSS」オーディオ&ビジュアルビデオを当時発売している。
…いまだに持っている私って…。汗笑

バブル最高潮の時代、小室音楽もそれと平行し、炎のように燃え広がっていった。
しかし、TM NETWORKの活動を離れていく小室氏に、なんとなく
心の中で一線を引くようになったのもこの頃だ。

アニメの主題歌やサントラ以外、ほとんどアーティストのアルバムを
買ったことのない私だけど、(今も宇多田ヒカル以外買って無い・苦笑)
ただ、近所のレンタルが倒産した時に、これだけは、と華原朋美の
「ラブ・ブレス」他一枚は安価で手に入れた。

「ともちゃん」の曲は好きだった。それまでに無い、超高音のドラマティックな
サウンド。でも切々とした雰囲気に溢れていて。どう見ても彼女は
「頭の悪そうな小室の操り人形で、愛人」だったけれど、どの曲も
何故か深く脳裏に刻まれる歌だったと思う。

小室哲哉とgloveのKEIKOが結婚した時、なんとなく「ラブ・ブレス」の
ジャケットを眺めた。
小室と華原が、仲良く2人の愛車、フェラーリを前に撮影した写真。
「ああ、こんな頃もあったんだなー」と。

従妹であるちーちゃんは、永遠の「浅倉大輔」至上主義者であるので、
小室関係の情報に聡く、時々そういう話を最近までしていた。
しかし既に2人の中で、TM NETWORKの時代は終わっており、
一抹の寂しさと共に、「しかし好き勝手していた男の時代」の終わりを
確実に感じ取っていたと思う。

一つだけ不思議なのが、小室哲哉が散々疑われていた薬の問題。
これから浮上するかもしれないが、私は彼を遠くから
見守る傍らで、必ずその疑問と不安に対して予感を持っていた。
まず逮捕されるなら、そっちの案件だと確信していた節があったので。

今はもう当然となったavexアニメの放送、そしてそれらに流れる
若者歌手達の歌。日本ユーロビートというジャンルの確立。
これらを実現化したのは、私は小室哲哉の才能のお陰だと思ってる。

「頭文字D」のアニメブレイクにだって、彼は多大に影響しているのだ。


でも彼は、その繁栄と平行し、はべる女性を捨ては入れ替えて、
色々な意味の罪を重ねた。

天才としてこの世に生まれても、人間は確実に二種類に分断される。

大金に人生を踊らされ、破滅に走る人。
しかしどんなに有名になっても、
普通の家庭を築き、地味で幸せな生涯を終わらせ、多くの人に
敬愛され続け、死の際には悲しまれるという人との差。

大き過ぎるお金は、人間を狂わせる。

30数年生きてきて、世間を眺めるに一つ、それなりに理解しえた
一つの結果が、今、切なくもここにあるのだ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2008-11-04 22:30