人気ブログランキング |

<   2008年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

閏年・不二先輩の誕生日!!


不二先輩、Happy Birthday!!


と思っていたら……!!

テニプリ連載終了!!


……コノミン、本当にお疲れ様っした。貴方のお陰で色々な
声優さんと巡り会って、それから大切な友達と出会えました。
不二裕太クンとの邂逅は私にとって人生でも輝ける幸運です♪
声優の冨田真さんとも彼がいなければ知らないままで。

実はこの日、同い年の従姉に三人目が生まれるかもと
期待していたのですが、まだまだ外に出たく無いみたいです。笑
…テニプリでは本当にラッキーなイベントに多々参加したし、
サークルで本もたくさん出しました…。やはり寂しい。
感謝しつつ、貰ったものを自分の中で形にしていけたら良いな♪
by doramamaker | 2008-02-29 01:59

銀魂アニメ「やはりナリケン、最後は決めた」

銀魂アニメは先週からの「それでもマダオはやってない」
の続編です♪
ああーっ!!銀さんの眼鏡&スーツ姿を描きたかったのに…

ようやく「マリみ」OVA続編が
観られたので駄目!!


あ、あれ?おかしいな…原稿やってるはずなのに俺…あははは。
「落としなよー、落としちゃいなよー」と私の足下からハイジがぁ!!

さて、なんだかんだでさすが成田剣。一見当て馬役かと思いきや、
最後はバッチリ決めてくれました破牙検事。
……正直アニメそのものも面白いんだけど、コレ絶対アフレコ
風景も撮影してくれたら愉快さ三倍だと思う……。
なんかもーこの法廷(?)審議するオッサン達がずっと面白いよ!!
もう大好き!!(笑)

…ハイジが二人を食べるシーン…もしかして
「ベルセルク」のオマージュ??


それにしても「銀魂」はここ一ヶ月の作画が綺麗で素晴らしい!!
同じwjアニメでも、ナルトやDグレ、ブリとはとても比較にならん程
の丁寧なカットと彩色…ファンには嬉しい限りである…vv
……さてさてぇ…。ナリケンの出番終了で一息つく間もなく!!

来週はパパん再登場!!!


どうしてだろう…
ブリーチのブラックヨン様よりずっと、ハゲオヤジの
役のが素敵だよショー・ハヤーミ!!


…泥棒三姉妹も筋肉な王子のも、テーマ曲を聞いただけで
胸ときめく、第三次ベビーブーム世代である…。
さ、今夜は成田剣×千葉進歩のBL CDを聞いて眠りにつこう…。(笑)
by doramamaker | 2008-02-28 23:09

ドラゴノーツレゾナンス「決別・継承せし者」

…えー…「ドラゴノーツ」はですね…。00メイトであるヒロに
「2007年後半期のおススメアニメって何?」って
聞かれて、「GONZOだし小野Dだし良いんでない?」とか
推薦しておいて、自分がサッパリ乗り切れずに終わりに向かって
いる作品であります…。

諏訪部ギオが可哀相過ぎて!!


なんだか観ていていたたまれないんですよ!!
一番好きだったマキナ×アキラは死んじゃうし!!!(号泣)


柿原徹也が好きなんで、余りにも捨て駒過ぎるカズキにも失望。
ストーリー展開も遅いし…苛々し続けておったのですが…
とは言え物語はラストスパート。もう見続けるしかないですな。
なんだか中田譲治とか小野大輔とか杉田智和とか凄い声優を
ちゃんと使いこなしてないよーな気がするのは私だけだろうか…。

ドラマの出来と見事反比例するかのよーに、キャラソンと
声優イベへの力入れは壮絶なもんがあるのになあ…。


宮野真守は00の主役なぞ足下にも及ばない、すんばらしぃ
存在感でございましたぁぁ!!…ホント悪役のが輝いてるぞえ。
日曜深夜ラジオ、成クンの放送聞いてるとドラゴノーツの話題
ばかりなんですが、時々小林ゆうちゃんがゲストで出ます♪

…このままギオが犠牲になって、ジンとトアがハッピーエンドで
終わったらもうどうしよう…。
ああっ、俺はどうしていつも小野大輔キャラが好きになれないんだー!
(まだハルヒ観てないんでそこは謎♪)
by doramamaker | 2008-02-28 01:39

マガジン&サンデー合併!?

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u82B8%u80FD%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

…これ夜のニュースに入って来てビックリしました。
でも胸中「…やっぱりかー」みたいな感じも。
うーん…正直今、毎週毎月買おうって楽しみなマンガ雑誌は私には皆無。
BLだと「YEBISUセレブリティーズ」連載中はビーボーイマガジン
買ってましたが、グランドフィナーレ迎えてしまいましたから…。

雑誌だととにかく定期的にハバ取りますよね。それが
どんどん部屋に堪っていく。余程好きな作品が無い限り
買いませんよね。
とにかく今は「銀魂」もアニメが充分満足させてくれるし、
00にグラハムはいるし、ギアス2もマクロスFも始まるし…。
録画するにもDVDのが全然薄いし。

創刊誌には「コナン」の初期作品も掲載するそうですけど、
漫画離れしている低年齢層のハートをゲット出来るとは
とても思えませんねぇ。
ジャンプの購買数も下がってるんだろうなぁ。
by doramamaker | 2008-02-28 00:32

な、なんだってぇぇほぉあぁーっ!!!

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : IT%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
原油高騰でガンプラ値上げ!!?


ちょーおいおいおい、待ってくれーっ!!と言いたい所だが…
まあ確かにあれも立派に石油製品だよね…。
昨日、デュナメスを購入しようとして、
「いかんいかん!!一仕事終わってからだ!!」
と帰宅。
早くグラハム専用カスタムフラッグのマーク2でもなんでも
出てくんないかなぁ。

…そのうち「ケロロ軍曹」アニメでこのネタやりそう。(笑)
by doramamaker | 2008-02-27 18:36

九號「僕らにまつわるエトセトラ」レビュー。

こちらはBLのレビューになります。



元々、ルチル文庫で大好きだった、榊花月さんの「言葉もなく、花は」
李丘那岐さんの「この愛を喰らえ」の挿絵を担当していた漫画家さんで、
そのラフな中にも繊細な表情を隠し持つ、
独特の画風が大好きだったんですね。

なので、初コミックス発売と聞いて凄く嬉しかったです♪

幼馴染の郁と恵太。
どんな時も一緒で野球を通じ友愛を繋げていた
彼を、突然の交通事故が引き裂く。
自分を庇って後遺症を負った恵太に負い目を
感じて野球をやめた郁。そんな彼に友情以の思慕を抱く郁。

この高校生の物語を中心に、他は不良高校生&一見優等生・実は小悪魔なCPの
切なくナイーブな学校での少し苦い傷のような青春エピソード。
それから繊細な少年の心を捨てられない四十代の男を受けにした
年下一途ワンコ青年攻めのドラマ。
どれも心の描線を冬風の様に捉えた、3つの人間模様で構成された短編集。

一見粗雑に見える線が、男臭さの後ろに見え隠れするデリケートさにピッタリ。
余計な台詞やモノローグは可能な限りカット。無言の中で多弁に語るという
卓越したテクニックを、初コミックスで見せつけたハイレベルな一冊です。
最近ワンパターン化する一方のBLでは特出した新作。

ぜひぜひ、郁と恵太で もう一冊…いえ、シリーズ化して欲しいです。

九號さんのこれからに大期待してます。♪
BL×B.L.TB企画参加
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2008-02-27 16:22

「幕末機関説いろはにほへと」

やっと!!「幕末機関説いろはにほへと」をレンタルの半額デイ
利用して半ばまで観ました!!今日最終の巻を3つ借りる予定です。
ttp://www.irohanihoheto.jp/

前々からたまーるさんから推薦されていたのですが、
「コードギアス」を見終わるのに結構時間が掛かってしまって。
…面白い…さすが高橋良輔作品です!!高橋さんといえば
私はやっぱり「ボトムズ」かなー♪

最近サンライズがまたまた元気になってきた感じですね。
そして浪川大輔も大活躍。主演多いなぁ。
どうしても「テニプリ」の鳳長太郎が印象強いんで、こういう
クールな役が新鮮です。

私は元々熱烈な幕末ファンですんで、今更ながら中村半次郎とか
勝海舟とか出されると、それだけでウハウハなんですけど、

土方歳三には敵わないっ!!


彼があのフロックコートに刀持って出て来ただけで、もう
他のオリジナルキャラクターが霞んでしまうんですよ!!!
しかも声がひーさん(檜山修之)ですからねぇ。
ナレーションが敬愛する津嘉山正種さんというのももうこたえられん!!!
沖田総司にさりげなーく現在人気急上昇中の竹若拓磨さん持って来たり、
(CSIマイアミのデルコ!ドラゴノーツのライナ。ちなみに浪川さんが
デルコの相棒のウルフの吹き替えですね♪)
「北へ」というタイトル見ただけでなんかもう泣けてきますよ。
市村鉄之介が進藤尚美ちゃんなのね…。カガリだ♪

「ピースメーカークロガネ」も幕末話でしたけど、「最遊記」と
同じで、どーしても女性が男ドラマ描くと、なんとなーくキャラが
男らしさに足らない。独特の「哀切」みたいな漢っぽさが、
女性作家だとイマイチ出し切れないんですよね…。

FictionJunction YUUKAのオープニングも、白井貴子の
エンディングも世界観にピッタリ!!
さて、これから最終回観るのがなんとなく怖いようで
楽しみ。
…井上和彦さんはこういうミステリアスで見えない役より
ちょっとワルが入ってるスタイリッシュなキャラのが私は好きかな。
by doramamaker | 2008-02-26 23:16

久しぶりの乙女ロード!(笑)

原稿前に「良し!!大掃除じゃあーっ!!」という相変わらずな
現実逃避病発症。段ボール5つ分程の資源ゴミ他諸々が
出まして、「よし!これを機会に本棚も整理!!」と、もう読まない
同人誌や漫画・小説など、思い切って厄年終了と共にお別れ!!

根本的に私は「きっと探している人がいる」主義ですんで、
綺麗なまま保管してあった同人誌や漫画・小説はリサイクル。
久しぶりに行った乙女ロードでちょっとしたお小遣いになったの
でしたが…その価格以上の買い物したら無意味。

井上和彦声に飢えてたんですよ!!(泣)


「黒の契約者」を時々見返すんですけど、私November11が
大好きなんですね。彼と未咲の関係が良いなーと思って。
根本的にキャリアな乙女が大好物なんで、あーゆー堅い姫が
黒や11とプラトニックな仕事で交差するドラマに目がないんです♪

井上和彦さんといえばまあ今更ですが、私達第二009世代には
「加速装置!!」な島村ジョーで始まり、「FSS」のコーラス三世陛下、
「銀英伝」のダスティン・アッテンボロー提督、
「Zガンダム」ジェリド・メサなど数えきれない名役をこなされてきた
伝説的な声優さんですよね。おっと「キャンディキャンディ」のアンソニーも。

ただ最近の和彦さんといえば、代表的な役柄がカカシ先生とか
「名傍役」続きだったと思うんですよ。
吹き替えの仕事の方が主役が多いですよね。
私は個人的に「コア」のアーロン・エッカード役が大好きで、
それで「幸せのレシビ」を観たら…津田健次郎さんだった♪

それで11の最期とか何回も繰り返して、
「井上和彦欠乏症」になってしまってたんです。


それじゃあ、つーて原作読んだ事無いBLのCDを片っ端から
探しました。こういう時中古屋さんは本当に助かります…。
やはり未読の作品に3000円出費するのはちょっと…。(滝汗)

で、明神翼さんのイラストが派手なシリーズで全部で5枚かな?
「胸さわぎシリーズ」というボーイズラブがCDで発売されてて、
まあこの井上さん演じる金髪ロンゲのモデル攻めが
それはそれは…声だけ聞いてると11に近いんですよ。
ガッツリ一気に3枚購入。(2枚組が一個)…良い買い物しました!!
受け役が鈴木千尋さんだったんですけど、この受けクンが
眼鏡を掛けたツンデレ系優等生・漢受けだったんです。
猫ちゃん受けが駄目な私にとって大当たりな作品でございました…。
ttp://www.cyberphase.jp/cp_label_html/1013.html

他のカップリングでもストーリーが色々展開されてて、
三木×宮田・帝王×櫻井・鈴村×勝平ってな感じです。
ストーリー自体はでろでろに甘いんですけど、和彦さんと
ちーちゃんの演技にはもう脱帽!!
それから…初めてビリグラ同人誌をちょろっと観て来ました!
もう色々発行されてるんですねー。が、頑張らねば…。(大汗)

あと、大分前に発売されたのかな…。伊東健太郎×千葉進歩が
メインで神奈×松野もある「水の記憶」もなかなか。
私、やっぱり年上受けで強い人が大好きみたいです。
イトケンも攻めが良いんで、彼の受けはどーしても駄目みたい。(涙)

ついでに宇多田ヒカルの「HEART STATION」「ケロロ軍曹16」も
購入。他BLマンガで大好きな九號さんの初コミックス
「僕らにまつわるエトセトラ」を購入。買い物三昧してしまいました…あああ。
by doramamaker | 2008-02-25 23:55

グラハム・エーカーと声の人達についてとか。

おはよーございます!東京はまだ強風が吹き付けていて、
花粉が荒れ狂っており、私は恐ろしくて一歩も外出
出来ません…。(汗)ま、今日はジっと静かに過ごします。
関東地方は昨晩はとにかく電車が停まりまくり。
同い年の従姉の三人目のお産が時間の問題なので、
ちょっと落ち着かない日曜日です。

さてさて、23日放送のガンダム00「変革の刃」レビューにて、
実にたくさんの方々が、

フラッグに乗り続けるグラハム
こそが彼らしく、漢だ!!騎士だ!!


と仰っていたのが嬉しくて嬉しくて。色々考えました。
大好きなブロガーさんのレビューを読んで非常に
気になったのが、

もしかしたらアレハンドロ様は何か重大な悪意を持って
ガンダムのGN粒子を世界中にばらまいたのではないか。


という事実でした。

そして、監督・脚本家の寵児であるグラハム・エーカー
ただ一人が、この「ガンダム・ヒステリー」を回避したのには
必ず何かしら、制作側の意図が潜むに違いないと!


私は、このブログで本格的に00をキッカケにしてレビューを
更新するようになってから、なんと言われようとも、

00の主役はグラハムである。


と断言しまくってきました。そしてそれはおそらく、00
終了の瞬間まで絶対に変わらない思いなのですが、
今週のこの展開で、更にその私的な思い込みだった事柄が、
制作側には真実に限りなく近いのではないか、と。

今の所、「ガンダム」という恐ろしい感染ウィルスにどっぷり
なのが刹那。つまり全く一番に目立たない人物ですね。
刹那と比較すれば、ロックオンやアレルヤ、ティエリアの方が
まだそれでも、「地味」と思われても主張場面が多いです。
このアニメはガンダムに乗る人程、活躍出来ないのです。
しかし別段、彼らは「強いマシンならばガンダムでなくとも良い」
と考えているはずですよね。
「最強だからこそ、ガンダムに乗っている」
セルゲイ中佐にしろソーマにしろ、そして来週ガンダムに乗るであろう
コーラサワーも然り。別段強ければなんだって良い訳ですな。

しかしグラハムは違う。以前から彼はガンダムに人一倍執着は
していましたが、それはあくまで「敵側の興味有る存在として」
であって、「自分が乗りたい」という意志は無かったはず。
そして腹心の部下・ハワードの死とその遺言によって、
彼はフラッグを絶対の愛機として魂に結びつけた、言ってしまえば
唯一、「ガンダムウィルス」に感染する確立ゼロな人物に
なったパイロットです。


ここには重大な鍵が有る気がします。


残り5話。最高の技術とセンスを持ちながらも、フラッグの
マシンアドバンテージによって大きい負荷を背負うグラハム。
ですが、カタギリが必ず、第1期のクライマックスに相応しい
機体と、そしてスタッフが「主役グラハムに相応しい見せ場」
をまた用意周到にスタンバイしていると信じてます♪

確かに、世間で言われる意見の通り「00」は地味なガンダムです。
しかし、富野のファースト・Z、ZZ、逆シャア、F91を見続けて
富野の娘として、永野護の熱烈ファンとしてガンダムを追い続けて来た
私にとっては、「ガンダム00」はけしてWやXやターンAに劣る作品
ではないと感じています。

SEEDやDESTINYといった、いわゆる一部の女性をターゲットにした
ガンダムが余りにも派手なイルミネーションに飾られていただけで、
私は絶対に、あの作品達に00は内容的にも、何よりキャラクター的に
劣っているとは全く思っていません。
主題歌もイマイチ合っていないし、主人公とされている4人の政治的
哲学、ソレスタルビーイングのメンバーの過去や思想など、
いまだに全く不透明で退屈なものですが、

その分、グラハム・カタギリ、セルゲイ・ソーマ、コーラサワー、サーシェス
など、色とりどりの強烈な個性の名傍役達が、既に主人公に成り代わり
立派にストーリーとドラマを盛り上げています。
それだけでもう充分、00はエンターテイメント作品として成立しているのです。


最近たまーるさんと、放送終了後すぐに電話で語ってしまうのですが
(ビバ、同機種!笑)
何故、00がこんなにも展開の遅い、「退屈」と言われてしまうアニメ
になってしまったのか。
結論として、「マイスター4人の意向や決意が余りにも見えなさ過ぎ」
「ソレスタルビーイングの面子の考えや過去が全く分からない」
「メイン側のはずの登場人物を使いこなせていない」
「2300年という時代考証に無理が有り過ぎる」

という一点に集約されました。
本来主人公として設定されていた4人よりも、ライバルキャラとして
準備されたユニオン・人革連・AEUそれぞれのエース達が
「ガンダムと戦う」という明確な目的のもと、絶妙なチームワークで
大人の友情や絆を最初から深めていたポイントも非常に
好感度が高かった。

私自身はグラハム・エーカー登場の、まさに00冒頭のシーン
から既に「グラハムが主人公」という視点を変えていないので、
今現在、彼が最高に活躍している名場面を当然のように
実感しつつ見守っています。

…というより、公式でメインキャラが発表された時点で、既に
「いかにも高河キャラ」なマイスターや女性陣に何も魅力を感じられず、
「好きになるのならば、この金髪のエリートエース」と
直感してました♪…運命だと信じてますがv
視聴者様方にも、最期の最期まで、
「やはりグラハム・エーカーは漢を貫き通した!」

と記憶に残される事を疑っていませんので♪

先日20日、グラハム役の中村悠一クンの誕生日を、仲間の
安元くんと神谷さんがお祝いしたそうです。
ご本人、嬉しそうだったそうですよ♪あんげんくんのブログをご覧アレ。
春から秋まで、グラハムに会えないのは本当に辛いです。
心底堪えると思います。でもなんとか乗り越えて、再会にまた
備えて楽しみにしていたいなーと期待する気持ちです。
by doramamaker | 2008-02-24 08:37

ガンダム00.20話沙慈物語序章「変革の刃」感想!

そして始まる、グラハム・エーカーともう一人の真の新主人公、
沙慈・クロスロードの物語…。
は?ガンダムになりたい子と貧乏王女?どなたでしたっけ??
今週いた??…すんまそん、分かりまへんどしたぁぁ!!
ガンダム00.20話沙慈物語序章「変革の刃」感想!_e0057018_310295.jpg

「漢の誓いに、訂正はない」


__________________________________________________

「…参ったでありますなぁ、今週は我が輩達がレビュー担当でありますよ」

「空想野郎さんは春コミ原稿でいよいよグラハム上級大尉
本の締め切りに追われるからね。来週も大尉の出番は無い
みたいだし、申し訳ないけど次は絵無しでも僕たち頑張ろうよ」


「入稿前というのにフォトショップの
調子が悪いっ!!どうすればっ…(号泣)」

「まあなんとか、新しい塗りの方法で乗り切るでござるよ!」

「…ルイスちゃんに続いて、案の定なんだけど絹江さんも…
…これから沙慈クンの物語が00で始まるって感じだよね」
「うーむ。お仕事とはいえ、やはり危険な任務に
ついている以上、知らない男の人の車に乗るなんて
絶対駄目でありますよ!!!!」

「ただ殺しと戦争を愛する為に、他人を道具にして
簡単に始末するなどと…許せん!!」

「全くこれだから正規軍以外の軍人はいかん!!
…だが、グラハム上級大尉の"フラッグ以外では戦わない"という
決意は素晴らしいが、実質問題、どうやって格段にレベルの違う
マシンで対抗するつもりなのだ。確かに彼の腕はフラッグでも
ガンダムに肉薄可能だが、体が持たないのでは余りにも心細いしな」


「部下の魂に誓う、まさに旗…
フラッグの騎士…
アンタ格好良過ぎよ!!」


「まあしょうがねぇだろうなぁ…。あいつの戦闘能力は
間違いなく00じゃ最強だぁ。ガンダムに乗っちまったら、
逆シャアのアムロレベル。監督と脚本家があえてつけた
リミッターってとこかぁ?クーックックック」

「でもさ、カタギリさんが"仕方ないなぁ"って微笑んだ時、
ボクは何かあるんじゃないかって感じたんだけど。
もしかしたら教授と一緒にもう何か作ってあったのかも。
少なくともこのままフラッグがカスタマイズされないはずないよ。
…でもグラハムさん以外のフラッグ・ファイターはガンダムに
乗るかもしれないよね」

「それにグラハム機をカスタムしないと、何より
ガンプラの購買力に影響が!!BAN○AIさんお願いーっ!!」


「しかし注目すべきはアレハンドロ殿とリボンズ度の動向。
そしてトリニティ兄妹に接触した留美殿の意向」

「ちょっと、あの子何様ぁ!!?世直しするなら方法問わず
なんて、所詮富豪に庶民の気持ちなんか…!!」

「ただ留美について控えているだけの紅龍の胸中も謎だ。
アレハンドロとリボンズ、そして王留美と紅龍。この4人の
関係は似て、しかし全く共通していないところもあるな」

「軍には助けて頂きました。出来る限り、
恩返しはさせて頂きたい所存です…ってまんまララァじゃあん!!」

「そういえば、先週もララァ少尉とほとんど同じ台詞
言ってたもんね。やっぱりラスボスってこと??」



「やっぱ、目立たない主役4人よりも、どんな悪逆非道
だろーが、キャラとして兄妹組、サーシェス、監視者コンビ
が黒く輝いてる感じってとこかい?」

「うーん、人道的には酷いけど、やっぱりキャラクターが
立っているって意味では00は悪役が活き活きしてるよね。
今週もアレルヤさんなんか全然影が薄かった…」

「声がよっちんなのにぃ!!…でもワリ。ぶっちゃけ言って良い?」

わ、我が輩…正直
最近絶望ティエリンが
き、キモイであります。

ファンの人、ゴメンであります…。


「…ウ、ウチもわざわざ兄貴が電話してきた…。
あれは俺も駄目だ…すまん…」

「も、申し訳ない…実は拙者も…絶望先生を
レンタルで一気にみたせいも…ある…かなぁ」

「あはは…実はボクもなんだけど…。姉ちゃんが言ってたんだけど
デレの粋に入ったらなんか凄く違和感覚えちゃって。
最初のプライド高そうな雰囲気のが良かったって。
今回、アレルヤさんにさえ変わったって気がつかれたし」

「"僕"モードだったしな…」

「突然、"私"モード入ったら、仲間どーすんだろーな
クーックックック!!」


「……(汗)」


「ソ、ソーマさんが可愛かったね!!」

「うむ。早く彼女にはファンネル装備のマシンを
あげたいでありますな。しかし人革連のGN MSはダサイわ!
あれなんとかしてほしいーっ!!」

「そのうちきちんとソーマ殿様のデザインが出来るはずでござる」

「俺には…娘を戦いに出したく無いという中佐の
気持ちがよく分かるぜ…だが今週最強の役者はこいつだ!!」

「少尉、今、世界はこんな状況だが、それについて
何か思うところは無いのか?」


「はい!無いです!!」


(全員)「……………………」

「や、その…次回はコーラサワーさん大活躍かな!!」

「世界平和を守ったって、てめぇの幸せ守れないんじゃ
無意味だっつー見上げた根性してやがるぜぇ。
なかなか大物じゃねぇかよぉ…気に入ったぜぇ」

「カティ大佐殿の美しい髪が印象的でござったな」

「ま、貴公子の出番が少ないんじゃ、ここのレビューは
こんなもんよね。あー、早くカスタムフラッグマーク2でも
グラハム専用ガンダムでも出して欲しいでありますよー。
もうガンプラストックが無くなってしまったで有ります」

「それじゃあ、また来週!…あ、僕たちの映画もヨロシクね♪」

「さあ、侵略、もとい原稿だぁ!!ちゃきちゃきやれい!!」

「うえーん、やっぱそこぉ?」


現在・このブログ00レビューラブ度数。
1.グラハム・エーカー…無限大。
2.ビリー・カタギリ…女難の相有りだが、今はとても心強い相棒。
3.ソーマ・ピーリス…ヒロインは貴女しかいない!!
4.パトリック・コーラサワー…そのままの君が好き!!!
5.セルゲイ・スミノルフ…上司に欲しい男性ナンバ−1。
6.カティ・マネキン…髪の毛でぐっと来た!!
7.リボンズ・アルマーク…ララァの台詞を語るアムロ。
8.アレルヤ・ハプティズム…早く「シンデレラ・ソーマ」して下さい。

まあこんな感じでこれからもヨロシク…♪
by doramamaker | 2008-02-23 23:06