人気ブログランキング |

ガンダム00第2期9話「拭えぬ過去」

「…私は今、猛烈に急いでいる!!月曜は必ず休みを入れて
00のレビューを朝まで仕上げていたのに…シフトが入ったからだ!!
今日は放送中にたまーるさんとテレビを見ながら語り合い、萌えた!!」

「うんうん、頑張って急いでレビューしなきゃね。明日早いし」

e0057018_23111532.jpg
再会おめでとぉぉぉ!!!!

いや嬉しい♪もう何よりこの2人の再会がほんっとに!!
涙でてくるくらい嬉しかった…。だって…水島監督の言うとおり、
「もう本当にハムはどこにもいないんだ…。ガンダムとの戦いで
ただひたすらに、最高の死に場所を探すだけの阿修羅になってしまった…」

って思ってたからさあ……。涙

さて、じゃ最初からイキマス。かなり焦ってるんでいつも以上に
誤字脱字多いだろうけどご容赦。1時には寝ないと。
e0057018_23164685.jpg

「再生医療のツケを払え、テメーの命でな!!」


いや、ガンダムにいちいち「再生医療のつけ」支払わせてたら
もう完全に王財閥も没落するから。何万人分だから。
とーぜんルイスの左手もきちんと返済しなくちゃね♪

アリー、かっけぇぇぇ!!!!

やっぱ、初めて彼に萌えた。たまーるさんとも大興奮。
もうティエリアが早速打ち落とされて落ちていくところで、私超激大爆笑。

「…アリー…すげぇ…」

「…ちょ、もうティエリアがおらんのやけど、まさか落とされてん!?」

「もういないよ!!(爆笑)」

「…いくらなんでも早すぎやろ!?」


…ガンダム乗りってのは全く…マシンに頼りっぱで全く腕磨いてない。笑

…だって2対1だぜ!?ありえねーよこんな凄いパイロット!!
ガンダム相変わらず卑怯だから、最後は4対1になって退散したけど。
ったく、一度でも「干渉手助け一切無用」とか言ってみろよ。笑

…こういうちょっとしたカッコ悪さの露呈でマイスターの品格がどんどん
落ちていくんだよなあ。どーみたって孤軍奮闘してるアリーのが素敵。
アリーほんっとに強い。強過ぎる。

アリーとグラハム、どっちが強いんだろ…。


2人とも全く違う「強さ」「テクニック」そして「尋常離れした感覚」を
持っているし、この2人の勝負はマイスターなんぞお話にもならんだろーな…。
大体アルケーガンダムって…脳量子派必要なマシンじゃないのかいな。
ファングって一応ファンネルみたいなもんでしょ。…凄いよアリー♪
e0057018_2327921.jpg

Aパートはとにかく、アリー・アラ・サーシェスの大活躍&藤原啓司の
名演技で支配されてました。
e0057018_23285683.jpg

「…アリー…楽しそう……♪」

「…そやね…この人にはたまらん展開やね」


他にもティエリアの迷いとかダーク化しそうだし、
すっごいドライで、それがまた格好良いライル・ディランディの
処世術・人生観というのも見応え充分だったんですけどね。
e0057018_23303369.jpg

「世界の変革より私怨か。兄さんらしいと思ってな」
「尊敬してんだよ。家族が死んだのは10年以上も前の事だ。
俺にはそこまで思いつめる事はできねぇ」

「大事なのは過去じゃなくて未来だろ?」

e0057018_23341263.jpg

このライルの、現実を非常に冷静にみた意見へ、「敵討ち」という
私怨で凝り固まったティエリアは、さすがに「ぐう」の音も出ず、だんまり。
冷めたライルを炊きつけようとしたのか、刹那の過去の告白にも
ライルは全く動じず。

"己の正義に準じて生きる、だがそれが本当の
未来に繋がるのか?
イノベイターと敵対することが
本当の未来に…"


ここは凄く良いドラマ運びでしたね。1期の頃は、常に口うるさく
「守秘義務」「ヴェーダ」とヒステリックになっていたティエリアが、
良い意味でも悪い意味でもマイスター達の緊張感を保っていた。
しかし「ロックオンの敵討ち」に盲目的になってしまったティエリアに
「ニールの弟である、同じ顔と声を持つライル」からこの言葉を
聞いたのでは、かなりショッキング。ここからティエリアの迷走が始まるか。

ライルのこういうスタイルは、やはり「反政府組織カタロン」の
構成員らしい、組織できちんと哲学を貫いている「男」の言葉にも
聞こえました。多分、クラウスがこういう思想の持ち主なんでしょうね。
私はやっぱりライルが好きですなー。一匹狼っほくてカッコいいし、
今のソレビーに対して、内部からアンチテーゼをぶつけられる人って彼くらいだもんね。


はい、ほんでもって本日のメイン・イベントのBパート突入っ!!!!

ルイスが飛行機から、飛んでいくブシドーアヘッドを見て
「…ミスターブシドー…」って呟く演出も良いよね。
ああ、ここから何かが始まるんだって、思わせてくれる。

もうね、あの懐かしいユニオン風の基地を見た瞬間から
ドキドキしてた!!
あの基地の姿は、私にとってグラハムとカタギリ、
プロフェッサー、そしてダリルとハワードの永遠の場所だから。
e0057018_23245951.jpg

「やはり、新型の開発をしていたか」

「グラハ…いや、今はミスター・ブシドーだったね」

「勝手にそう呼ばれる。迷惑千万だ」

「気に入ってるのかと思ってたよ」


私も気に入ってるかと思ってたよ…。笑・嫌だったんだね…。
e0057018_0111191.jpg

「今日はどうしたんだい?」

e0057018_0135616.jpg

「貴官の開発主任就任の祝いに」


e0057018_0142573.jpg

「それはそれは…」

ああっ、ここの会話、凄く大好きだ。もう
「2人はどんなに遠く離れてても親友なんだなー、相棒なんだなー」って思った。

どんくらいぶりに会ったんだろってたまーるさんとも話したんだけど、
きっと彼らは全然顔合わせてなくったって、「やあ」「ああ」で
いつでもオッケーなんだよね♪
「グラハムの隣には必ず、カタギリがいます。2人で1人ですから」
という水島監督の言葉通り。
e0057018_024436.jpg

「この機体を私色に染め上げて欲しい」

一瞬「ぶっ」と笑ってしまいましたが、おおかっけぇーっつ!!まるで
「ファイブスターストーリーズ」の星団3大モーターヘッド、
「黒騎士・バッシュ・ザ・ブラックナイト」ではないですかああーっ♪


そういやフラッグ・カスタム最初に見た瞬間も、私そんなこと言ってたな。笑

「最速のスピードと、最強の剣を所望する」

そうなの。ゲームでも立証されてるけど、剣で接近戦やるなら、とにかく
スピードとパワーが命。ビーム砲を利用して距離を取るわけにいかないから、
とにかく敵さんの背後に回って、どんどん切り倒していくしかない。
e0057018_0272021.jpg

「合点承知!!♪」


カタギリといい、2300年代のアラフォー笑ってのは、
もしかして「日本言葉ルネッサンス」教育でも受けてるんすかね。
でもって、ここの笑顔のカタギリ、大好きです♪
最近暗い表情ばかりでしたからね…。ホッとしました。
やっぱりこの2人は一緒じゃないと駄目なんですね。
お互いの長所も短所も理解しきって、
その上で「心友」でいる。素晴らしい関係だと思います。
おそらく00で最高峰に位置する人間関係でしょう。

特別依存するわけでなく、かと言って離れず、相手が何を考えているか
阿吽の呼吸で分かり合う。
1期のファースト・シーンを思い出しました……。
e0057018_031451.jpg

「…その代わり、CBを壊滅させて欲しいんだ」

e0057018_032635.jpg

「!!…無論だ。その為に私は生きている」


…ここも実に2人らしいなあと思いました。グラハムは、カタギリが何故突然
そんな発言をしたのか、深く聞かないんですよね。
驚きながらも、聞かない。大人の友情だなあホントに。
e0057018_0363713.jpg

「あれっ、君の部隊の出撃時間じゃないのかい」

「艦隊戦など…」

「相変わらず先読みが見事だなあ」

「心眼を鍛えている」

e0057018_040089.jpg

…ほぼ1年振りの見事なパートナーシップ、ありがとう2人とも♪心癒されたよ。
今週は吹っ飛ばされ行くコーラと、ここの変わらない
相棒同士のやり取りだけで、私はもう充分幸せです。

はあ…明日からまた、私も戦っていこう…。苦笑

元々今日は、ブシドーの絵を早めに描いてたんですけど、
もう我慢出来なくて、2ショットのイラストを描きなおしました♪
やっぱり相変わらずビリーは痩せてて、ひょろぉっと宮野真守体形、
そんでもって並ぶとグラハムの小柄さがよく分かりますね♪

今夜、ミスターブシドーと呼ばれる男は、グラハム・エーカーに一瞬戻りました。
心許せる友達との交流は本当に人生の宝物です。
アップになったグリーン・アイズも昔と変わらず美しかった。
必ず、仮面が割れるその時まで、私は待つさ。

なんていうか、10年後の刹那と沙慈が
こんな関係になってたりね。笑

e0057018_0451740.jpg

「またかよぉぉーっ!!」

ガンダムと7戦して生還している「不死身の男」、はあ癒される♪
彼とカティ大佐のところへ来たイノベイターが、大佐を挟んで
衝突するよーな気がするよ♪
e0057018_0525256.jpg

あと、気になったポイントをちょこっと。凄いですね新型・イノベイター専用機かな。
これってメガバズーカランチャー並みの威力じゃないですか。
ここで「当たれ当たれー♪」と喜んでたのは、私が完全にアロウズ派だから♪

今回は終盤、女の戦いって感じで、スメラギVSカティの頭脳戦。
しかもわざわざメッセージを送る大佐。
まるでラインハルト・フォン・ローエングラム公のよーだぁぁ!!

そういやトレミーって、ガンダムのエネルギー使って大気圏突入するんだった。
忘れてたわ。やっぱり単独で惑星を行き来可能なバルキリーの方が
全然性能が上なのね…。
e0057018_056952.jpg

そんでもってここもポイント。

「えっっ、ルイスに会った?」

「…連絡してないのか」


ここって普通に男の子同士の友達の会話だったよねー。
「お前、ちゃんとフォローして無いのか」みたいな。笑
…しかしせっちゃん、間接的にも君らの責任だから、この2人の別離。

e0057018_0583012.jpg

「いやぁぁーっ!!」


と思わずたまーるさんと叫んだジェジェン中佐の早すぎる戦死…。
ああもーちょっと活躍して欲しかったなあああ。大人の軍人タイプで
好きだったのにぃぃ。
e0057018_162494.jpg

さあさあ!!来週もまた息つく暇はござんせんぜ!!

予報士達の過去と、0ライザー!!


……カタギリ・スメラギ・カティのトリオが、加持・葛城・赤木に見事
重なって見えた…。恐るべしエヴァ世代の自分。笑


あ、あのねぇクジョウさんね、何誤解してっか知らんが、
テロリストやってる以上、その過去から絶対逃げられないから。
つーか大勢の人間巻き込んで、自分は過去からトンずらする気満々。さすがです♪

ソレビーの制服着た、なんかイノベイターっぽいキャラが登場
みたいだけど、最初のパイロットはこの人でいくんかな。
突然沙慈ってのも無理だもんねぇ。
…でもって…早速アレルヤは嫁さん弱らせてるよ…。
今回も沙慈とマリーは、戦闘に顔曇らせていたモンね。
きっとアレルヤ・マリー新婚夫婦にトラブルが発生するんでしょうな。
明らかにティエリアも風呂場で悩んでるし。

なんか…もう刹那とブシドー新型がぶつかるのか、もしかして。
いや早いよな…いくらなんでも。
しかしイノベイターも置鮎が控えてるし、戦闘用の女の子もいるし、
ネーナも出るみたいだし、どんどんノルマ片付けていかないと
間に合わないのかもね…。
取り合えず、現在のテンションを保持してやってってほしいです、ガンダム00!!!
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2008-11-30 23:15