人気ブログランキング |

<   2006年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

わー、もう11月。

早いですねー。丁度去年の今頃は恋護にハマって
冬コミに落ちたくらいだったかな。
慌てて2月のオンリー申し込み書いてたりして。
ジャンフェスにも行く予定立てて…。

石川国王が声担当してたFBIのレイが呆気無く月に
殺されちゃいました。
…国王の声って…実は余り個性が無くてちょっと分かり辛い。
イタチとか凄いクセの強い役だとすぐ分かるんだけど。
浮竹の声もとても低く出しているんだよね。

ひゃっほぉ!!
双璧企画小説「恋人」を書き終わりました!!

…こんなに長くなるとは。こちらの企画はタロットカードの
大アルカナカードのイメージで作品を作る、という
とてもロマンティックな双璧補完記念で、
私は「恋人」のカードを担当させて頂きました。
長く銀英伝ファンしていたのに、チームに入れて頂くというのは
初だったのでとても緊張しました。終わって一安心しております♪
双璧サイト様と企画その他について度々綿密なメール交換したのも
凄く充実した毎日でした。
さてと…。ロイエンタールとミッターマイヤーの血を継ぐ
三代目のお話でも書くかな。
MEMO10/23から10/25の小説もぜひ読んでやって下さいvv
by doramamaker | 2006-10-31 23:29

「ラヴァーズ」

双璧企画の方に投稿させて頂いた双璧絵です。
MEMOの方にこちらのストーリーを掲載しますね♪
e0057018_934571.jpg

by doramamaker | 2006-10-30 23:59

おおお終わったぁぁ!!!

11/3の鰤オンリー原稿京浮新刊終わりました…!!
あーもう本当にたまーるさんと森さんのお陰で出た
一冊のよーなものです。ありがとう!!
これから地獄の製本なのですが、今回の本は冬で
キッチリ完売出来る程度しか作らない予定です。
いやはや…2/19以来、28ページ前後のコピー誌を
100部作るという同人人生かつてない大冒険を
数々してきましたが、さすがに疲れました…。
今回オフセットが無い分まだラクだったんですけどね。

さて…すみません。早速溢れそうになってる双璧ネタと
それから、来年の自分作品制作に向けてこれから
数週間は自由に色々描きます。
私まだ全然自分の双璧を小説で書きまとめられてないし
しかも漫画でも色々やりたいんですよ…。
それから、今回初めて双璧ウェブ企画に参加させて頂きます!!
すっげぇ緊張してますよ…はあはあ。頑張ろう…。
by doramamaker | 2006-10-30 23:52

できれば毎週読みたい雑誌は。

ttp://morning.yahoo.co.jp/

…週刊モーニングなんですよ。「ジパング」「神の雫」
「バカボンド」「蒼天航路」と…漫画通の人になら
どうぞどうぞ!!と勧められる作品ばかりですからね…。
でもジパングの同人誌出してた時に、どーしても週刊誌
って後の保存が大変なもんで、特に中とじだと!!!!
もう最近はすっかりコミックス派。
あーあ、「ジパング」のアニメ、続編放送になんないかなー。
あのアニメのお陰で東地宏樹っていう素晴らしい
声優と出会えたし、稲田徹さんとも巡り会えた。
(まさかブリーチとCLUMPに来るとは…)

如月中尉がアニメになったらどんな声優さんが担当するのか!!
すっごい気になってるし、実際彼をアニメで見たいんですよねー!!!
……諏訪部兄貴が「銀魂」に出演するらしいんですよ。


ちょい役だってご本人公式で言ってたんですが……誰ぇ!!?
……まさか似蔵??い、いやまさかな!!滝汗
by doramamaker | 2006-10-29 00:18

そしてまだ見てないー!!

本日は秋晴れの中、穏やかな法事でした。
久しぶりに従妹達と会えて気分転換…。
なんかもうここ数週間自分の作品が全然つまってて
もうなんとも四苦八苦してぐちゃぐちゃしてたので。
やっぱり時々は環境変えてみたりした方が良いんだなー。

そんなかんなでまだ「天保異聞」見てません!!どうせ
折笠声のヒロインの話だろーと思うとなんとなく
気が進まないんですよね…。笑
by doramamaker | 2006-10-28 23:38

まだ見てないー!!泣

今夜の「ケロロ軍曹」まだアリサちゃんの出番見てません!!
なんか自分の中で「自分作品の創作」イメージが出て来ると
他人様の作品をなるべくその時に見たく無いんですね。
「デスノート」はもう見るの2度目だから、ちゃんとCM
カットしつつ録画しましたよー。
レディースデイの映画館で見た時はFBIのレイが仮面ライダー響
だったり、ナオミが瀬戸朝香だったのにかなり違和感が有りましたが
…オリジナルキャラクターの詩織はなかなか良いストーリー運びに
貢献したんじゃないかな。
でもどーしても彼女の顔見ると「ローレライ」思い出す。笑

…またまた双璧のパラレルで…壮絶すっごい所に行き着いて
しまい、「ああ俺全然小説書けてない!!」とか焦りました。
by doramamaker | 2006-10-27 00:32

紺碧の元帥の誕生日。

「双璧」に生まれてくれて、ありがとう。
e0057018_1312194.jpg

by doramamaker | 2006-10-26 23:30

明日は。

ヘテロクロミアの元帥閣下のお誕生日が明日なんですけど…。
彼は祝福されても喜ばないんだろうな…とか考えてます。苦笑
本当にここ一ヶ月、オスカー・フォン・ロイエンタールの死について
考えに考えてます。でも多分、今迄10年考えて明確な答えは無かったんだから
きっとこれからも永遠に結論なんか出ないんだろうな。
とにかく彼の年齢は33歳で永久に凍結してしまった訳です。

ここ一週間で「双璧特別編集ビデオ」を作成してですね、笑
なんか見返せば繰り返す程冷静になれるんですよ。
私は高校生の時に彼の死を見て、「何故死んだ」とか「どうして反逆した」
とかは全然思わなかったし不思議じゃなかったです。

「ロイエンタール元帥は最後までロイエンタール元帥であった」


この一言に田中御大の、彼を描いた全てが凝縮されてるな、と思って。

数年前、Gacktっちがシャア・アズナブルについてテレビで語った時。

「女の子にはシャアの生き方って理解出来ないかもしれないよね」

って言うてたんですよ。こう…あの人って…「そんな事何故せにゃならんの?」
みたいに何か大義を成し遂げよう成し遂げようとしてるでしょ?
ただ、シャアの場合っていうのは「コロニーの人々の独立」とか
「ニュータイプの楽園を作る」みたいな美しいプロパガンダが有る。
現に彼はそれを有効利用して、多くの人の犠牲の上にしか革命を起こせない
(byアムロ・レイ)んですけど。いつも誰かを道具にして生きてる。

ロイエンタールにはそれが無いんですよね…。シャアよりも純粋
というべきか。本当に自身の矜持、誇りの為だけに何かをすべく
あがいてる。…そう、もがきあがいてるんですよ、いつもいつも。
シャアみたく簡潔ストレートじゃないし、悪役になりきれないの。

「お前は生まれて来るべきではなかった」
という呪詛を両親から
ずーっと聞かされて育って、多分「自分の生まれた理由」を得るのに必死
になって、大切な身近なものを見失ったんだろうな…。

ロイエンタールって、本質は凄く楽しい人なんですよね。
ミッターマイヤーと冗談言い合ったり、オフレッサーにラインハルトが
侮辱されて逆上した時、双璧が一緒に「はああ…」ってため息つく
タイミングなんか最高ですよ。そういう彼の「自然な笑いを」を引き出して
いたのが「双璧」の片割れであるミッターマイヤーだけだったんだな、とも
感じますが。ほんっと二人でいる時だけだもんな。奴さんが笑うの。

ただ、相棒と笑って別れると。彼の奥深くに眠っている闇の部分が
頭をもたげる。
「もし俺が宇宙の覇者になったなら」「皇帝を傀儡に王座につく」

その野心に心を奪われている時って、相棒の事とか忘れてしまってるんです。
時々心友だけについぽろっと本心を見せちゃって、その度に
疾風ウォルフがストッパーの呪文をかけなおしてくれるんだけど、
二人一緒の時だけはその呪文が効いていた。しかし遠く二人が離れて
その効力が届かなくなってしまったんですね。

OVA「嵐の予感」で大好きなシーン。愛する妻とようやく一緒に
暮らせるようになった疾風ウォルフが、変わっていく自分達に不安になり
「これで良いのだよな…。ロイエンタール…」


って元帥にしては小さくて質素な新居の前、暗雲立ち込める空を見上げる。
エヴァンゼリンといられるようになったのに、ミッターマイヤーはいつも
心友を心配し、かつ頼ってるんですよ。離れて凄く不安なわけです。
そして遠く離れた惑星ハイネセンで、その片割れも同じく雷雨の天空を
睨みつけている。「この頃のロイエンタールの持つ兵力は皇帝とほぼ同格」
という漆黒の予感のナレーションをバックに。

でもなんか…第1シリーズから4まで二人をずーっと見てね、
「ああ、この二人はこうでしかあり得なかったんだ」って
哀しいけど落ち着けるようになりました。

「人にはそれぞれの役割があり、最後まで演じなければならない」


田中芳樹が語るこの言葉には、最近の「大人が子供に対して責任を取れない作品」
に対しての強烈なアンチテーゼが有るんじゃないかなーとか。
ロイエンタール程の強烈なキャラクターを出しといて、彼をそのまま
放置して終わらせられるはずがない。だって彼は「英雄」だから。
「反逆は英雄の特権」…そう彼が自身の人生を結論付けたんだから
私はそれはそれで仕方無いと思う。ただ、やっぱり…ロイエンタールは
ミッターマイヤーを苦しめた事、これからも永久に苦しめ続けなければ
ならなくなった事に関してだけは心残りだったろうと信じてる。
だから息を引き取る瞬間まで、ずっと心友を待っていたんだと思う。
謝りたかったろうし、手を握りたかったと思う。そして感謝の言葉を
告げたかったはずだと思う。二人今更言葉は必要無いだろうけれど。

彼は凄くずるい人だから、一番、いや唯一愛してた人に殺されたかった。
だからミッターマイヤーと相撃ったし、ウォルフもそれに答えた。
ロイエンタールは死の直前に、自分がどんなにか彼に愛されていたか、
絶対分かったから、あんなに幸福な顔をしていたんだろうから。
もうそれ以上に「双璧」を語れる事は何も無い。
by doramamaker | 2006-10-25 21:42

11/3の予定でーす。

11/3の鰤オンリーにはお待たせしました…。汗
たまーるさんに表紙を描いて頂いた京浮コピー誌
「幾千の愛の言葉より」が出ます。
通販でご予約して頂いた方、すみません!!
おそらく11/7迄には発送可能だと思います♪
by doramamaker | 2006-10-25 00:18

寒い!!

……昨日はまだ大したコト無かったんですけど…今夜凄い寒い!!
これもうこたつとか入れてもオッケー??
「チェリーベル」は相変わらず櫻井君が大多忙みたいで、
ムラケンとみゆちゃんだけ。
ムラケン…頼むから「う○こ、う○こ、う○こ」って
エコー入れてその声で連発しないでくれ。
双璧本読みながら、なんか本気で泣きそうになった俺。

携帯ポータビリティ開始。少なくとも私は…今一番メールと電話
しまくってる相手が変わらない限りヤッホー!な所で。
by doramamaker | 2006-10-24 22:13