人気ブログランキング |

機動戦士ガンダム00第2期18話「交錯する想い」

多分、今回はそれぞれ視聴者様によって色々感想違うと
思うんですけど、私はなかなか面白かったと思います。
「面白かった」というのは、やはり展開が早かったせいと、
多くの登場人物の精神的状況が、たんまりいっせいに
観られたからでしょう。


んで、イマイチ乗れないところがあるとしたら、やっぱり
相変わらずソーマ・マリーに振り回されてるアレルヤとか、
アロウズとリボンズに良い様に右往左往されられてるCBとか、
まだ何考えてるのか、はっきりしない刹那の生き方とかかな…。


なんかこう…刹那が00ライザーの力をきちんと判断してるよーに
見えないんですよね。与えられるままに神の力に溺れてるみたいで。

e0057018_19212544.jpg

まず、先週から突然「主役級」に格上げされたアンドレイ・スミルノフ。
4ヶ月、父親殺しについて彼がどう考えてきたのかが一切
描かれていないので、これは余りにも描写が足らないところが残念。

彼がストーリーの中心的役割を背負ってしまったので、
ここはもう少し「後悔」「開き直り」なんでも良いので、
4ヶ月の彼のブランクを語って欲しかったな。


このままだと、ただひたすら、「アロウズ」の上辺だけの「恒久的和平」
を信じ込んでいる低脳ちゃんだけに見えてしまう。

こういう薄っぺらいキャラを急遽中心に持ってくるのは
凄く危険です。せっかくのドラマに芯が無くなってしまう…。
e0057018_19243150.jpg

「君にも、そのうち訪れる…!」

父親殺しをして平然とみえるアンドレイの、「次は君の番」という
黒いささやきに、自身を振り返るルイス。

「出来るんだろうか…私も彼を…沙慈…」

ここでのルイス→沙慈への思いの描き方は「恋人」というよりも「肉親」
だったよーな気がします。泥沼の男女の関係…。
e0057018_19281264.jpg

ルイスを救うための戦い…。

4ヶ月の間、刹那のパートナーとして0ライザーに乗って戦い続けた
沙慈にも、言い訳めいた決断が迫られる。

「ルイス・ハレヴィを取り戻すための戦いをしろ」
といった
刹那の言葉が彼を揺り動かす。そしてまた、その為に必要な「剣」も、
沙慈の身近に…。
e0057018_1930238.jpg

余談ながら、私は0ライザーのデザインはなかなか、鋭角的で
好きです。シェイプされてて、またバルキリーのヘビーさとは
正反対にあります。沙慈のイメージとあっているようで、全体的に◎
e0057018_19313539.jpg

空白期間で一番需要なポイント!!

「ああ、お約束♪」なライルとアニュー。まあお互い大人の男女
ですから、こーなるのもそんな不自然じゃないかなと。
他のメンバーがお色気関係ではまだまだお子様ですから、
やはりライル兄貴がこの手の担当でしょう。
e0057018_19345536.jpg

「ライルのお兄さんはどんな人だったの?」

やはり、アニュー・リターナーに「自分がイノベイターである」
という自覚は全く無い様子。とすれば、彼女氏一体いつから、
何年前からソレスタル・ビーイングに入っていたんでしょうか。
大分長い間所属していなければ、おやっさんのあれだけの信頼も
無かったように思えますが…。
e0057018_19363442.jpg

「…完璧な兄貴と比べられたくなかったんだよ」

ううーん、やはり2人一緒にいつもカットにいなかったのには、理由が。
そんなに早くから寄宿舎に入っていたのか…。
e0057018_19382525.jpg

そこへリヴァイヴからの脳量子派が。やはり髪の毛の色で対に
なっているのがイノベイターの特徴のよーですね。
リボンズとヒリング、リヴァイヴとアニュー、リジェネとティエリア。
ここで、何故かソーマにだけでなく、刹那にも「きゅピーン」が。
……00ライザーに乗ってる間に粒子の余波を受けたのか、それとも
元々彼が持っていたものなのか…。
e0057018_19443777.jpg

2人の主役の道、色は違えど方向は一緒に…。
刹那がアリーに撃たれた時、どうやらルイスと同じく、悪性の
擬似GN粒子に汚染されたようなんですが、それもまた後日の伏線かな。
ラッセがそのせいで0ライザーに乗れないというので、もしかしたら
刹那にも命の時間が迫っている??

「…僕は引き金を引けない」

e0057018_19465880.jpg

「戦いは破壊することだけじゃない。
創り出すことだって出来る。
オレは信じている。俺達のガンダムなら、
それができると。後はお前次第だ・・・」


「俺達のガンダム」という、刹那が
「沙慈と一緒でなければ00ライザーは完全発動させられない」
「ルイスを救おうとする、ガンダムの被害者・沙慈といるからこその意味」
という
自覚が、彼の冷静さと成長を伺わせます。

e0057018_19474985.jpg

「それでも、僕は・・・僕は・・・」

e0057018_207543.jpg

「行こう、ルイス・ハレヴィに会いに!!」


e0057018_2018789.jpg

「ああ、行こう!!」


ここで2人の手と手が繫がるシーンが正直欲しかったとこですが、
それはおそらく最終回に保存されてるんでしょーね。
何はともあれ、沙慈はまだまだ中途半端ながらに刹那の相棒として、
00ライザーに乗りルイスを救うことを決意。
刹那もまた、そんな沙慈を助け、自分の確信する道を進むだけ。
全くもって成長未熟な2人ですが、まあ年齢からして仕方無いか…
この未熟な2人のそれぞれのアブなっかさが足して2で割って、00ライザー
を起動させているのならば、その「純粋さ」こそが、もしかしたら
イオリア・シュヘンベルグが信じた人間の可能性とも考えられます。
e0057018_22184266.jpg

「会いに行くぞ沙慈!」

「あぁ行こう刹那!!」

e0057018_2022386.jpg

「沙慈・クロスロード、発進します!!」


先週からついにアムロ・レイ化した沙慈。
(しかしながら動機・精神的レベルはカツ・コバヤシかハサウェイ・ノア)
次回…再びマックスパワーで起動する00リングの中で、
ルイスと沙慈は再会を果たすようだが……。
e0057018_20242857.jpg

「アニュー、愛してるよ!!」

……やはり美味すぎるぜ、ロックオン。笑
うう、三木兄貴声で「愛してるよ」とん言われると…たまらん。汗

もうね、カタロンの人達いりませんから。ほんっとあの連中描く
余力があるんなら、もっとアニューとライルの関係とか、
沙慈と刹那の過程とか、描くべき重要なところがあるはずでしょう!!


さて、死ぬのはシーリンかクラウスか。ここで子供を誰か
殺したりしたら、それはそれで水島と黒田の覚悟が分かるというものですけど。
そんでもって、…またまたコメントは次記事へ!!
e0057018_22182514.jpg

「アーチャーアリオス、アレルヤ・ハプティズム、
ソーマ・ピーリス、迎撃行動に向かう!!」


アレルヤ、奥さんをフォロー。そしてナレーション。
「暗躍者が恋路を阻む」…ルイスと沙慈、アニューとライルについてかな。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2009-02-08 19:42