人気ブログランキング |

<   2008年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

RD 潜脳調査室 第4話 「欲望の環礁」

はいはい…正直現在、一番私にアロマテラピー的な
癒しを与えてくれているアニメ作品です。(笑)


一週間に一度、静穏に思考する時間をくれるんですよね…。

なんだろう…ちょうどギアス2を観て、なんとなく欝になって
凹むと(苦笑)その傷跡に薬を塗ってくれるような感じですね。
この作品って、私にとってはギアスと真逆で、

どーでも良いキャラが皆無なんです。


主役の波留さんは、老人と若者の二つの面を持つ素敵な人だし、
ミナモちゃんは、純真元気いっぱいなヒロインとして申し分なし、
また他のキャラクターも、それぞれ不思議な魅力に溢れてます。

…藤原声の久島さんはなんであんなに色っぽいんだろう…。

先週から出演していたダイバー兄弟も大好き!!
兄貴がジュドー矢尾一樹、弟がコーラサワー浜田。
この2人のキャラも脇役なのに、さりげに存在感良いんだー♪


高橋広樹くんが珍しく熱血で、かつ仕事にはクールな役柄。
なんか髪型といい、リメイクライディーンを思い出してしまう。
このソウタお兄ちゃんは、電脳化はしてるけど、肉体は生身なんだね。
まさしく「第二のトグサ」
…まあそのうち電脳研究室の
トップになっていくんだろうな。

彼の妹への愛情は、ただ猫可愛いがりするんじゃなくて、
きちんと躾しつつ保護して、育てている所が好感度高い。
案外こういう兄貴が、妹の結婚式で隠れて泣いたりすんだよな。(笑)

やっぱりストーリーやキャラも、どこかが「攻殻機動隊」を彷彿とさせる
んだけども、主人公の波留さんと、ヒロインミナモちゃんの息吹のせいか
ゆったり、そして淡く優しく描かれている背景とかが良いです。

今回も、おそるべし閃きのミナモちゃんと、見事阿吽の呼吸で
乗り切った波留さん。
アクションもさすがIGって感じでしたね。特別華やかじゃないが
無駄が無い。しっかしホロンみたいな、むっちり眼鏡美女が
無表情で天井突き破って攻撃してきたら、そらおっかないわー。
by doramamaker | 2008-04-30 16:08

ルビーにくちづけ公開録音!

ルビーにくちづけ公開録音!_e0057018_13132080.jpg

浜松町に新築されてからの文化放送に初めて行って来ました~!
いや凄かった♪
最前列ど真ん中の、森久保祥太郎君と常に目が合う位置!!


私実は祥太郎さんは会うのが初で
NARUTOラジオでは、ナルトの竹内順子ちゃんが

「ナルトでも作曲をしているマルチな人」
っつーてて、
石川国王が「俺は絶対音感、祥太郎は相対音感がある」つーてて、
ネットでは「浅川悠さんのご主人」
って聞いてたんですよ。

でも実物を見たこと無かったから、割とアニメやボーイズラブで
キャラを知ってるのに謎めいた存在だったんだよね…。
俊彦さんと最初のコントで、二人が眼前30cmに迫った瞬間は
さすがにときめいた(笑)
ゲストは伊藤健太郎君
…相変わらず明るい恋次だったなあ…(笑)


今回一番ハッとさせられたのは、祥太郎君の利発さが、目に出てたコト!

「この人凄い頭が良い人なんだな」って鋭角的に伝わってきた。
俊彦さんはまろやかな気の回し方でアドリブするタイプ、
祥ちゃんは、もう司会なんか慣れ切ってるみたいなシャープな印象。
…そういえば小杉さんとよくライブやってるんだよね…。
アスマ先生とシカ丸かー。

サービス精神旺盛なシカ丸って感じで♪


外見が吉野裕行クンにちょっと似てるかな。
所々で電王の音楽が流れてもう会場沸く沸く(笑)
プレゼントは外れちゃったけど
(雑誌懸賞は当たるけど、イベントでは当たった事無いんだなー・苦笑)
「純情ロマンチカの伊藤キャラはツンデレ」
って所で、
祥ちゃんとと二人で目合わせながら確認出来ただけで幸せだった!

ちなみに、「純情ロマンチカ」は、801シーンがそれぞれ
放送される地区でぼかされてたりもするそうです。

「でもBLがアニメになっちゃうなんて、数年前だったら
考えられないよねー」
とお3方もおっしゃってました。確かに!!

俊彦さんが「健太郎はやっぱり誰かを手篭めにしちゃうんでしょ?」
言うと会場爆笑。
「いやそれが違うんです。僕受けなんですよ。お相手は神奈延年さん」

「ああ神奈ねぇー。あいつもしつこい男だからねぇ」

「後は井上和彦さんとかも出てらっしゃいますよ」


「えっ、そんなにきわどいシーンとかあるワケ??」

俊彦さんのお客への問いかけに、私も含めて皆さん「うんうん」。

既にファンの間では有名な、

森久保&伊藤は八王子の同郷、
生まれた産院も取り上げた院長も同じ。
ご両親と伯母さんが「うちに声優がいるのよ」
って感じで、お互いの家族同士が知り合いになっていた。


というエピソードを直接聞けましたよ♪…凄いよね。
俊彦さんが「きっと2人は前世から何か繋がりがあるんだね」
って言ってたけど、本当にそうだと思う。

俊彦さんは相変わらず「優しいお父さん」で、何度も何度も
「みんな気をつけて帰るんだよー!!」
といってくれました。
電王の、クタクタになったTシャツ着てましたよ。(笑)
最遠距離のお客さんは、なんと秋田県からいらしてました。

放送には収録されない、お客さんとの生アフレコや、
最後は凄いシリアスなドラマの3人の生アフレコ!!
プロの仕事見せて頂きました!!
10年続いてると、番組もスタッフもファンも一体感が凄い!
100人程度のこじんまりとした会場のせいもあったけど、
上品なお客ばかりだった…。
お手洗いで順番待ちしてると、必ず「すみません」とか
「お待たせしました」とかさりげないやり取り。見習わねば…。
男性のお客さんも8人程いらしてました。おおお。

文化放送のスタッフさんも皆さん凄い慣れてて、
やり取りに全く無駄が無い。しかも丁寧かつスマート。

…先日のGフェススタッフに少しは見習って欲しいよ…。泣

さて!9日のマクロスミニライブは
ここにどんだけ並ぶかな~?
取り敢えず5時間以上位並ぶ覚悟がいりそう(汗)
季節が良いからなんとか頑張る!!

ちなみに今回の様子は5/9と16の放送だったかな。
天気も良いし風も爽快。最高の連休初日でございました。
またぜひ参加したいなあ…。
by doramamaker | 2008-04-29 23:13

良い天気でしたね~(^-^)

良い天気でしたね~(^-^)_e0057018_1241515.jpg

近所でもツツジが満開ですよ♪六本木ヒルズのツツジも素晴らしいんで
時間があったら行こうか…しかしGW…殺人的な混雑か(汗)

GWといえば、小野大輔的には「ガンダムウィング!!!」
宮野真守&入野自由的にはガンダムウィーク」
だそうで、
「上井草のガンダム見に行こうかな…」みたいな感じで。(笑)

「俺はガンダムWなら何日だって語れる…!!」


すげぇな小野D!!まあワタクシもFSS語れとか言われたら、
人物紹介だけで二日間かかっちゃうんだけどさ!!(笑)


上井草のガンダム銅像は
一見の価値有りです♪


たまーるさんと行った時は桜が満開で、特に良かったんですけど、
せっかく行ったらサンイラズの玄関とか見てくると良いかも。

さてさて、日曜日は楽しみなラジオラッシュでした。
なんかね…ソレステ00でまもがみゆっちをいじくり倒してるとね、
次がすぐ朴さんとまもの番組なんですよ。
で、今度は姉御にまもがいじめ…可愛がられまくってる。
連鎖だ…連鎖過ぎる。同じ番組が1時間続いてるのかって
錯覚しちゃいますよ♪

朴さんは、「もう良い加減宮野と入野チェンジしよーぜぇぇ」
な気満々。(笑)
でも、近々ポケ声ファイトに自由君、ゲストで来るみたいです。
まあ毎週あんっだけ名前呼ばれてたらなあ。(苦笑)

んで、「12人の優しい殺し屋」今週のゲストは、杉田組から
羽田野渉っちでした♪声優アワード新人賞おめでとう♪

そっかー、兄貴の前だと羽田野っちはこういう話し方なんだ…。
以前からお杉さんの弟分って知ってたんですけど、二人の
絡みって初聞きだったんですよ。
彼は若い役とおっさん役、どっちも演じられるのが強みですね。

…BL CDの、羽田野×千葉が今、猛烈に欲しかったりする…。(苦笑)

だけど!!
なんで「12の優しい殺し屋」に中村悠一がいないんじゃああ!!!


「アンジェリーク」に出るっつーから、録画したら…

全然しゃべってねぇよぉぉ!!(涙)


しかし、自由の使いっぱな役柄なんで、きっと2人で熱く
ガンプラ話とかしてんだろな…。

明日はお休みなんで、ご近所もまだまだ電気がついてます。
陽気が最高なんで、こりゃ人手が凄いかも。
ああ…この季節で止まってくれれば良いのにぃぃぃ。
by doramamaker | 2008-04-28 23:59

コードギアスR2第4話「逆襲の処刑台」

…うーん、参ったなあ…。「銀魂」が今週、壮絶熱い涙涙・流血・復活
なストーリーで、かつマクロスFが眩しく飛翔するドラマだったので、
今回の「更に薄汚れられるようになったな、ルルーシュ!」
展開に、テンション上がらねぇぇ。(泣)

多分、あそこでルルがちょっとでもギルフォードと一騎打ち
してくれたら、かなり燃えたと思うんですよね。
でもやっぱ「ああ…さすが口で生きている男…」っぷり炸裂
だったね…さすがだわ。(苦笑)


「異議あり!!玉城がカレンにかけたのは、
筋肉バスターにあらず!!この場合この技は
玉城バスターと呼称するべきであろう!!!


「凄えぜゼロ…。全く意味の無い展開だけどよぉ、
オレンジ検事成田を圧倒しつつあるぜぇ!!
そういや奴が口で誰かに負けたとこ、見たこと
ねぇもんな…」


「光栄でぇすねぇゼロぉ…
貴方と銀魂パロが出来るなんてぇ!!」


そんでもって、星刻が、先週からのあの続きにしては
あんま大したタマじゃないなあみたいな感じなのも
ガッカリしてしまったのかも。
なんかもっとすんごいコトやんのかなとか考えてたんだけど。
でも

「ぼろ雑巾のように捨ててやる!!!」


発言で、なんかロロが、最期にはルルーシュの決定的な
味方になるか、それとも裏切りの事実を知って
最大の敵になるかフラグが二分割されたかな。

今週一番気になったこと。

咲世子さんの目が死んでるぅー♪


スザク、ユーフェミアの遺言に従ったのか、学校に
復帰するよーですね。こっちはこっちでまた泥沼か…。

扇さん救出で、ヴィレッタ千草が明らかにホッとしてましたな。
それだけが唯一救いな今週のギアスでございました。
あ、あと「エウレカ」きましたねーっ!!カレンにやって欲しい。

…携帯アンケートで「好きなキャラは?」と聞かれて
答えられない自分がすっげぇ悲しい……。
乙女座、今頃整形手術とかしてんのかなぁ…。
by doramamaker | 2008-04-28 00:07

マクロスF第4話「ミス・マクロス」美しきアルト姫!!

はいはーい。なんか今週はぁ?こっちの管理人が
ビリー…ザ、ブート…軍曹?まあとにかくビリーだよ。ビリー
なんとかの誕生日会に行ってるんで、俺がレビューやりまぁっす。
ハムとビリーと盛り上がってるそーなんで、興味のある人は
こっちにいってちょーだいね。はいっ。
そんでこちらは、ちゃああーんと、ヨーグルト女子が喜びそうな
ブツをゲットしてきたから!!徹夜仕事でけっこー大変だったみたいなんで、
ま、ガンプクしてちょーだいよ。ほい!!今週の「模擬戦」「岡崎」っ!!
マクロスF第4話「ミス・マクロス」美しきアルト姫!!_e0057018_97253.jpg


まあこんっだけ、超絶別嬪なお兄ちゃんいたら、そりゃあ困るってもんだよねぇ。
なーんか、2人のヒロインがすっかり霞んじゃってるじゃないの。
あ、ちなみにね。俺の声やってる男は、「お兄ちゃん♪」キャラ絶対主義だから!!
そこんとこ、よーく熟知するよーに!!

ほんで?あ、レビューね。感想ね。マクロスフロンティアもあっと言う間に
もう第4話だよ?ビックリしちゃうよねぇ。
今週は、ランカちゃんとアルト姫が全然違う道だけれども、2人一緒に
それぞれの未来に向かって頑張るってお話だよん。

元々パイロット素質が天才的な我らが姫は、先輩であるミハイル少尉に
鍛えられちゃってるわけ。まあよく有るよね、こういう部活動のシゴキ。
オズマさんにケツもろに蹴られるは、格闘技でお姉ちゃんにぶん投げられるわ、

そりゃもう青春まっしぐら。ああ良いねぇ。

んでランカちゃんも、とうとう憧れのシェリル様の後を追うべく、
「ミス・マクロス」コンテストに出場すんだけど、逆にこっちは
女のギスギスした恐怖の戦場よ!!

よく聞くよねぇ、ファッションモデルの世界の嫉妬の世界の話題。
これパリコレのバックステージとかになると、もう喫煙の嵐よ?
ストレス多い職場だかんねぇ。

そんなコンテストで審査員をやってんのが…。
あれ…なんかおかっぱの…どっかで聞いた、凄い親近感有る兄ちゃんが。

どーもランカちゃんのデータみて、コソコソやってるみたいでね。

はいっ、この兄ちゃん、死亡決定!!


って…なんか気持ち複雑だよね…自分の声と同じキャラがさ…ははは。
このおかっぱ君の彼女も、なーんか彼氏の妖しげな行動に
気づいてるみたい。早くも破局のフラグだねこりゃあ。

んーで、第4話ともなると新キャラが出てきまーす。ま、定番ってやつ。
ところがこのお姉ちゃん、普段メルトランディでいる時と、マイクローン
サイズになって時と人格がまーったく違うのね。
声はトヨグチめぐー。はいっ、萌えた男子っ、挙手しなさい挙手ぅ!

てっきりミリアポジションの、敵さん側かと思ってたマシンの搭乗者。
ミハイルと仲良しさんなんだねぇ。
ここの管理人が気になってる、OPのプラチナブロンドは誰なんだか。

まだまだ出番は少し先なワケ??

ランカちゃんが緊張するコンテスト会場。抜き打ちのパイロット試験で
致し方無く席を立つアルト姫だけど…こりゃかなーりランカちゃんにはキツい。
だって「頑張れよ」「やってみろよ」っつーた相手が、途中から
いなくなっちゃうのはねぇ。あーゆー時はまともに声も出ないプレッシャーが
のしかかるから、一曲堂々と歌いきった彼女には拍手って感じだよ。
俺なんか地元歌謡大会でだって声震えちまったもんね!!(えばりっ)

…オズマの兄貴もなあ…こういうお兄ちゃんや親父に限って、
妹や娘が出来ちゃった結婚とかするまで、全然気づかないもんなんよ…。

ランカの「私の彼はパイロット」をBGMに
ヴァルキリーで板野サーカスを展開する姫!!


はいはーい、萌えた人は正直に言って良いのよー。俺も萠萠。
で、姫は突然来週したヴァジュラを、お得意の無茶攻撃で
華麗に撃退。ヴァルキリーが損傷して、オズマさんには
お怒り買ったけどもぉ、ま、ご立派な結果で試験パス!!

残念ながら、ランカちゃんは落選しちまったけども、まーこりゃ
彼女の出生か、過去事故に遭遇した時の事情が絡んでる
匂いプンプンだわ。

なんだかねぇ…アルト姫がそのうち、オズマ兄貴の戦死を
ランカちゃんに伝えなきゃいけないフラグが見えててビクビクだよ。

シェリル様、いやもう女って怖っ!!突然足蹴り!どーゆー歌姫ぇ!!?
つか彼女、なんでアルト姫にちょっかい出してくんだろね??

姫の美麗なお顔に傷がついたら、全国の
ファンに袋だたきにされちゃうわよー!


でもって、あの人が出ましたよ!海○雄山とかいうオッサン!!

「シェフを呼べ!!!」


こーなりゃ

最後は父子の「紅天女」対決!!ってどう!?


月影先生が審査して、こときれて終わるのよ!!
山岡さんが姫、栗田さんがランカちゃん!!結婚式は新郎が
新婦の前で、

「俺と親父、どっちが女らしいか、見届けてくれ!!」

「うんっ、信じてるよアルトクンっ!!」


姫はヴァルキリー乗ってても背後に藤娘背負ってて
まあ
さすがっつーか、凄いねぇ、カッコいいねぇ。

「あたしを追いかけたかったら迷わず、
進んでくるのね」

「はいっ、亞弓さんっ!!」

「…ランカ…恐ろしい子…」


管理人的にはねぇ、柿崎ポジションは、なるべくルカに頼みたいみたいよ。
ほら、まあルカの人はギアス使って日曜に大活躍してっから!
それと一番は、神谷ピロC兄さんのキャラで、初めて好きになれるかも
しれない、絶望先生以外のキャラだから、マックスでいて欲しい
らしいよー。
それにしたって、こんっだけのクオリティ、河森監督も菅野さんも

劇場版化決定なんじゃね?


そんでもって、次週は「スター・デイト」!!「愛おぼえていますか」の
輝とミンメイのお忍びもこんな感じだったねぇ。
「あたし…もう芸能人疲れちゃった…」みたいな??
ホントは姫とランカちゃんが一緒にこけた時、河森監督は
初キッスvvさせたかったんだと思うんだけどもぉ、
「アクエリオン」でやっちまったかんな!!


シェリル様は現状維持としても、ランカちゃんが新時代の
マクロス・シンボルとして対等してくるのは必須だから、
さーて、色男姫はどうするか!!そんじゃ!!再見・デカルチャー!!
はー…ゴルゴ13と時間被っちまって参ったわー。

「シェリル・ノーム」オフィシャルブログ
ttp://ameblo.jp/sherylnome/
by doramamaker | 2008-04-25 23:01

…ビリー・カタギリのお誕生日!!

ごめん、すっかり忘れてたよ。(汗)ああ…こんなに力入れて
長髪ストレート描いたの、久しぶりだ。アルトも入魂して
やんなきゃなあ…。

カタギリ、誕生日おめでとう!!

…ビリー・カタギリのお誕生日!!_e0057018_338567.jpg


…私、プレミア試写会で彼を見た時、もう
「ああ、グラハムの隣に相応しい、似合う人だな」

って思ったんですよね。外見的にも内面的にも。

まあ、いかにも高河ゆんの攻めキャラ(苦笑)ってイメージが
先行してましたけど、うえだゆうじさんの柔らかくて優しいあの
声がねぇ…たまらんかったですね。
初めてガンダムの出現に対して、持論を語るグラハムに、
「…どうして、そう思うんだい?」


って、聞くあのタイミングと速度。眼差し。もうあれだけで
「ああ古い友達で、お互いの事よく理解しあってんだ」
って
分かるじゃないですか。
グラハムもいっつもカタギリと一緒で。2ショットじゃない静穏シーンが
ほとんどない。
それに、グラハム自身もカタギリを凄い信用してますよね。
あの誇り高い男が、自分の我慢弱さや熱さに対して、この人の前で
だけは照れをみせる。そんな阿吽の呼吸が大好きっす。

第1話冒頭から、グラハムとカタギリのコンビが主役として(笑)
エクシアに初アタック!ガンダム調査隊結成から、エイフマン教授との
出会い、カスタムフラッグの製作…。怒濤のような、2人の物語でした。


やっぱり一番ビックリしたのは、彼の長身ですな!!かの第3話で、
廊下を歩く二人。あの身長差にはびっくらこいた!!
クセが強くて食べ物の好物まで設定されてて、座右の銘まで
発表されてる。全く制作側に愛されてますよ♪
中村悠一氏とうえだゆうじ氏の演技のシンクロ率も凄いし、
絶妙な距離感を作ったのは、ひとえに声優さん方の力なんじゃないかな。

2期ではグラハムが31歳、そしてカタギリが35歳に。
果たして2人の友情関係はまだ続いているのか。
それが一番の私の気がかりな所です。

何はともあれ、誕生日おめでとう。相棒を頼むよ!!
by doramamaker | 2008-04-24 23:59

銀魂アニメ103話「長所と短所は見えにくい」

うわーっ!!初めて銀魂レビューでメモ取りながら描いた。
しかもイラスト入りのレビューは、西郷さんの話以来ですわ。
さて!!
明日からハッ○ーセットはケロロ軍曹!!


皆様ご準備オッケーですか?私はガルル×ギロロ兄弟ゲット
する気満々でございますが!!(笑)
BGMは「トライアングラー」!!高度2000限界のソラへ行くぜいっ!!!
銀魂アニメ103話「長所と短所は見えにくい」_e0057018_1044120.jpg

「ソウゴ・ブリタニアが命じる!!
一斉に斬り掛かれ!!
そして…死んじまいな…」


あーのーですねー…。私、まさかトシさんより早く沖田のセル絵
描くなんて想像もせんかったですよ。ホントそんっくらい今週の
沖田は壮絶格好良かった。私って、鈴村健一キャラにハマった
コトって人生で全く無いんですけど…沖田に会えて幸せだ…。

「俺ァ、てめぇの下にも、ヤツの下にもつくのは御免だ。
俺の大将はただ一人…そこを退け!!そこの隣は俺の席だ!!」


ここ一週間、「果たしてガンダム00の再放送をどう活かすか」
って考えて、「そうだ!グラハム特別編集DVDを作ろう!!」
と思ったんですよ。そんでまたまた何回も彼の出番を見直して。

なんでこんなに死ぬ程、格好良いのかと


またまた再確認したりして。(笑)
今回の沖田にも共通するんですけど、やっぱり漢に惚れられてる漢って
最高にスペシャルですよね。
アニメとか映画とか好きになって以来、心の底から
「格好良い…」ってホレボレした男性キャラって、

キャスバル・レム・ダイクンと
バンパイヤハンターDと
ブリード加賀と
グラハム・エーカーなんですが、


みんな、それぞれ命かけて「男道」を通して生きてんですよね。

沖田は今回それがズバ抜けてました。そしてサンイラズの作画の
素晴らしさ!!そして声優陣の見事な表現力!!全ての力が
結晶となって生まれた傑作エピソードだったと思います。

総悟は多分、「副長になりたい」というよりも、
トシさんと同じ場所、つまり近藤さんの隣にいたいんだと思います。


しかし近藤局長にとって沖田はあくまで「弟」であり、
相棒でも心友でもない。やはり2人の間には誰も入れないんです。
それが分かってるからこそ、沖田は苦しんでいる。
もうなんかね、やっぱり史実の彼らと凄い重なる部分が多くて、
本気で観てて泣きそうになりました。

「近藤さん、だから言ったでしょ。アンタの悪い所は
人が好過ぎるところだって。
でも、そんなアンタだからこそ、みんなアンタについて来たんだ。
そんなアンタだからこそ、一緒に戦って来たんだ。
そんなアンタだからこそ、命張って護る甲斐があるのさぁ」


近藤を列車から追い出し、一人で大人数を斬り捨てる沖田。
鼻水流しながら、沖田達に詫びる近藤さん。もうここで私も
彼と一緒にグズグズですよ!!千葉さん神演技!!

「総悟ぉ…おめぇが死んじまったら俺ぁ…。
すまねぇ…俺が馬鹿だから…。俺がぁ…」


そこへ登場する銀さんチーム&トッシー!!つかちょっと良い??

キミら隊服どーしたの!!?途中
どっかのまん○らけで買ったの!!?


「すまなかったなトシ…すまなかったなみんな…。
俺は…俺は大バカ野郎だ…。近藤勳は戦死した。
これ以上仲間同士でやりあうのはまっぴらだ…」


ここがねー、もう
「ああ絶対板橋で首斬られる時、近藤さんこう思ってたんだろうなー」

って感じてね、本気で辛かったですよ。
それでもまだ、ちゃんと近藤さんは「伊東先生は仲間」って
否定しきってないんだよね。そこが長所で短所なんだよね。

「あー、あー、あー…ヤマトの諸君!!
我らが局長近藤勳は、無事救出した!受けた恩を仇で返す不貞の輩…

あえて言おう!
カスであると!!」

ここで速攻ヤスエちゃんからメールが。(笑)

「これってギレン!?それともグラハム!!?」


それは当然両方でしょう!!!まさしく愛だぁぁ!!!


余談だけど、近藤さんって絶対かなりの額の貯金が有ると思う。
お妙さんとの結婚費用。つかトシさんも沖田もみんな無趣味だし、
彼女しいないし、使いようが無いよね。

新撰組は最期は非業の末路を遂げた愚連隊集団だった。
しかし、それでも土方は北の果てに第三国を作り上げようとして、
親友達の覚悟を背負い、死んで逝った。他には誰ももう仲間がいない中で。
空知先生は多分、そんな孤独な近藤や土方や沖田に、心強い
仲間を作ってあげたかったんじゃないだろうか。
それが、銀さんや万萬屋の面子だったんだと私は思う。

「最後に言っとくぜ…ありがとうよぉぉ!!!!」

「おいおいなんだぁ?まだトッシーなのか?」

「今こそ奴らを月に代わっておしおきしてやるぜ!!
俺は…土方十四郎なりぃぃぃ!!!!!」


ついに妖刀を抜き、伊東らに特攻する土方。

「近藤氏、僕らは君に命を預ける。その代わりに君に課せられた義務がある。
それは死なねぇ事だ。何が何でも生き残れ。
目の前でどんだけ隊士が死んでいこうが、君は生きなきゃならねえ。
君がいる限り、真選組は終わらないからだ。
僕達はアンタに惚れて真選組に入ったからな。
馬鹿なくせに難しいこと考えてんじゃねえよ。
テメェはテメェらしく生きてりゃいんだ」


ああ、どんなにか。土方はこの願いと覚悟で近藤にひたすら
ついてきたことか!!!

「あんたは真選組の魂だ。俺達はそれを護る剣なんだよ」


そして、鬼兵隊と組んだ伊東は不適に笑う。

「土方君、君とはどうあっても…決着をつけねばならぬらしい」


それから、米斉…肝に銘じとけ…

アニソンは幼稚じゃねぇ。人生を
教えてくれる歌だ…!!
ダンバインを聞けぇぇ!!
ダイヤモンド・クレパスに
涙しろぉお!!!


真選組動乱編、いよいよクライマックス!!!
by doramamaker | 2008-04-24 23:43

NARUTOアニメ276話「うごめく」

NARUTOアニメ276話「うごめく」_e0057018_1024255.jpg

今、東京地方は夕方に再放送やってんですけど、いやあの頃は
面白かったなあー。
ちょーどナルトがガマ親分に乗って、かつての四代目を彷彿と
させる戦いしてんですけど、最近こういう壮大なアクション全くないもんねぇ。
ちなみに、原作のあの話のとこ、ファイブスター物語」の
単行本2巻とそっくりな構図が多々有って比較するととても楽しいです。
ガマ親分がジュノーン、我愛羅側がマグロウ。
コーラスVSフィルモア戦が連載されてたのって、私が中学生の頃なんで、
多分岸本さんもFSS読んでたんだろうなー。

さてさて、
新しい敵さんの声が中井ゾロ・土方ですよ!!


なんか…あんまりカッコ良いデザインじゃないのが不安だなあ。
しかもいよいよアスマ先生に死亡フラグ決定。あああ…

小杉アスマがいないNARUTOなんて、
ワルター・フォン・シェーンコップのいない
銀英伝みたいなもんじゃああ!!


それにしても、あんっだけ優秀な師匠に集中的に
個人指導受けられるナルトって凄い。これで伸びなかったら逆に
どんだけ…??ミタイナ。
アスマ先生って三代目の息子なんだ。名門の御曹司じゃん。
しかも若い頃は相当ブイブイ言わせてたみたいですな。ははは。
今週、修行するナルトを見守りつつ、彼をデッサンするサイに
余りにもときめいてしまったので、つい描いてしまった♪

サイは本当に良いキャラクターだと思う。
サスケみたくうざく無いし、自然とナルトの隣に立っていられる実力者。
しかし、それでも夏の「サスケ×ナルト・愛の再会物語」
観に行きますよええもうね…。所詮腐女さ…フッ。
上映館が少ないんで参った。真夏に遠いとこ行けっつーんかいな。

連休明けにナルトもブリーチもスペシャルなんで、次週は休み。
by doramamaker | 2008-04-24 23:11

BLEACHアニメオリジナル

いやー、前回観た時に堂々と

大人の事情の新シリーズ


って、既に恥じらいも無く断言してたんで、ああもうピエロも
開き直ったんだなーと。(笑)
「銀魂」だと常に全力でスタッフが作品に向き合っているのが
理解出来るから、全然オッケー、むしろ恋!!(笑)なのに、鰤でこういう
こと言われると、なんで壮絶ムカつくんだろう…。

しかし、案外私、これアランカル編の原作よかずっと
面白かったです。
なんでかっつーと、いつもブリーチのオリジナルって、割と
原作よりズルズルしてないんですよね。
私、一之瀬が大好きだったんで

(千葉進歩も良かったし、小野Dも出てた)
今回、この賢雄さん声の隊長とイヅルのやり取り、それから
眼鏡の緑川光三席には注目したいと思います。

ただし、所詮はぴえろアニメですんで期待はしてません。ははは。
なんか一護が出ない方が、青臭い発言しない人がいなくて
良いです。もうルキアとか織姫とか一切いらないんで、
つかあいつら受験勉強してんのか。多分あの高校は結構レベルよいとこだと
思うんだけど、テストとか補習とかどーしてんのか全く謎。
多くは望まない。しかし頼むから

大人の男のドラマを見せて


下さいねって感じですかね。ああ…またどんどん作画が汚くなって
いくんだろーなあ。
浮竹隊長はさすがに新メンバーに優しかった。私は京楽×浮竹なんで
この二人が新人の登場でどう動くか、ぜひ描いて欲しいです。
せっかく大塚明夫&石川秀郎声なんだもん。
まあ相変わらず政治力ゼロのソウル・ソサエティですが、
これでよく大組織やってけると思う。
こういう恐ろしい程中途半端な軍事力集団みてると、やっぱり
ミラージュ騎士団をたばねるアマテラス陛下の畏怖ってのは
騎士団全員に忠誠心と共に行き渡ってるんだろうなって痛感。

イヅルも辛い中間管理職。なんか最近櫻井、ネガな役柄ばっかだなあ。
ブリーチラジオでももう「…出番無いですからね」とか
投げやりっぱだった。(苦笑)雛森ってまだ生きてんだっけ??
鰤のラジオ聞いてると、置鮎には
「俺、白哉のコトよく知らないから」
とか言われて、司会の
森田が滅茶苦茶気の毒ですわ。

アレルヤと同じ髪型


なんだなって、やっと気がつきました!!(笑)
なんか、この際もうぴえろアニメは大改革した方が良いと思う。
例えばもう一切人間チーム出さないとか。徹底した哲学貫いてやれば
絶対新しいスタイルでやり直せるはず。あと、原作者ももっと
アニメの製作について勉強すべし。空知や許斐センセとそこが違う悲しさ。
by doramamaker | 2008-04-23 23:29

RD潜脳調査室第3話「リダイブ」

はい、結構楽しみにしている「RD」の感想です。
これ見てると、デンゼル・ワシントンとアンジョリーナ・ジョリー
の「ボーン・コレクター」思い出します。

あれは事故で全く体の動かなくなった学者デンゼルを、
新人婦警のアンジョリーナが彼の指示を受けて
代わりに捜査するって映画でしたね。いまだに大好きなんですけど。

さてさて、電脳研究室に確保されてしまった波留さん&ミナモちゃん。
このコンビは良いですね。
穏やかでインテリジェンスなお爺ちゃんと活発な孫娘みたいで。
もう…なんか最近人間関係泥沼のアニメがインパクト強いから…
癒されますわ…。涙


ところで、やっぱりこの時代の人って、「攻殻」と同じで電脳化
しちゃってるんだ…。私はあれだけはお断りだなあ。
ハッキングされたらたまったもんじゃないもんなあ。

今週も、なかなか上手にダイブ出来ないで焦る波留さんに、
ミナモちゃんがナイスアドバイス!!初心者の気持ち、恐るべし。

フィードバックしてきた波留さんの顔が、一瞬青年に戻るシーン、
上手いなー!!

えーっと…久島さんが82歳っつーことは、やっぱり義体化!?
そんでもって電研のオフィスラブ、結構ただれてます。いやーん。笑
女性キャラがアンドロイドの彼女といい、なぜメガネばかり…。

そして少女達の見事な肉体は、日々高カロリーなデザートで
毎日毎日蓄積されているのであった…。
あれを平気で全部食べられるのが、

「それは若さよ」


なんだよねぇぇん。羨ましいっ。

これ経験談なんですけど、あの年頃の乙女は、やはり
ホルモンの影響で一時的に急にふくよかになるタイプが
いるんですよ。…実際そうだったんで、焦りましたが。笑
でも20過ぎると自然と、肉が落ちてくるんですね。
友達でも、かなりふっくらしていた子が、25にはもう素晴らしい
お体にスラリ…みたいな人います。
つまり「乙女」ならではの体系ってコト
ですな!

私も森さん声のあんな素敵な
お祖父さん欲しかったな。


そこかいな。

そんでラストには、またまた「攻殻」のかずんどサンみたいな影が!!!
by doramamaker | 2008-04-22 23:17