人気ブログランキング |

<   2007年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

大興奮の一日だったり。

いや…もう…なんだかな。昨日のすっげぇアマテラス陛下からの
贈り物(なんか自分自身でもよく分かんねぇ…)が凄くて
従妹やら友達に携帯周回したらレスたくさんきてくれて、
久しぶりにメルやり取りした相手もいたりしてくれて
凄ぇ嬉しかったり…あはははははは。←坂本風に。by銀魂

って気がついたら6月だよ!!銀さん!!


ちょっ…待って!プレイバックプレイバック!!(百恵)
ヤバいよー、もう夏コミの合否来るじゃん…。
もうもうもうもう俺は…っ…なんか手につけなきゃいけないものが
ずらりと並んでいるのに…どれも中途半端で全然駄目だよ…。
これからどんどん暑くウザイ季節になるってのにさーあ!!
どうしようだよ神楽ー!新八ぃーっ!!←杉田声

そして「ロミオ×ジュリエット」の無料配信が窓でしか
見られないという事実に「幕之内一歩の強烈なガゼルパーンチ!!」
…そして「最新のフラッシュをDLして下さい」との表示に
従ってやってみたら…今度は今迄観られてたフラッシュサイトが
表示されなくなったーっ!!!

きわめつけ。

父の形見のFMVデスクトップのアダプター…引っ越し業者に
無くされた…。


同、形見のノートPCも何故か光接続は出来るのに、
ブラウザが表示されない。

……やはり人生とは、プラスマイナス引き換えゼロのようであった…。

ああーっだから嫌いなんだよゲイツっ!!(ガン種のMSにあらず)
by doramamaker | 2007-05-31 23:07

信じられないモノが当選…(^^;)

e0057018_22592976.jpg

徳間のBL誌キャラのアンケートハガキでなんと…

iPOD-2GBが当たりました…(嬉汗)

何百通WJに出しても引っ掛からない時ばかりだったのに…。
やはり林檎の神様が「私を使え~」つーてんのか!?
…初めて買ったシャレードでもドラマCDが特典付きで当選したし
初買いに徳が有るのか、厄年が終わったから!?
by doramamaker | 2007-05-30 22:59

GONZOのロミオ×ジュリエット!!

た、大変だーあ。たまーるさんに「今期はアニメ全然外れ」とか
言うてたんだけど、身内にも布教メール回さんとなあ。

ロミオ×ジュリエット…


tp://anime.goo.ne.jp/special/gonzo/romejuli/
あ、これ音声が出るサイトなんでボリューム注意!
すっごい綺麗な歌で思わず涙が出そうになります。

まずこのタイトル、すぐ思い出すのは
ディカプリオ×クレア・デーンズのハリウッド映画ですよね。
…クレア今頃何してるんだろ…。泣女優やめちやったのかな。
イェール大学出身だから弁護士とか実業家やってても不思議じゃないけど。

金曜日の深夜ですね。「黒の契約者」というボンズアニメ…
音楽は菅野よう子担当!!…ああまた出費が…。

こちらのすぐ後に放送してるんですけど、先日HDDに録画してみたんですよ。
私は標準でしか録画しないんですけど…大当たり!!良かったー。

さすがGONZOの文学モノ…!!


「巌窟王」といい、あそこって文学モノのリメイクの方が面白いんじゃ!?
さすがGONZO、ただの悲劇恋愛物語ではありません!!
革命劇の情熱的な、美しく残酷なそれでいて荘厳な素晴らしいドラマでした。
私は偶然、ジュリエットとその従兄で後にロミオと殺し合うティボルト
登場の7話から見たのですが…

7000円でもDVD買っても損ナイ(3話入り)


って感じましたからね!!!
ttp://www.mangazoo.jp/sakuhin/romejuli/interview/index.html
ケロロ軍曹を担当してる追崎史敏さん監督で、原田大基さんがキャラデザ。
「ふしぎ星のふたご姫」やってた人で、ハガレンも時々描いてたのかな。
プロフィールが余り詳しく出てないンす。
……最初見た時なんとなく「キングゲイナー??」とか思った!!
公式HPで無料配信中!!!


6/2から16日まではなんと1話から無料配信するそうなんでぜひ見て欲しいっ!
「ウテナ」とか好きな人にはたまらんな。でもピーパパス色は全く無い、
正統派アニメ演出。でも所々のドラマティックさが鳥肌立つ程凄いです。

まずジュリエットの実家で名門キャピレット家が、腹黒大物の
モンタギューに滅亡させられて墓からも名前を削ぎ落とされるという
悲劇から物語が始まります。
ただ一人の正当な血筋を引く生き残り、ジュリエットだけが生き残り、
臣下の手引きで脱出。幼くして両親を殺された彼女は以来
男子として育てられ、剣術を仕込まれて髪もヘアピースの中に
隠し、短髪の美少年として成長する。(このカツラがすっごい不思議)
…私、ショートカットの彼女のが可愛くて好きですね。

ところが16歳になったジュリエットは、圧政を如くモンタギューの
一人息子ロミオと運命的に巡り会う。
二人は一目で恋に落ちてしまうが、自身の出生を初めて知らされた
ジュリエットはロミオに一方的に拒絶の言葉をつきつける。

さすがゴンゾだなと思うのは、モンタギューがすっごい悪い大公で
妻にさえも見放されて、ロミオのお母さん(久川綾)は修道院で
暮らしてます。ロミオも父親とは犬猿の仲で、いつも心配して
民を見守ってるんですね。
苦しい生活に国民も虐げられてて、それで「革命を起こそうっ!」
って若者達がジュリエットの元へ集まる。
ただの私怨じゃないのが良い。
「赤い疾風」という正義の仮面男が時々街の民を救うんですけど、
これにジュリエットが化けて、二人の最初の出会いは戦いから始まるんです。
ロミオとジュリエットが剣を弾かせて戦うなんて、凄いっしょ!?


や。もうとにかく私のツボを知り尽くしている人には
「ああアスランとカガリみたいだよねー」とか絶対言われると思うけどさ!
…ロミオのがへたれ坊ちゃんで、苦労して育ったジュリエットのが
ずっと強いってのも惹かれるんだよなぁ。

置鮎がティボルト。…久しぶりに格好良い役だぁ!


いつも影となり従妹ジュリエットを見守る彼ですが、
当然ロミオと命がけで戦う宿敵になります。
他にジュリエットの心強い味方でキャピレットの臣下がいますが
イケ面揃い。……私最近ちゃんと野島兄弟の声分かるようになった!
それから、シェイクスピア役で井上和彦さん出てます。
…オカマだけどね…。ナレーションは超素敵!!

ともあれまずオープニングの美しさだけで
「ああ久しぶりに良いもんも見せてもらった…!!」って感じました。
……二人のラストシーンはどうなるのかな……。
なんか、年若い純粋な二人が、ただ愛し合うだけなのに、大人の事情や
出生に滅茶苦茶にされて苦悩するのがとても可哀相。
「ガラスの艦隊」に続いて革命ものですね、ゴンゾ。
そしてやっぱり男装の麗人というのはいつでも萠えです。
…だって少年のジュリエットって格好良いんだもん。観てね♪
by doramamaker | 2007-05-29 00:21

最後のテロリスト2!!

ラステロ2が出ましたーっ!!!




か、かなり焦ったのが、「5/29発売」って初期情報をずっとアテにして
確認しなかったンスね。ところが発売日って変わるもんなんですよ。
谷崎泉さんの公式日記を読んで「…まさかもう出てる?」って分かったのが
土曜日の深夜かな。
日曜日に速攻ジュンク堂に電話。
「はい。昨日発売になって並べてあります」


ぎゃーっ!!もー…たった一冊の為に出かけましたよ。
でもま、私が本屋に行って一冊買い物で済むワケが無い。
もう一冊、以前「Dont worry mama」で「…これ面白い」
ってBL書いてらした木原さんの新装丁版「WEED」も購入。
木原音瀬さんのBLってとにかく設定が新鮮でまず楽しいんです。
文章も流麗で、どんどん読み進んじゃう感じ。
ビブロスからリブレ出版になったので、どんどん新装版が出て
遅いBLデビューの私にはありがたい限りなんですけど、
前のを持っている方はちよっと困りますよね。
…私もFSS2巻がファティマ全設定発表付きで出た時は…
ちょっと頭キタ・笑。けど買った!ちくしょう永野!!

で…はーい長くなりましたが

「最後のテロリスト2・鼓動」
谷崎泉作・シバタフミアキ画
ttp://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0263659

ブルーの背景・頭に銃を向けてにやりと笑う蓮が超絶素敵です。
前回はレッドの背景で威士のカバーだったんですが、
今回は「冷徹な男・蓮」が主人公であります。

京都の義兄弟・威士とその年上の恋人で蓮にとっても義姉兄の
ような優しい存在凪と離れ、東京の警視庁幹部唐沢宅で
優秀な大学生として生活するようになった蓮。
礼儀正しく物静かな彼が、まさか小学生の頃から凶悪な犯罪者だと
見知る者は誰もいない。
一見普通の家…だが異常行動に時々取り憑かれる義母と、どうにも
彼女を制止出来ない夫。二人の間にいたはずの大学生の行方不明のままの
本当の息子。
おそらくは、母親が実の息子を殺したであろう歪んだ家の中で
「善良な一大学生」を演じ続ける生活に、蓮は疲れ始めていた。
双璧で片割れでも有る威士と離れ、唯一安らぎをきれる凪もいない東京。

しかし、ある時「錬金術師」の異名を持つ謎の故買屋「セキ」の名前を知り、
それから蓮の日常がくすぶっていた炎を再び覚醒させる。
ヤクザ嫌いでヤク嫌い。ヤバい仕事に携わってもけしてその影も見せず
誰もその本名も顔も知らない「セキ」は、ありとあらゆるネットワークを駆使し
闇にまぎれたまま若者達のカリスマとして裏社会に密やかに君臨していた。

京都の組のツテを使い入念にセキを追いつめる蓮。
赤外線カメラに映された目立たない小柄な痩身の青年に一目で釘付けになる。

大胆にも蓮はセキが裏で運営する闇カジノに潜入。
部下が蓮に大金で敗した結果、ついに「セキ」がその姿を現した!!
鬼才的な蓮の頭脳戦に苦戦をしいられ、とうとう隠れ家を突き止められ
押し倒され縛り上げられるセキ。

「…本名を教えろよ…」

自分と同じ匂いのする人種であるが故か、まるで
運命の相手と巡り会ったように、生まれて始めての興奮が蓮を包む。

「……石橋、真冬…」

それは一言で彼に相応しいと思える、蓮が愛してしまう程彼に
似合う美しい名前だった。

むしろ乱暴にした方が良いと思える程、甘やかな体で真冬を
翻弄した蓮。そんな彼を「セキ」こと真冬も無視せずにはいられない
状況に。
真冬を離したく無い、屈服させて憎まれながらも支配したいという
強烈な欲求を覚える蓮。
だが、彼の元へ「中国へ渡れ」という命令が。

「…一緒に来ないか…」

その蓮の呟きは真冬には届かず、4年の月日が経過。
威士は30歳になっていた。
そこへ飛び込む氷川の伯父殺害の訃報と、蓮負傷の知らせが…!!!

どどどどーなっちゃうのーっ!!


ってなもうもう怒濤の展開で次です。次回6月発売の3巻「セキ」編で
「ラステロ」も完結なんですよー…寂しいなぁ、あああ。
谷崎さんもしばらく休筆なさるそうです。
なんせ大量に彼女はシャレードで大シリーズを書き上げてきましたからね。
リフレッシュ休暇かな…。
また同人誌で番外編出してくれないかな。…なんて終わる前からもう言ってるし!!

威士って、恋人である凪に「膝枕してくれ」って甘えるんですよ。
そんで二人の間には性格的にも境遇的にも全く共通点が無い。
意地っぱりなガキ大将がそのまんま190の大男になっちゃったのが威士で、
実は芯の強いしとやかな美人の年上、凪と時々喧嘩しては蓮に
「早く謝らないと捨てられるぞ」なんて脅かされて内心ビクビクしたりすんですが
…蓮は…威士とは本当に正反対。

運命の相手に安らぎを求めない。そんな存在より自分を憎んで
憎んででも離れられない似た者同士な影の有る真冬が好きなわけです。
威士×凪とは対照的なカップルですよ。
ただ真冬もやはり自分と似た匂いを感じるらしく、いけないと分かってるのに
恐ろしい蓮につい近づいていってしまう。

全く本当に猛毒を持った黒い華みたいな男ですよ蓮は。
このストーリー、2年とか4年とか時間軸が凄く早く展開するんですけど、
最初見た時の痩身の少年が、こんなに逞しい男に成長したんだなって
シバタさんの絵で感じました。
真冬はまた凪とはひと味違った美人さん。「不幸」が美しい獣になった感じかな。

1の内表紙は穏やかな微笑む凪のカラー、2は予測通りセキこと真冬。
……3巻の表紙はやっぱ彼なのかな。となると内表紙は誰だろ…。

これやっぱりドラマCD化して欲しいなー。
理想としては羽田野くんが威士、凪が野島健児、蓮が小野大輔、真冬が神谷浩史。
by doramamaker | 2007-05-28 00:30

仮面ラ○ダー!

某mさんから情報を頂き(いつも超絶熱いメールありがとう!!)
仮面ライダーをまともに3年振り…かな、見始めました。
というのも、主役の男の子(まんまブリーチの花太郎!!声も似てる…)
がそれぞれ4人の存在に体を貸して、それぞれの特質を活かして
戦うって設定なんですけど…その声がですね。

一人の熱血が関俊彦さん
女ったらしっぽいのが遊佐浩二さん、
関西弁のおっさんぽい方が…
すみません余りよく知らない方!!


そしてそして…一番腹黒なもろ沖田!!ってのが鈴村健一なんですよ!!!


脚本が小林靖子女史なんですけど、な、なんかモロにBLラブファン層を
取り込もうとしてるんじゃないかって感じで
今回の敵役も檜山さんだし…どーなってんじゃー!!?みたいな。
HDDに録画して観てます。
それからこの30分前の戦隊モノには、かりん様(まんま猫の師匠・永井一郎さん)
その上コウモリの師匠のシャ…池田秀一がキャスティング出演。
これって…ガンダムとドラゴンボール観てないとイマイチ
ぴんとこないんでしょうけど…。笑

はー、懐かしい。私も一時特撮でガンガン本出してサイト運営してました。
あの時は若かったなあ。そんな前じゃなくてつい3年程度以前ですけど、
凄く遠い過去のように感じますね。活動期間が一年しかなかったし。

子供の頃からライダーと戦隊とウルトラマンは結構観てたんですよ。
ところが「サイボーグ009」(井上和彦ジョー)と「銀河鉄道999」と
「機動戦士ガンダム」にどっぷりクビまで浸かった頃にはすっかり
卒業してました。
「頭文字D」でネットを通じて多くの友達と地方の距離を感じずに
交友するくらいになった…2001年だったかな。
ちょーど札幌のさっこちゃんと東京の大丸…もう潰れてしまいましたが
大好きだったパエリアの専門店で初めて会った頃、
彼女が「仮面ライダークウガってもうすっごく面白い!!」
つーて、札幌から一年に3,4回上京してきてはイベント参加したり
同人誌買い漁ってたんですね。
当時オダジョと葛山君参加の生イベントのチケットはプラチナと
呼ばれておりました。会場は若いママと20代の女性の黄色の悲鳴の嵐。

でもちょっと観て「ああ確かにこれは面白いわ」と当時から
感じてました。この頃からライダー世界っていうのが
凄くシリアスなドラマに、綿密な脚本で描かれるようになったんですね。
オダギリジョーとか要潤とか、戦隊モノでは玉山鉄二とかが
どんどんブレイクして世間に羽ばたいていったのですが。

私はちょーど、「龍騎」の放送からドカーンといった派で、
ハマるのは大分遅れて残念だったんですけど、龍騎と同時放送だった
「ハリケンジャー」にもう夢中。でもスカイシアターに行く
友達も勇気も無かったなー。もうね、若いお母さんが朝一から並ぶんですよあれ。
とても初心者な私には無理でしてね。
でも当時特撮の友人…ほとんどが若いママでしたが、ありがたくも
スカイシアターホームビデオで録画してわざわざ送ってくれたり
俳優さんが出た特番をダビンクしてくれたりしたんです。
…でも龍騎とその後の「555・ファイズ」があんまりにも私の中で
衝撃的な作品で、涙溢れるラストだったので、
「響鬼」から観られなくなっちやったんですよ。
なんていうか、心情的に卒業出来なかったんですね。

日曜日の特撮モノって毎年、1月末に終了して、翌週からすぐ
新しいシリーズが始まるんです。
心の整理がつかないうちに「はい次っ!!悲しんでる暇はないのよ!!」って
言われてるような気がして。
後は…やっぱり特撮ものって色々規制が厳しくて。
どんなに作品が凄くても大っぴらに同人誌活動が出来ない。
ディ○ニーとかハリポタとか指輪とかSWもそうなんですよね。
ずっとジャンプとサンライズで本出してきた私には耐えられなかった。

さっこちゃんは、テニミュメンバーが出てるってコトで
去年のライダーにまたまた夢中だったんですけど、
私はまだ「龍騎」「555」の傷跡が癒えてなかったんですよねー。

でもなんか今年のライダーは明るいストーリーみたいなんで
大丈夫かなって感じ。何しろ大好きな声優さんてんこ盛りですからねvv
ああ、でもホントに「龍騎」と「555」は色々な人に観て欲しいな。
放送周期が一年間なんでビデオ化し出すするのもなかなか大変だし
「レンタルで観てね」って言うのも気が引けるんですけど…。
この二つは世界に発表しても何の遜色もない、ハリウッドのアメコミ実写版
にだって絶対に負けない素晴らしいドラマです!!
by doramamaker | 2007-05-27 00:58

東地宏樹りんのお誕生日~(^-^)

e0057018_23492278.jpg

「アイロボット」でウィル・スミスが東地の吹き替えだし、
カード出したし東地デイでした!

自分の誕生日に自身の吹き替え映画が初放送されるなんて素晴らしいな~♪
今日も全国的に暑い初夏みたいですが、今東京の夜風が気持ち良い~!
ずっとこんな季節なら…!!(涙)

新マルビルは大したコト無かったけど、丸善の喫茶店はまた行きたいな♪
ミモザとカシスが有るし、心置かない相手とのんびり飲みたいです(^-^)

「プレステージ」…ヒュー主演だし行きたいけど…どーしよ~(汗)
by doramamaker | 2007-05-26 23:49

空知先生のお誕生日ーっ。

アニメで「一日早いけど、空知先生おめでとうございます」
ってテロップが流れて慌てて「おめでとうございます」な
ハガキを出したんですが、笑
なんせ先生相手ですからね。正直に「アニメしか観てません」とか
書いちゃいましたよ。あはははははは←坂本風・三木声。

あ、でもちゃんと言い訳しましたからね。
「もう最近のジャンプにはとてもついていけません。
C翼→S矢→幽白→スラムダンク→封神演義→ヒカ碁→遊戯王→テニプリ→銀魂
(…あれブリーチ外した…。汗笑)
と、中学生の頃から育ててくれた雑誌ですが、銀魂だけの為に
毎週出費出来ないし、置く場所もありません」とかって。
…先生きっと担当の人に見せるだろうなー。
だけどどうして駄目になってしまったのか、編集部も分かってないと思うけど。

「だけど、父の入院中になんとか元気で過ごせたのは
銀魂アニメのお陰です」

これホント。
by doramamaker | 2007-05-25 00:13

キタ~!!v(^^)v

e0057018_1175211.jpg

「エス」完結記念応募者全員プレゼント小冊子が来ました!

奈良千春さんの宗近×椎葉漫画が有るんです~!夢のようだ!!

英田サキさんの「エス」シリーズ4冊は、私が人生で初めて夢中になった
オリジナルBLの筆頭作品!この素晴らしい物語と出会えたお陰で
他の様々なドラマや作家様、漫画家さんと巡り合えたんです。

宗近と椎葉とサヨナラするのは引き裂かれるように寂しいけど、
二人はようやく幸せになれたのだし、何よりまだまだ
ドラマCDは発売されます。
また、神谷浩史という実力派声優と出会えたコトも
心から感謝したいと思います。ありがとう宗近&椎葉!!(*^_^*)
by doramamaker | 2007-05-24 11:07

ラステロ待望の2巻!

…いえ、まだ発売前ですけどね。
「最後のテロリスト・2」

ttp://books.yahoo.co.jp/book_detail/r0263659

既に原作者の谷崎さんのブログにはカバーイラストの見本が掲載されています。
ttp://i-tanizaki.jugem.jp/?day=20070523
ttp://charade.futami.co.jp/book.php?isbn=9784576070865
蓮…最高に格好良い…。クラリ


そういえばシバタさんはかつて「メロウリンク」の同人誌を出されていたような。
こういう男の色艶描かせるともうたまりまへんね!!!
どうも私はなよなよなボーイズラブ絵は中学生の頃くらいから駄目で、
坂本ミキさんとか四谷シモーヌさんとか、ちゃんと
「男性を男性として描く」方に憧れて育ったみたいです。

そしてこの、この2巻の内容を見て…もう…気絶寸前っ!!

警視庁キャリアの令息として怠惰な日々に息をつまらせていた蓮。
そんな彼の元に、クスリにも極道にも関わらない謎の「セキ」
の情報が入り込む。
正体を暴くべく執拗に追う蓮の前に現れたセキは、蓮の
眠っていた激情を激しく突き動かす人物だった!
獲物の肉体を奪い心を支配する蓮の、本性が今語られる!!


……ああっ。もうどうしよ。藤崎こうさんの最新刊と同じ
5/29発売日でっせ!!あー、きっと朝一でジュンク堂に行ってる気がする。
25日には「龍を買う男」シリーズの新刊と、ラヴァーズ文庫の三周年記念
アンソロが出るんですよー。奈良さんのイラスト満載っ!!うきゃーっ。
5月末はホントに怒濤のラインナッブだな。
ちなみに7月には奈良さん挿絵・カラー表紙の新刊が控えてます。

前回は京都の嵐山や天王山の美しい背景が描かれてましたが、
今回は舞台が東京、しかも主役が蓮…。もうドキワクっすよ!!!

「蓮」って名前にはもう一つ、胸を掻きむしられる記憶があって。
…秋山蓮、という人が数年前「仮面ライダー龍騎」のもう一人の主役で、
なんとも哀しい、そして不器用な優しさを持つ男性だったんですよ。
で、シバタさんの挿絵の蓮が、当時秋山を演じていた松田悟志君の
ツンツン頭と同じで、なんか懐かしい切なさを覚えてしまって。

「龍騎」は小林靖子さんの脚本の実力がいかに逸脱しているか
突きつけられる作品です。ぜひDVDで観て頂きたいな。
井上敏樹脚本のホモちっくさも良いんですけどね。笑
私「555」1万人エキストラに参加したくらい好きだったから。

蓮がね、養子に入った夫婦がとにかく…こう…生理的に気持ち悪いんスよ。
特に奥さん。刃物が持てなくてレトルト食品ばっか食卓に並べて
平然と微笑む女なんですけど…。蓮だから耐えられるんだろうなって
考えるとそれもまた哀しい。
息子が行方不明って事情もなんかその奥さんにある気がする。
暖かい菅生の親父さん、威士と凪と引き離されて本当は寂しいだろうに、
自分自身の感情もよく分からない様にしているんでしょうね。

ああ、でも蓮が獣に変わってしまう、つか
本性を暴いてしまうセキってどんな人!?
「薔薇色の罠」でマスター磯谷の恋人がどんな人なのか
想像していた興奮再び!!
私って完結してから全巻読むってパターンが続いたんで、
こういう期待感って本当にご無沙汰なんですよ。早く読みたいよーん。
1の口絵カラーが凪だったんで、きっと2のそれはセキだな♪

ttp://i-tanizaki.jugem.jp/?mode=comment&act=captcha
…昔の同人誌の加筆を大幅に加えた作品だったんですね!!
だから4,5,6月と続けて出せるシリーズになってるんだ…。
しかし15年の月日を描いたBLって私初めて読む。
……大人になった威士と蓮と凪か…。もう我慢出来ないよぉ。泣
by doramamaker | 2007-05-23 00:14

最後のテロリスト!!



ひっさしぶりのBLレビューになりますけど、これはほんっと!!
衝撃的な作品だったんで、ぜひ紹介させて下さいね。

「最後のテロリスト1」谷崎泉・挿絵シバタフミアキ

ttp://books.yahoo.co.jp/book_detail/31856423

母に「元気出してさ、東京駅の丸善にでも行かない?」って
誘われて、そうだな気分転換も必要だよなと出かけました。
晴天の後の夕焼けが綺麗で、風も爽やか!久しぶりの丸の内!!
丸善は吹き抜けの近代建築が本当に美しい建物で、頭がスッキリ。
…でもやっぱり在庫量はジュンク堂には敵わないんだなあ…。

正直、一番欲しかったのがこの本「百日の薔薇」コミックス1,2。
ttp://books.yahoo.co.jp/book_search/book?target=2&os=1&p=%C9%B4%C6%FC%A4%CE%E9%AC%E9%AF
ドラマCDも井上×千葉進歩でとても評価が高くて読みたかった!!
でも人気シリーズなのに売り切れてて無い!ジュンク堂だとあり得ないッス。

で、このまま手ぶらで帰るのは寂し過ぎる…ちゅーてフラフラ…。
んんっ!?格好良いカバー絵だな…。ええっ!!?
「シバタフミアキ!?って柴田文明さん!!?」


懐かしい…C翼で初めて同人誌読み始めた頃、友人が夢中になってた
漫画描きさんです。まさかまさかの再会。
しかもレベルの高い作品揃いのシャレードノベル!!
うっわ、もう買うしかない!!!カバーしてもらって電車でぱらり…。

凄いよ…。こんなにガツンときたのって…「エス」以来かも…。


まずこのお話、極道モノですけど、パターン定型BL893ものとは
違います。主人公は3人って時点でもう「上手だなー」って思う。
この第一作目の主人公は菅生威士、18歳。
ヤクザの金庫番と呼ばれる極道専門のやり手実業家の一人息子。
母親は彼が幼くして他界。顔も覚えていない存在。
威士は190を越える大男で、野生味も溢れる熱血な青年、
自分の正義を貫く頑固さと、周囲を惹き付ける不思議なカリスマ性の持ち主。

この威士が、有る時弱者を庇って金持ちの大学生を殴った事件から、
少年院に入れられて高校を中退。将来を見失ってしまいます。
ところが、菅生と義兄弟ともいえる関西大手の興津組のキレ者若頭、
氷川が彼を実の弟・甥のように目をかけていたことから、
組に入る様に誘われ、迷う。

そんな時、突然。唯一頭の上がらない氷川の伯父から
「ある男の看病を病院でするように」と命令される威士。
気の進まないままに病室に入った瞬間、年下の怜悧な少年に
ナイフを向けられる。
これが菅生威士と、後に彼の義理の弟となる蓮の運命的邂逅である。

15歳にして一流の暗殺テクニックを持っていた蓮は、
とある事件のせいで頭の中にいつ大出血するか分からない傷を負い、
氷川の手ごまとして菅生の養子に向かい入れられる。
やがては組を任せるつもりの、威士の右腕とするべく氷川の
未来計画に、若い二人は乗るしかなかった。

猛々しい太陽が威士ならば、冷徹静穏な月が蓮。
余りにも正反対の性格から最初は反目し合う二人は、やがて
阿吽の呼吸で背中を預け合う双璧に成長していく。

連の病院、京都の満開の桜の季節。威士にはもう一つ、宿命の出会いが。

2つ年上の、優しい物腰と美しい童顔の京大生・遠野凪。
彼と一目で惹かれ合った威士は、まさか凪が興津組と敵対する派閥を
支援する政治家の息子とは知らず、どうしょうもない程に心を奪われる。

「凪、俺のものにならへんか」

一世一代の告白は、自身の出自を隠し、病弱な母と隠れる様に
二人だけの世界で生きて来た凪には嬉しくも、重い一言だった。

凪に失恋して三年。菅生の養子となり義兄弟として信頼を置くようになった
威士と蓮は、大学院に進学していた凪と再会する。
そして興津組の動きから、威士は凪が自らの敵対側にいると知り、
衝撃を受ける。
しかし「俺が凪を守る。組も何も関係あらへん」と氷川の伯父も実の父親も
振り切った威士には、やはり蓮が影のように付き従っていた。
常に氷川に「威士の盾となり、刃となれ」
「威士の代わりに汚い仕事は全て始末しろ」と命令され、また
蓮自身、義理としても父兄として接してくれる威士親子には
絶大な信頼を寄せていた。

だが、威士と凪が三年越しにぎこちなく結ばれた直後、
凪は敵対勢力に拉致され、辱めを受けて国道に捨てられる。
病院で復讐に燃える威士をいさめる凪。
…そして、数日後。凪を乱暴した主犯格の男達は姿を消した。

「…おまえの仕業やな」

蓮が威士に知られず氷川の命を受け、凪の復讐を果たしたのだ。

「凪に、興津のトップに立て言われた」
「どういう意味だ」
「同じ復讐の仕方じゃ意味ない。どうせなら頂点に立てって」
「…あの人は、綺麗な顔で厳しいことを言う人だな」
「蓮、二人でトップに立たへんか」

二年後。威士の影の参謀として弁護士資格を取るべく、大検を取得、
東京の大学に進学することになった蓮に、氷川が奇妙な指令を下す。
警視庁のキャリアに身を置く男の養子となって関東へ行け。

蓮は従い、不気味な雰囲気を匂わせる、謎多い夫婦の息子として
東京での生活を始める。

また桜の季節が巡り、大学合格の祝いで威士と凪が京都からやって来た。
蓮の中で既に二人は誰よりも強い絆で結ばれた「家族」だ。
威士とは喧嘩相手、凪には不思議な照れを感じる。

新たなる季節、三人の物語は更なる佳境を向かえる…。

ってな物語であります!!

とにかくですね、谷崎泉さんの作品はご自身もおっしやってる通り
登場人物が多いんですね。
でも氷川の伯父貴を始め、菅生の親父さん、そして組関係の
おっちゃん達が若者を見守ってて…ああ大人なんだなって。
やっぱりどんなに体が大きくても威士も蓮もまだまだ
大切な人を護り切るには力が足らない。そして苦しんでる。

シャレードから出されている彼女の有名なシリーズに
「しあわせにできる」全12巻があるんですけど、どうにも冊数多過ぎて、
すぐ入手出来ないんです。サラリーマンものにちょっと
疲れたかな…というのもあったんですけど。

とにかく文章の丁寧な表現力。無言の台詞回し、それから
ワンパターンになりがちな濡れ場の新しい言葉回しに
驚かされました。
幼い頃から女を抱き捨ててきた威士が初めて凪と肌を重ねるシーン、
まるで荘厳な儀式のように語られているんですよ。
威士がとにかく凪の前では純真な少年に戻ってしまうんですね。
これは連も同じで、東京で再会した時、蓮が凪相手だと
「その極上の笑顔に戸惑う」「照れがある」
「ついぶっきらぼうな言い方しか出来なくなる」みたいに、
三人の中心にいつも凪がいて、完全なトライアングルを作っている。

威士と凪は、姉さん女房的な、もう熟年夫婦の粋になってしまって
ああどうか二人に幸福が訪れます様に、と祈るばかりなのですが、
…一番心配なのは蓮なんですよ…。
なんせ自分自身「捨て身のコマ」「俺には時間が無い」って
おいおいー、20歳にしてもう死を覚悟しているのか…みたいな。

そして!!近日発売の2巻は…東京で「エリート子息」の仮面を被って
大学生生活を送る蓮の物語!!!
うぁぁぁーっ!!もうもうなんか我慢出来ませんっ。早く読まないと
どうにかなっちゃいそーっ!!
…ってなコトで次の日記も「ラステロ」について!!笑
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
by doramamaker | 2007-05-22 00:16