人気ブログランキング |

<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ほぼ毎日!!"SSS"見てまっせ!!

ああもうねえ…たまーるさんのお陰ですよ。
本当は冬コミ前夜に来て頂いて、見せてもらって、
お帰りの際に返却するはずだったんスよ。
でもねー、やっぱりせっかく半年ぶりに会えたし、
次いつこんなに密接に語れるか分からないじゃないですか。
色々話したり、黙って一緒にいたい時間だって有るワケですよ。
で、もうほんっと、年末から「2月の頭に郵送で返すよ!!」
って……とんでもなく見返してます。軽く15回はいったな。(笑)

トグサ役の山寺さんが、
「借りてみた人が買いたくなるDVD!!」
つーてて…

まんま俺だよ山ちゃん……。


今、迷ってるんですよ。ビッグカ●ラのポイントもちょーど
1万円分溜まってて。でも絶対またこれはいつかPS2のソフト、
多分ガンダム関係に使えるなーと。
ううーん、やっぱアマゾンにしちゃおっかなー。
どーせ1500円以上で送料無料だし!!
by doramamaker | 2007-01-31 00:33

「蜘蛛の褥」感想。

ttp://www.bk1.co.jp/product/2713805

沙野 風結子,奈良 千春
Amazonランキング:32409位
Amazonおすすめ度:



もっと早くご紹介したかった一冊ですーっ!!
こちらは去年の11月末の新刊だったかな…。ネット通販で
同時リリースの双璧本「蛇淫の血」とセット購入しました。
沙野風結子さんの小説読んだのは初めてでしたが、この一冊は
おそらく、ここ3ヶ月で購入したBLのトップ10に確実に入るかと。

冷静沈着かつ常に公平な視線で事件に対応する美貌の若き検察官の
神谷礼志は、過去に実の父親がえん罪により自殺した苦しみを抱き、
最後まで父親を信じられなかった罪悪感を傷として背負いつつ、
法曹界に進んだ潔癖なエリート。
いつも暖かく包んでくれる妻帯者の事務官木内への淡い想いを抱きながらも
ただ今は彼を遠くから見守ることで満足している。

そんな彼が、高校時代同じ弓道部の後輩・ライバルとして存在していた
久隅拓牟と夜の電車で再会。
久隅は叔父が暴力団構成員であった流れから、憧れていたその跡を継ぎ、
現在ではやり手の経営極道幹部に就任していた。

偶然、久隅が信頼する組の男性が事件の被疑者として挙げられた事から、
高校以来断絶していた神谷と久隅は再び距離を縮めるが、
学生の頃、やはりえん罪で他校弓道部の部員を傷つけたとして退学した
久隅を救えなかったという罪悪感を抱く神谷は、
すっかり一人前のやくざとなった久隅の自分への接近を許してしまう。
久隅もまた、その美しく硬質な弓の使い手であったライバルと
して意識していた以上に、神谷に何故か惹かれていく。
かつては思いの行き違いから、神谷に乱暴しかけたはずが…。
二人はもうただ幼さを持て余す思春期の頃とは違っていた。

事件は神谷の慎重公正な手腕で解決するが、久隅に、木内への思慕を
知られてしまった神谷は、彼に肉体関係を強要されるようになってしまう。

久隅の背中には、かつて高校を退学してから、猛反対されていた
極道への道を叔父に納得させるべく、死ぬ程の覚悟で背負った
手彫りの見事な入れ墨が。
三代目掘滝が直々に針を刺した、想像も絶する苦痛と共に背中に
刻まれたのは、見る者全てを魅了し恐怖させる…血の目をした大蜘蛛。

事件の敵対勢力だったやくざ者に拉致された神谷を救う為に、
久隅はその背中に自ら熱した鉄棒を押し付けて、彫り物を
潰してしまう。
どんなに乱暴に抱いても無反応だった神谷が、それに涙した瞬間、
男としての「本懐」を噛み締める久隅。

だがやはり木内への淡い恋心を捨てきれない神谷に対して
愛憎を消しきれない衝動から、ついに久隅は薬で操った木内に
神谷を犯させてしまう。

片思いの相手に背中から抱かれて久隅に口を犯された神谷の心
は滅茶苦茶に切り裂かれるが、何故か毎晩、眠れない悪夢の夜から
神谷を救うのは、久隅が使っているUNDER CONTROLの香り…。

思うようにならない神谷への、既に自覚する他は無い恋愛感情、
それから強欲な支配心に胸を縛られる久隅。
傷つけ合うことでしかお互いを確かめられない関係の二人だが、
やがて思いを交わし合い、静かにお互いを受け入れるようになる。

父親の墓参りに久隅を連れて行く神谷。
神谷の過去と、不器用な感情表現に心を揺さぶられる久隅。

「俺は何が有ろうと、あんたの味方になってやる」
「神谷さん、だからあんた、俺の味方になれよ」


二人は海岸近くの旅館で躯も心も一つに重ね合うのだった。

奈良さんのイラスト目当てで購入したシリーズだったのですが、
リンク作品の「蛇淫の血」が余り個人的にツボにハマらない話だったのですが

こちらのインパクトには完敗!!


……この本…中表紙が凄いコトになってるんで、本屋ではカバーを
頼まないように…と奈良さんがどちらかで発言なさっていたとか。笑
……確かにこれ…凄いです。二人の間に愛情が有るからまだ
見られるけど、このアングルはさすがですよ奈良さんーっ!!
(でもデザイナーのたけぽんに、これどーゆーんで描いていると思う?
とかちゅーて堂々と見せましたけどね…あははははは)

私はどーも、攻側視点もきちんと語られている作品が好きなようで、
かつ、この久隅拓牟のように、荒々しい商売をしているワルのくせに、
一皮剥くと実は一途な純愛のロマンチスト…みたいなギャップを
併せ持つダークでデリケートな青年、かつ年下攻めに弱いみたい。

神谷も、まさに不器用で見ていて痛い程に生きるのが下手で、
それでも誰に対しても真正面から視線を合わせてぶつかって生きている。
外見の繊細さとは対照的に一本芯が通っている…そんな
受けさんが大好きなのです。

最初の再会シーン。誰も乗っていない夜の電車車両での二人。
まるで車内の匂いまでもが、寒夜の冷気を含んで伝わってくる
ようでした。
最近、「薔薇色の罠」の義月粧子さんや、こちらの沙野風結子さん
のように、背景を空気感で伝えてくる作家さんがいらして
凄いなーと思います。
久隅が神谷の為に、自らのプライドと矜持そのものである背中の
蜘蛛を殺すシーンも、緊迫感の中にもけだるい甘さのようなもの
を感じて、素敵でした。
ラスト、二人が露天風呂の中でもどかしく手を繋ぎ合う所も大好きです。
……ドラマCD化してくんないかなぁ。絶対予約して購入するですよ…。

神谷は野島兄弟か平川大輔くん。武内健くん千葉進歩さんでもオッケー。
久隅は…ううーんイトケンか中井和哉、神奈延年さんでぜひ!!!
BL×B.L.TB企画参加
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村 小説ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2007-01-30 23:25

「薔薇色の罠」感想。


義月 粧子
Amazonランキング:58648位
Amazonおすすめ度:


28日に発売になったばかりの新刊ですが、アマゾンで
金曜日には到着していました。
奈良さんのイラスト目当てで購入した「琥珀色の誘惑」の
シリーズで、実は前回のお話より好きだったりして。

その理由というのが、「琥珀色の誘惑」にて、脇キャラで
非常に良い色を醸し出していたミステリアスなバーテンダー、
磯谷さんのエピソードなのですよ!!!
インテリ眼鏡の謎の美青年、磯谷怜史…彼のエピソードをぜひ
奈良さんのイラスト付きで読んでみたかったんです!!
マスターはどんな恋をするんだろう…どんな人を好きになるんだろう、
どんな愛し方をするんだろうか、と。


秋吉芳隆は、老舗の超一流ホテル「帝蔵」の創設者を祖父に持つ、
次期社長候補で、若干31歳にして経営を任されている美貌の俊才。
そんな彼が、ホテルのバー「螺旋」を生き返らせる為に
厳選したバーテンダーが、ゲイの溜まり場で有るムードバー
「S」のマスター、磯谷怜史であった。

「S」に通いつめ、毎晩のように頼み込む秋吉。
しかし磯谷はかつて「螺旋」にいたにも関わらずすげない。
めげない秋吉についに折れた磯谷が出した条件、それは
「S」を辞めないで「螺旋」に勤めること、それから
なんと秋吉を情人にしたい…との驚愕の内容だった。
最初は失望し挫折しかけた秋吉だが、どうしても諦められず、
ついに自ら磯谷の張り巡らせた罠にはまり込んでしまう。

腕利きの芸術的センスを持つバーテンダーとしての顔と、
気まぐれで残酷にも感じられる夜の顔を持つ磯谷に翻弄されつつも
惹かれてしまう秋吉だが、やがて堅物の自分が本気で心を
動かされている事実に愕然とする。

心の伴わない磯谷との空しい関係に終止符を打つべく、大臣の娘と
結納を交わそうとして、「もう二度と会わない」と断言した
秋吉は、だが婚約者の待つはずの高級料理旅館で磯谷の待ち伏せを
受けて部屋に連れ込まれてしまう。
磯谷は、ゲイである事を理由に勘当された磯谷財閥の御曹司なのだ。

「最初はあんたが結婚しても構わないと思った。
奥さんより満足させる自信があったし。
でも今は、あんたが他の人間のものになるのは我慢出来ない」


冷淡で傲慢な磯谷の告白。二人は初めて心を通わせて抱き合う。

……マスター、格好良いですね…。ふふふふ。
もう「琥珀色の誘惑」でマスター磯谷が出演してからずっと、
絶対奈良さんの絵でもっと彼が見たい、彼に相応しい恋人を
出演させて欲しい、
と思ってたんです!!
秋吉は文句無しの恋人でした。しかもマスターより年上で、
初心っ気があるエリート営業マンってのが萠なんですよー。
従姉であり、本来なら社長後継社争いのライバルであるはずの
久美さんとの関係も、姉弟みたいでとっても良いです。

私は余りにもあり得なさそうなナヨナヨ受けさんが駄目
なんで、芳隆さんのお固い優等生っぷりの中に漂う、
マスターへの捨てきれない憧憬の眼差しとか、
ビジネスに向ける野心と純真なポジティブさ。
仕事に対しての真摯で一途な姿勢とか、読んでいて凄く
好感を抱きましたですね。
マスターに惹かれつつも「あいつにゃ負けねぇぞ!」とか
ガンバってるんですよー。男らしいのに綺麗な顔。好きだ。
マスターに処女を奪われちゃった後、レセプションで再会した
櫻崎さんに「…秋吉さん、色っぽくなりましたね。何かありました?」
とか聞かれてドギマギですよ!!(爆笑)
さすがオーナー…読みきってる…。

そんな芳隆さんを、最初はそれこそ罠にはめて良いように
しちゃおうと画策していたマスターが、彼の真剣な
姿勢と、真っ直ぐな強さとか時々見せる弱さとかに
クラーッときちゃう雰囲気が伝わって来て。

「あー、ちくしょう!この俺様がこんなネンネに!!」みたく
(注・芳隆さんはマスター怜史より3つ程年上です。笑)


あのですねー…マスターって…「S」のオーナーで前巻の
主演だった櫻崎さんいわく…「どエス」なんですよ。
一番の好みがMの中年紳士だそうで…ホンモノなんですよ!!!
16の時に家を勘当されて、以来ずっとその美貌と頭脳で
パトロンを転々として生きて来て、様々なバーで修行した
過去が描かれていて楽しかったです。

一見、スラリとしたバーテンダーなんですが、脱ぐと鋭角的な
筋肉の持ち主で、芳隆さんと床を共にした挿絵の一枚には
ドキドキさせて頂きました。
櫻崎さんの幼妻(笑)圭司にも彼はとっても優しいんですよ。
一生懸命頑張っている人を見捨てられないのは、多分
彼の過去に関係しているんでしょうね。
またマスターと芳隆さんのお話の続きがぜひ読みたいなぁ…。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村 小説ブログへ
by doramamaker | 2007-01-29 00:13

ドラマCD「艶悪」感想!!

ttp://www.movic.co.jp/book/genki/jounetsu/i-index.html

↑CDには何故か収録されない(泣)声優音声コメントはこちらから。

良かった!!毎日聞いてますわ♪


こんなにドラマCDにハマったのは、「エス」以来かもしんない。
この作品は遠野春日さんの原作「情熱の行方」シリーズの
番外編なんですよ。本編じゃないんですね…私らしい。

やっぱりBL だけじゃなく、ドラマCDとかアニメって、触れる
キッカケが声優ってパターンが私の中だと多いんです。
今回はほんっとに!!ご本人言う通り、小杉さんの一人舞台みたいな
感じだったんですけど、それに負けなかったのが三木真一郎!!!


べらんめぇ口調の若頭、キレ者の東原辰雄は日本刀の鋭さの中に
熱さを隠す、昔気質さをいまだ持つ36歳の青年ヤクザ。
だが、偶然巡り会った9歳年下の駆け出し弁護士である執行貴史の
柔軟な思考と優秀な才能。そして若々しい正義感に一目惚れ。
最初は力づくで関係を持ったが、東原の魅力に取り憑かれた貴史は、
次第に自ら危険と知りつつも、東原から離れられなくなってしまう。

また東原も、かつて誰にも感じた事のない染み入るような思慕を
貴史に抱くように。
しかしこの二人。あくまで微妙な距離感の絶妙なバランスの上に
立っている。
日常的に会うわけでなく、志を同じくするわけでなく、
時々の逢瀬で、言葉少なく体を重ねる、不思議な関係。

そんな時、東原に複雑な欲望を抱く組長の妾原・上條宗親が
東原を試すためだけに貴史を拉致。
東原は極道でもない上條に良いようにされる自らを歯噛みしつつも、
平然と貴史を、自分のシマの稼ぎ土地と代わりに奪還してしまう。

……いやもう、小杉VS三木の、息をも詰まる精神的戦が凄かった!!
小杉さんが怒鳴るとこんな凄ぇんだ!!と鳥肌が立ったし、
三木が本気出すとこんなに恐ろしいんだ…って悪寒が走りました。
三木演じる、宗親の…東原への感情は実に言葉に表現しがたく、
抱かれたい、勝ちたい、大切な者を奪ってメチャクチャに苦しめたい…
という、常人には思いつかないような常軌を逸した狂気。
金で奴隷になっている愛人、織(宮田幸季)への気まぐれな愛情は
こちらもまた、時に優しく時に残酷。

三木真一郎の実力をこんだけ引き出せた脚本というのは
本当に久しぶりだった気がする。
私にとって三木さんは「頭文字D」の藤原拓海である以上の
キャスティングは無いんだけど、この宗親は良かったなー。

そして初めて!!宮田君&野島兄こと裕史のBL聞きましたよー!!
……魔性の受けだ宮田幸季…。いたぶられる時の喘ぎ声が
本当に辛そうで、しかも悦入ってておっそろしー!!!
やはり彼は自他共に認める黒属性なのだなあ…。
野島兄の端正で情熱的な貴史もとても良かった……。

本編では小西×置鮎なんで…ああ、私おっきーの幼い受け声
駄目なんですよーっ!!!
小西演じる黒澤遥は、東原でさえプラトニックを貫いてしまう程
の素敵な男なのになー。残念。
佳人はもっと、若くて細い声の声優さんが合うと思うんスよ。
神谷くんとか岸尾くんとか。
とにかくこの「艶悪」はヒットでした。アタリの一枚。

小杉十郎太さんは、変に個性が中途半端な人よりも、
こういう押しの強い男性が良いですね。カッコ良い!!
by doramamaker | 2007-01-28 22:53

しばらくイベント行けません。涙

明日の土銀オンリー「双極式」…せっかくSP取れたのに
行けないです…すみません。
いやもう、今月は本当に原稿に向かえる状態ではなく、
精神的にも肉体的にも極限状態でしたので、
来月もカカシ×イルカオンリーには行かれないです。
春コミもJ庭も取らなかったので、次回のイベントは…
もしかしたら夏コミかも。
仕上げたい長編オリジナルのネタがかなり有るので、それと
深く向き合いたいと思います。
by doramamaker | 2007-01-27 23:36

ケロロに俊彦さんが!!

「ケロロ軍曹」に関俊彦さんがゲスト出演!!
なんか柔らかい優しい役だったんで…普通の俊彦さん
でしたね。笑

まあやっと、「ブリーチ」アニメの録画溜めをちょっと
見たんですけど…平子がヤング師匠!!?
……まあ大阪弁をきちんと話せる利点は分かるが…
平子って高校生だよね??
……もう少し若い声で想像していたので…ははははは。
相変わらずオマケ三人トリオは健在。石田父は成田剣君。
なんだかんだで、もりもりが一心パパで出演してますね。
ご本人の性格もパパぴったりなんで、良いんじゃないかしらん。

さあ!!良い加減ケロロ劇場版2の前売りを買いに行かんと!!
伍長のストラップ、まだ有るかなぁ……。
by doramamaker | 2007-01-26 22:42

奨さんの「だっつーの」

ぎゃあああああああああああああ!!!!
ど、どーしたもんかいおっ母さん!!

バーコード頭の神楽パピーが速水奨!!!


あのすみません、一応この人、ルナ・マティーノ着て
クリスマスディナーショーとか開催してる二枚目専門声優
なんで、お願いですから

「だっつーの」
とか
「エイリアン狩りとか、
そんなキノコ狩りみたいな言い方やめてくんない」
とか
「お父さんと一緒に歩くのが嫌なのか!?どこか悪いなら
お父さん頑張って直すから!!」
とか
「神楽ちゃん、何すんの!?ドメスティック・バイオレンス!!?」
とか
「嫁入り前の娘が男と同棲なんて、出来ちゃった結婚とか
ただれた展開になるに決まってんだよ!!」
とか
「30過ぎると突然来るんだよ!!毛根の女神に見放されるんだよ!!!」

とか言わせないで下さい。マジで泣くかと思いましたアタシ。

速攻で携帯メールを周回させた所、一番反応が楽しかっ…
気の毒だったのが「炎の蜃気楼」時代から直江ファンだった方々。
皆さん悶絶していらしたそうです。当然だわなそりゃ。

「マミーは出来ちゃった婚だって言ってたよ!!」

「あのあのアマぁ、子供になんつーコトを!!」

「あたし、そんなふしだらな女じゃないね!!」


…ちゃんと貞操観念しっかり教育されてんじゃん。偉いよ神楽ちゃん。
今週も相変わらず、他メンバー大活躍!!

ヒットシリーズ「エイリアン」映画の…あれ何シリーズ目ですかね。
「えいりあんVSやくざ」……青兄貴が何人にもなって何匹もの
エイリアンと戦う、トシさんも滝涙のスンバラシー作品らしいです。
「ええ泣けました…。良かったです!!」

とかちゃっかりキッチリテレビ出演してるんですけど、
真選組の副局長が映画広告CMにあんなバッチリ顔出してて
まずくないんですか局長!!?

ああ…近藤さん…それどころじゃなかったよね…。
着ぐるみ着て犯人のお母さんを演じます!!

「お母さん…三年前のあの時から…息子はいないものだって
思って来たから……!!」


そこへ突っ込む、赤ちょうちんぶらさげた、いつもの真選組御用達
パトカー。跳ねられる局長。

「エイリアンがなんぼのもんじゃい!!
青兄貴の仇じゃあ!!東の帝王じゃああ!!」


……トシさんって結構映画鑑賞趣味だよね。ちゃんと
「となりのペドロ」「ゲロ戦記」も見てるもんねー。

「男には2つのタイプがいる。一つは家庭や仲間を
大切にする防人タイプ…。もう一つは自身の道を一人で歩く
狩人タイプ…。あの男は狩人と言うよりもまるで獣の目をしていた。
…あの娘…寂しい思いをしてきたのかもしれんなぁ…」


もう近藤さんのこういう所私大好きなんですよvv
本当に繊細で優しい人ですよね…。ストーカーだけど…。
そして真剣な台詞言ってんのに着ぐるみだけど……。

「子作りは計画的に」


いつもながら最高に素晴らしいタイトルセンスだよ英秋…
愛してるぜ……。
速水奨をバーコード親父にしたり、諏訪部順一を「ござる」男に
したり、渋い所できっちり中田譲治出して来たり、
松平のとっつぁんは若本規夫だし、もう本当に口出しさえ
許さない一切の妥協無しのキャスティングにはただただ
頭が下がります!!毎週癒しをありがとうーっ!!!
by doramamaker | 2007-01-25 23:52

続・ここ3ヶ月で購入したBL。

●「ごめんなさいと言ってみろ」榎田尤利著 北上れん絵
●「きみがいなけりゃ息もできない」榎田尤利著 円陣蘭丸絵
…これに「愛なら売るほど」が加わると3冊シリーズに。

●「執事の特権」榎田尤利著 佐々木 久美子 絵
…ドラマCD聞きたい…。元体育会系の執事がお杉さんなんです。
受けのご主人様は神谷くん。

●「さよならを言う気はない」英田サキ著 北畠あけ乃絵

●「君の為に泣こう」英田サキ著 北畠あけ乃絵

●「夜ごとの花」CD発売中
●「花のように愛は語る」CD発売中
●「あなたの花になりたい」
…高岡ミズミ著 紺野けい子絵「花」シリーズ3冊

●「愛しかいらねぇよ」
●「躯だけじゃたりねぇよ」
●「魂ごとくれてやる」
…ふゆの仁子著 タカツキノボル絵3冊シリーズ

●「突然、恋は落ちてくる」高岡ミズミ著 山田ユギ絵
「恋シリーズ」第2冊目
●「薔薇は咲くだろう」…ふゆの仁子著 亜希良のりかず絵

●「未完の恋」いおかいつき著 富士山ひょうた絵

●「合鍵」結城一美著 桜木やや絵
…同人誌にて続巻発行中。

●「恋情の在処」結城一美著 飴本巽絵

●「この男からは取り立て禁止!」高岡ミズミ著 桜木やや絵

●「ゆっくり走ろう」榎田尤利著 やまかみ梨由絵
…榎田さんの藤井沢商店街シリーズ第一弾

●「愛してないと云ってくれ」中原一也著 奈良千春絵

●「不条理な男」「愛されたがる男」シリーズ2冊
樹生かなめ著 奈良千春絵

●「龍の恋情、Dr.の慕情」樹生かなめ著 奈良千春絵
Dr.シリーズ4作品目

●「馬鹿な犬ほど可愛くて」英田サキ著 麻生海絵
…ドラマCD発売中…買うぞ…川島×平川!!

●「傲慢な愛は台詞にのせて」いおかいつき著 紺野けい子絵

●「純情な愛」「野蛮な恋」シリーズ2冊
成宮ゆり著 紺野けい子絵

●「昨日の敵は今日の恋人」綺月陣著 紺野けい子絵

●「センチメンタル・セクスアリス」砂原糖子著 ヤマダサクラコ絵

●「徒花」水原とほる著 水名瀬雅良絵

●「侵せない繭」かのえなぎさ著 紺野けい子絵

●「狼は蒼い月を抱く」高塔望生著 羽田共見絵

●「上海恋戯」水月真兎著 高階佑絵

●「ミスターポリスマン」シリーズ 竹内照菜著 藍由あき絵
…一度に12冊かな?一気買いした本は初めてでした…。
中身も確認せず。汗 

◆「ラヴィアン・ローズ」ヤマダサクラコ漫画
◆「それではみなさん1」内田かおる漫画
◆「だまって泣いているのです」内田かおる漫画
◆「エゴイズム」阿川好子漫画

□「トラブルメイカー」全3冊 阿川好子
…初めて東地宏樹が出演したBLドラマCD2巻発売中!!
私にとっても特別な作品でした…。
by doramamaker | 2007-01-24 00:20

ここ3ヶ月で購入したBL。

もうたんまり有るので紹介しきれないのが本当に
残念なのですが、せっかくなのでザザーっとご案内。

○は、このブログ内にたっぷり解説がございます。(笑)

○「エス」シリーズ 英田サキ著・奈良千春絵
…ドラマCD現在2巻発売中。おそらく続巻確実。
私をBL世界に引きずり込んで下さった、永遠の作品。
CDドラマの完成度の高さも凄い。

○「真昼の月」シリーズ いおかいつき著・海老原由里絵
…ドラマCD現在1巻発売中。おそらく続巻確実。

○「美しき獣たち」シリーズ 漫画 藤崎こう
…ドラマCD現在2枚発売中。おそらく続巻確実。

○「龍を飼う男」「龍の後継者」ふじの仁子著・奈良千春絵
…ドラマCD今春発売予定。

○「駆け引きはベッドの上で」「密約はスーツを脱いで」
ふじの仁子著・奈良千春絵 「龍…」シリーズ平行編
…ドラマCD発売中。この4册は、同じ会社を舞台にしたシリーズです。
多分もう1カップルもそろそろシリーズ発売のはず…。
奈良さんのイラストが楽しみvv

○「跪いて、永遠の愛を誓う」夜光花著 奈良千春絵

○「艶悪」遠野春日著 円陣蘭丸絵
…ドラマCD発売中。「情熱」シリーズ番外編

○「許可証を下さい!」鳥城あきら著 文月あつよ絵
「許可証を下さい!」シリーズ全5巻・ドラマCD発売中。
続巻確実…。心待ちの作品でございます…。

○「運命の鍵開けます」いおかいつき著 あじみね朔生絵

○「ワイルドでいこう」高岡ミズミ著 紺野けい子絵
…ドラマCD心待ちにしています。

○「青空の下で抱きしめたい」神江真凪著 汞りょう絵 
…ドラマCD心待ちにしています!!!!

○「今宵、天使と杯を」英田サキ著 ヤマダサクラコ絵
…ドラマCD心待ちにしています…。出てくれるかなぁ古い本で…。

○「歯科医の憂鬱」榎田尤利著・高久久子絵
…これはCD出そうな感じで。榎田さんの藤井沢商店街シリーズ

○「恋する絶対の法則」いおかいつき著 奈良千春絵
「恋する…」シリーズ番外編。多分CD出ますねこれは。

○「蜘蛛の褥」沙野風結子著 奈良千春絵
「蛇淫の血」の双璧本。絶対CD聞きたい…!!

○「欲望の犬」中原一也著 奈良千春絵
キャスティングにはぜひ諏訪部順一×置鮎龍太郎で!!
(まんま跡部×手塚やん…)

○「天使の啼く夜」高岡ミズミ著 奈良千春絵
ドラマCD来週発売!!感想書きますv

○「薔薇色の罠」義月粧子著 奈良千春絵
「琥珀色の誘惑」シリーズ番外編

○「赤い呪縛」松田美優著 奈良千春絵

●「僕のねむりを醒ます人」沙野風結子著 奈良千春絵

○「言葉もなく花は」榊花月著 九號絵
ぜ、ぜひ中井和哉×福山潤で。

○「約束のかけら」結城一美著 飴本巽絵
…最初の頃購入したBL小説で一番好きな一冊。
同人誌で続編出ないかな…。

  
by doramamaker | 2007-01-23 00:42

神山監督のコトv

N○Kに一応公共料金を真面目に払っているのは
時々こういう美味な番組をやってくれるし、
何よりガンダムの特集が多いからですわい!!!


今回は神山監督がまたまた製作する、初のファンタジー
アニメの制作過程特集だったんですけど…。
正直「攻殻」特番と思ってたんでガッカリでした。泣


「攻殻」でも、素子が少年を庇いながら援護するって
エピソードがあって、「ああこれ"グロリア"だ」
って思ったんですけど。
今回の新作もそんなストーリーですね。
「グロリア」は幼い頃見た、キャサリン・ヘップバーンのが
すっごく印象的で忘れられません。

なんだろ。神山監督って「女性は母性本能の生き物」って
断言しきってるところが有るみたいだけど、ご自分が
きっちり結婚なさって家庭を持っているからかな??
神山監督ご自身、娘さんがいらっしゃるそうなんで、
トグサと娘ちゃんの、あの微笑ましいやり取りは、きっと
体験からなのかなぁとか、優しい気持ちになりますわ。

パパをじっ、と見つめる幼稚園児の娘(父親似の美人)

「…なんだい?」(山寺ボイス)

「ふふふっ、なんでもなーい」


ここのシーン、好きでいつもいつも繰り返しちゃうんだよなぁ。
「トグサぁ!!」ちゅーてバトーさんが元相棒を探しまくる
名場面は当然として。笑

正直、私は押井監督の「攻殻」より神山監督のTVシリーズ、
今回の最新作「SSS」のが断然好きざんす!!
愛してると言っても過言ではない!!!
押井さんの描くバトーは素子に捨てられていつもグジグジだし、
素子は素子でただ好き勝手してるだけだし、トグサの出番無いし。
感情移入が全然出来ないんですよ。

神山監督は一見いかにも美術畑の繊細そうな方なのに、
身の内には燃え上がる炎のような情熱や、男のダンディズムを
秘めていて、本当に驚かされます。

バトーのように、外見は屈強な、しかし内面はデリケートな男性、
かたやトグサのように外見は目立たない優等生タイプ、
だがその胸には誰にも負けない打たれ強さを持つ青年。
そして様々な過去や苦しみを乗り越えて、若者を見守る
荒巻課長のような頼もしい熟年男性。

何色もの男性を描き出すことが出来る神山さんは、
ただロマンティシズムを女々しく追うのではなく、
時にドライに、時にウエットに、そして多くをクールに
追求するスタイルがとっても格好良い。
現在、スタイリッシュなストーリーテラーとしては
トップに君臨するのではないかと思います。
フリートークとかも勉強になりますよ…。
by doramamaker | 2007-01-22 00:13