人気ブログランキング |

<   2006年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

恋次×一護本出ます!!

はー!!恋護本のコピーが終わりました!!
まだ表紙が残ってるんですけどね…。これが結構
大変なんだ…。
取りあえずコレで一応は新刊が最低1冊でも出せる
状態にはなったワケです!!ちょろっと一安心。
と、いうワケで

恋護新刊コピー本、出ます♪


これから京浮本の原稿に取りかかるんですが、
描き下ろしの漫画と、ネットブログ小説の再録が
ちょっと入る感じですかね。
また詳しくはこちらにて。
今、G4が起動出来ないので、HPのページ更新が
出来ないんですー!!すみません。
早くトップも代えたいんだけど…。時間アップアップ。
by doramamaker | 2006-11-30 23:46

いよいよ冬の準備。

たまーるさんのお泊まりも決定し
(攻殻DVDとCDを借りてしまいます…嬉しい…)
紅月さんとの交換委託も決まり、ヒロぽんが
18日に休暇を取ってくれたので、平日にブリーチ映画に
行く事も出来るようになり…。
いよいよなんだかんだで冬コミの準備が始まってしまい。汗
小説更新やらそれよりも改装が!!ストップしております!!
すびばせん…。
トップやら色々変更したいんですけど、
「ああどっかからか背景を借りて来ないと…」とか
考えるともう年末迄間に合わないような気が。涙

で、明日は既に原稿が出来上がっている恋次×一護本のコピー
に行って来ます。急にに忙しくなって来ました。
恋護のカップリングで来年もう一つ位イベント参加
したいんですが…。3月の一護オンリーが超絶近所なんで
ちょっと考え中…。電車で一駅。うやっほう。
by doramamaker | 2006-11-29 22:12

ぴ○ろの商売魂。

ブリーチの劇場版前売り特別付録ポスター、
ワタクシはヒロぽんのご好意で全種ゲットしたんですが

恋次がいなくて不満ダラダラ。


なーんつってたら!!
劇場で売られているポスター用アルバムを購入すると
ちゃっかり恋次のポスターが入ってる!!


なんか…こういう卑怯な手段よりも通常アニメを楽しく
してくれとか本真剣に思うが…。買うだろうな俺。
B.2額縁に京楽&浮竹はちゃんと収納して飾ってるんですが
一護と2ショットに出来るキャラがいなくて収まらなかった…。
これで一護と恋次を並ばせておくコトが出来る…。

つか隊長より副隊長メンバーのが私好きなんで!!!


山爺とかマユリさんとか入れるよりも、修兵やイヅル、
乱菊さんの方が欲しいよ…。混在で良いじゃん…。

12/1から、池袋サンシャイン通りに巨大なブリーチ
ポスターが張り出され、兄メイト・サンシャインでそれぞれ
フェアが行われるそうです。…私は…もう何も買うもの
無いけどさ…。もし上京して冬コミ行かれる方、ぜひ
チェック
ですよーんvv
by doramamaker | 2006-11-28 23:05

ヘルス、ヘルペスミー!!

なぁぁんてこったいジェニファー!!
「銀魂」若本・会津松平公が予告してる部分だけ
消しちまったい!!!
…しばらく脱力して立ち直れなかったよ…。

ダビさせて頂いた方にもう一度DVDをお借りして…
今度はHDDに録れてやるよぢくじょおお!!(号泣)

私、杉田智和をちゃんと初めて声認識したのは
「創聖のアクエリオン」だったんですけど、
お杉さんはその時のシリウス役にとにかく声質とかピッタリ
だったんですよ。潔癖性でシスコンでプツっとキレると
男に走ったりだなぁ…。森川に利用されたり。爆笑。
以来、お杉さんの適役というとどれもピンと来なかったのですが
……銀さんがきちゃったからねぇ。
他のBL CDレビューでもよく見るんですが、やっぱり他の
キャステイングで銀さん声を聞くのは非常に複雑。笑
声だけだと銀さん×近藤とかあるらしいんスよ!!
銀さん×沖田とかは珍しくないですよね。
イトケンの攻声とか聞きたいって思ってたら
攻殻の最新サントラ出てるんだよね…。

ああっ、そうだったーっ!!どうしょうーっ!!

…北海道から天使の写真。おお笑っとる笑っとる。
e0057018_20172557.jpg

by doramamaker | 2006-11-28 20:17

やっぱり声だけだと杉田は攻。

ttp://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=%E3%80%8C%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%92%E7%AA%81%E3%81%A3%E8%B5%B0%E3%82%8C%EF%BC%81%E3%80%8D+&fr=top&tid=top&ei=UTF-8&search_x=5&search_y=9&u=nibiirosolenoid.blog13.fc2.com/blog-entry-160.html&w=%22%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89+%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88+%E3%82%92+%E7%AA%81%E3%81%A3%E8%B5%B0%E3%82%8C%22&d=IIX85pIFN10O&icp=1&.intl=jp

…杉田で検索すると絞り切れません!!しかし!!
遊佐さんが京都弁で受けだなんてシャレにならん!!

ギンがモロに受けでっせ!?私正直遊佐さんのBLって
すっごく興味有るんですけど、きょ、京都弁じゃ
ご本人まんまやんけーっ!!!ヤング師匠が関西弁でBL
やるもんみたいやんけっ!!
(遊佐さんはBLEACH脚本で宇治弁指導入れてます…)
しかしやはりBLで自分好みのモノをあの膨大な数から
選抜するのって至難の業なのよのぅ。

BLはコミックスにしても小説にしてもCDにしても、
とにっかく数が爆発的だから!!それだけで飲まれる。

ストーリーもキャラもどちらかと言うと似たような感じなので
果たしてその中で小さな自分ツボを発見するのが労働。

…でもやっぱりもう…グリーンリバーライトとかおっきーとか
石田、子安兄貴とか…余りにも小さい頃から多々馴染んでる
人がボーイズって…もう駄目だなぁ…。
まだ全然聞いた事無いから、石川さんとイトケンと岸尾クン
は大丈夫なんだけど。鈴村も沖田を聞いてからちょっと
耳に苦しくなった。シンの存在も大きかったかな。
福山はもう良い加減飽和状態になっちやったかもしれんー。汗
今聞きたいのは一条さん。それからやっぱり好きだから
平川と東地。中田さんと若本さん、池田秀一…おいおい
オジ専だな俺ぇぇ!!
by doramamaker | 2006-11-27 21:45

ちょろっと感想文でもいきますか。

なんかこの一ヶ月、本当にワタクシは読書の秋!!
三昧で過ごしたワケなんでございますが、
…せっかく色々読んだし、読書感想文でも。笑
もし興味有る方がここに行き着いたら参考にして下さいまし。
私も本買う前に色々なブログを彷徨いましたんで。笑

「ワイルドでいこう」
高岡ミズミ著

高岡さんの本を他にも読みたいなー、挿絵の紺野けい子
さんの漫画も欲しいなーとキッカケになった一冊。
これは新刊だったんで、平積みになってて手に取った
のですが、ストーリーのあらましを一読しただけでも
ツボで、かつイラストもとても合ってました。
…幼馴染みだった壱矢と隆充。しかし隆充の父親は他人の
借金を背負わされ、母は家出。酒浸りで父親の暴力に
晒されていた2歳年下の隆充を可愛がっていたのは
壱矢とその家族だけだった。

「俺、壱矢のペットに生まれれば良かった。
そしたら二人でずっと一緒にいられただろ?」

自分よりも体が大きかった弟のような隆充は、やがて
ある日突然父親と夜逃げ。壱矢の前から去って
10年が経過する。
車のセールスで逸脱した手腕を見せる大人に成長した壱矢。
しかし実家が詐欺に合い、呆然としていた所に突如現れたのは
「整理屋」として裏家業で暗躍している、すっかり見違えた
隆充だった。
やくざまがいの商売に首まで浸かった隆充の逞しい男っぷりに
戸惑いつつ、放っておけない壱矢だが、
「…俺は壱矢を兄貴だなんて思ったことは一度もない。
俺を飼いならしたいんなら餌をくれよ。俺は役に立つぞ」

と、昔からの思慕を告白されてしまう。

……これ、なかなか面白い小説でした。元々私が年下攻め、
しかも一見逞しく見えて受けに頭が上がらない…みたいな
タイプが好きだったので、ツボにハマったんでしょうね。
最近キャラに掲載されて、続編と一緒に文庫化されたようで、
ぜひ続きが読みたい一冊でした。
紺野さんのイラストが本当にピッタリなんですよ。
隆充が壱矢になんとなく弱腰なのが高ポイント。

違う文庫から出ている
「天使の啼く夜」
も高岡さんの作品ですが、
こちらは挿絵が「エス」担当の奈良さんなんです!!
一冊ごとに画力上げてて凄いな…と勉強させて頂いて
おりますが、この本も好きでした。
「ワイルドでいこう」とは全く方向性の違う、暗い
ストーリーになんですけど、高岡さんの小説は根本的に
前向きな芯が通ってる気がします。
切ないドラマだけに、ラストも感動値高し。
by doramamaker | 2006-11-26 23:18

胃がーっ!!

はれはれ、昨夜は突然謎の胃痛に襲われて参りました。
私は元々逆流性食道炎持ちでして、長い事煩っていたのですが
最近はすっかり良くなって、安心していたので…ひええ。

昨日の日記で「音声が有ると全然世界観が違う」と
書きましたけど、今週の銀魂アニメでは
「やっぱり映像と音と声って凄いよ!!」
と痛感ー。

今回の「人生はベルトコンベアのように流れる」は
原作ですらーっと読み流してた話で。
元々「記憶喪失ネタ」が苦手なもんですから、笑
どうなんよ?と思ってたんですけど、今週は面白かった!!
やっぱり「さすが日登り族アニメだよなぁ」と思わせる
アクションシーンとセルの綺麗さ。
アニメになると、ミスター空知の線がクリーンナップ
されて、とても見やすくなるんですよね。

記憶喪失になってる銀さんのいつものお杉さん声が違うのにも
笑っちゃうんですが(受け声になってる…)
同じく記憶喪失で同じ工場でジャスタウェイ作ってる
近藤局長…!!……あの人ってほんっとーに…真面目なんだよね。
アニメになって彼が好きなキャラ2になりました。


一番は松平のとっつぁんね!!


飛んできたレンガがモロに頭に直撃したトシさん。

「はーい下がってねー。この人みたくなるよー。
平静装ってるけど、凄い恥ずかしくて痛いんだからー」


本当にもう…沖田が鈴村健一ってキャスティングを決定した
人は…天才だな…。もう俺からは何も言うコトは無いよ…。

「大丈夫かゴリさん!!酷いぞジミー!!ゴリさんは確かに
馬鹿だが、馬鹿なりに頑張っているんだ!!」


山崎って確かにいつもジミーだから、時々活躍すると
凄く輝くんですよ。声優の方、私余り知らないんです。
真選組の原田を演じている三宅君は最近BLによく出演
してますね。最近新人声優さん全然分からない。涙
「天保異聞」の放三郎役の川島君も、英田サキさん作品で
なんと平川さんの相手役なんです。
このドラマCD買うかどうしようか非常に迷う作品…。
小杉さんがいかにもって役なんだよなぁ。汗

とにかくアニメになるコトって本当に凄いんだなーと。
つくづく再確認した今週でした。
「銀魂」見てると、空知センセって人をもっともっと知りたくなる。
ひきこもりとかフリーターとか、リストラとか
今、世の中でマイナス的に見られてる人をそのまま
素直な視点で暖かく見守ってる彼の作風がとても好き。
「この人は今、エロリスト(?)なんだけど、ちゃんと家庭が
あって。大黒柱であろうとしたんだよ」
ってフォローが自然で。今時のジャンプには珍しく
優しい暖かい漫画なんだよね…。
by doramamaker | 2006-11-25 00:39

ああー、ちくしょうっ。

「エス」の同人誌を入手出来て、初めてオリジナルBL
の同人誌小説なるものを読みましたー。
昔は四谷シモーヌさんが大好きで、トルーパーでは
CPが違ったのですが、同時発行されていたオリジナルBL
の本を何年も待ちながら完結まで買ったものです…。
時々引っぱり出しては読み直す位なので、余程
ツボにハマる愛すべき作品だったのだなぁ…。
オリジナルBL買ったのはあれが最初で最後のはずだった。笑

「エス」は、本編がとてもとても重いストーリー。
かつシリーズは全て主人公の椎葉昌紀視点で描かれている
ので、彼の強さを必死で演じようとする諸刃の剣の
様な、今にも崖から落下してしまいそうな彼の繊細過ぎる
危うさが全面に出ていて正直凄く辛いんですね。
でも、それを中和してくれるのが、スパイ工作の
パートナーである「エス」の宗近でありまして、

まあ格好良い男なんだなこれが!!!


まさかBLのキャラクターに心ごと持ってかれる日が
こようとは。たまーるさんとも電話で熱弁したのですが
(某社同士なので通話メールタダなのですわ…ふふふ)
どーも私は過去に凄い傷を負っているにも関わらず、
正義感を振りかざして純粋さ故に傷つく誰かを
放っておけない懐の大きい男が好きみたいです。


…でもそれを親友のカズやんにちょろっと話したら
「Tちゃん(本名)昔っから、外見はクール、だけど
実は内面は熱い!!って人に弱かったもんねー」

とつくづく言われちゃったんですよ。笑
「高校時代からそういうキャラ好きだよねー」

……その通りでございます。「読まれてる!!」(byプルツー)

ああもう!!本当に悔しいのはですね!!ドラマCD2の予約特典
ショートストーリーを読み逃したコトなんですよ!!
思い出しても震えが来るくらい悔しいな。
英田さんのサイン会にも行きたかった…!!くくう。
同人誌とショートストーリー番外は、宗近視点なんです。
だからいつもの暗い雰囲気が一掃されてて、ドラマが
アップテンポで椎葉も可愛い。面白いんですよ。
人生を悲観的に生きている男と、傷ついても前向きに
生きようとして全てを受け止めている男とでは
こんなにもオーラが違うんだなーと、文面からでも
伝わって来てしまう。

凄いな、と実感したのはやはり
音声が着くとココ迄違うか!!
な世界観でした。
私は以前迄、小西克幸って人は柔らかい男を気取る
暗黒攻、しか知らなかったので、宗近みたいな包容力
溢れるダンディズムを演じられるとは思わなかったんですな。
…ブリーチでもほんっとにちょい役だし。汗
何の為に彼が修兵に配役されているのか全然分からない。涙

脚本で様々な名台詞がカットされているのが本当に
残念なんですけど…
「俺のはベレッタじゃない。マグナムだ」

な宗近の超オヤジギャグを聞きたかった…!!

「…お前にも、全てを捨てる程の恋愛があったのか?」

って椎葉がベッドで質問すると、
「……あるよ」

と応える声が滅茶苦茶優しいんです。深くてね。
「…遠い遠い、昔の話さ…」

これが3巻の、宗近がかつて継母と駆け落ちして自殺された
悲壮の過去に行き着くフリなんですけど…。
今から宗近がその昔語りを椎葉に顔を寄せて話す場面が
楽しみであります。
……無謀な捜査で失敗した椎葉を救出して、後から怒って
ひっぱたいた後に泣かれて、
「ああもう…泣くなよ…。悪かった。ぶったことは謝る」

ってコニタン声もたまらんのだよなぁ…。
by doramamaker | 2006-11-24 23:11

冬の予定について。

双璧本についてのご質問ありがとうございましたvv
えーと、ちょっと冬コミでの双璧本の発行が現在
あやしくなっておりましてですね…。汗
ジャンルが鰤スペースですので、果たして発行して
当日どの程度でるのか全く不透明なもんですから、
思い切って来年に延期した方が良いのかなー…
とか考えております。
でも、出る前には必ずこちらでお知らせ致しますので、
そんな早く完売するコトもないはずですし
情報をチェックして頂けたら嬉しいです♪

いやホント…もう良い加減冬コミの原稿に取りかからねば
ならん時期なのですが、なんと自分でも驚く事に
現在就職活動の作品を色々思案中だったりして…。

漫画投稿は20代の頃にかなり直接持ち込みとかしてたんですが
小説はまだまだ2回目、しかも長編は初体験なので
試行錯誤の日々でございます。
落ち着けば双璧でのイベント参加も可能だと思います。
またまたサイトを覗いてみてやって下さいねんvv
ありがとうございました♪
by doramamaker | 2006-11-23 23:49

色々雑記。

初めてBLの小説誌購入したんですけど…
ほとんど読み切りでまとめられてるんですねー。
昔好きだった方がプロになって挿絵描いてて
全然絵柄が変わってたり、新鮮な驚きがありましたわん。
漫画の場合、絵ですぐ作者さんが分かるんですけど
小説だとストーリーが全く違ってたり、キャラクターも
変わってたりすると、字だけだとやっぱり分からないもんだなぁ。
うーん、しかしBLで書き続けるのって結構大変かもなーとか
感じました。
昔から同人誌…パロディだからこそ男同士の恋愛が
描けるんだよな…って思ってて。
これが自分のオリジナルとなると、やっぱり格好良い
お姉さんとか、稀代の悪女とか書きたくて。
男の人だけで構成していくってドラマに行き着くまでが
どう納得させうるものに出来るか、難しいッすね。

…今、東地宏樹の声が聞きたくて聞きたくて
以前録画した吹き替えのDVDとかアニメとかドラマCD
とか引っぱり出してきてるんですけど、やっとレンタルで
見られた「プライドと偏見」のキーラ・ナイトレイの
相手役の吹き替えが東地だったんですよ!!!
私…なんでこうも彼の声が好きなんだろう。
自分でも不思議。
でも逆に彼がBL「トラブルメイカー」しか出ていないから
出費しないで済んでるんですけどね。苦笑

…そーいや「ジパング」単行本最新刊で、如月中尉と菊池三佐
いかに自分達が角松を愛しているか
告白し合ってましたよ。紅一点の桃井さん、「私、車に酔ったわ」
と中座…。そりゃあんな男同士恋の当てつけ合いを
狭い車内で語り合われたらたまらんよなー。爆笑
「…全くもう。男って面倒なんだから!!」
……なんでこう…男の人が描く男同士って…本当に
エロイんだろう。おそらく無意識だからこその親密度が
色濃く表現されちゃうからなんでしょうなー…。
by doramamaker | 2006-11-22 23:56