人気ブログランキング |

ガンダム00第2期7話「再会と別離」+6話

木漏れ日のマリアージュ。
e0057018_2412381.jpg

コメントは、次の記事にお願いしますだよー♪
「もしもアレルヤがパパになったら♪」


もう、結婚おめでとー!!!

…としか言いようの無い、今回の第7話でございました。…驚いたよ…。
いや、そりゃアレルヤとソーマの「2人だけの戦争」(アスラン×カガリ)に
なると確信してたし、なんせ千葉道徳さん自らの作画監督回!!
e0057018_2462937.jpg

まさか一気に華燭の典とは!!


このキスシーンで、タイトル入れる演出もホントに小憎らしいよねっ。
上手いよなあ…。エンディングにそのまま流れて行くところとかも。
はー…まさか00お初の相思相愛キスがこの2人とはね!!
いや…「ギアス」でも「マクロス」でも最近「相思相愛のキス」って全然
ご無沙汰だったからさ…なんかときめいちまったよ、あははははは。


森の中の2人が、まさしく「アレルヤ」←生きている事を神に感謝して、
「マリー」←結婚、彼女の中には「ソーマ」←光が存在している…。


ここ観たら、旅立つアシタカを思い出しました。当初雨の中、
故郷を旅立つという宮崎駿のアイデアを、若手アニメーター達が、
「監督!彼の旅路を祝福してあげましょうよ!!」という声をあげて、
かの名場面も、久石譲の音楽に乗った、朝日立ち昇る
感動出立になったというエピソードね。

「…アレルヤもやるよねぇ…。1期でニールがフェルトの肩を抱いてたの
見ただけで赤面してた彼はどこへ…」

「…そりゃまあ…4年間の間に色々あったんでしょお」

「…ああ、束縛監禁されて悶々としてたわけね、
マリーに会ったら絶対あーして、こーして…」

「それじゃただのむっつりスケべやわ!(笑)」


ここ2.3週間で一番目立たなかった、しかも一番奥手そーだった男の大躍進。
e0057018_3183732.jpg

しかし、あれはただ単純に「男女の愛」の表現だけではありません。
アレルヤとマリーが、長い間育み、また長い間別離していた時間を
埋める聖なる儀式でもあり、また「お互いが半身失った者同士」の
契りの欠けた一人を補い合う接吻でもあるわけです。


まだまだ「大人の関係」としては全く成熟しきっていないアレルヤとソーマ。
これほど早過ぎる幸せの到来は、逆に暗雲の予感。不安でなりません。

今回、全見せ場はこの方↓が独占!!


「…生きて幸せになるんだ、彼と2人で」

e0057018_3115374.jpg

……やっべぇ、この台詞を石塚運昇さん声で言われたらと考えただけで
なんか泣きそうになっちまった…。
なんかね、私は昔からそうなんですけど、「男と女のラブストーリー」よりも、
「嫁に行く娘と見送る父」の物語にグッと弱いんですよ…。
「ジョー・ブラックをよろしく」のサー・アンソニー・ホプキンスとか。
e0057018_3202062.jpg

えへっ、そうすると思ってたよ、大佐♪
…これがね、富野ガンダムだとすると、
アレルヤの子供をソーマが
妊娠したりするわけですよ。笑


超兵同士の、しかも強力な脳量子派を持つソーマ・マリーの子供ですから、
そりゃサラブレッドもんのニュータイプならぬ、「人の心を探知する」
「戦闘用新人類」の誕生といえましょう。
仮に2人が完全にソレスタル・ビーイング入りしたら、あそこは代々ガンダムを
受け継いで来たテロリスト機関なので、末おっそろしぃぃ最強パイロットを
産み、育てることになりますが、もしそんなになったら凄ぇ面白いだろうなあ♪
「閃光のハサウェイ」みたくテロリストの超カリスマリーダーになって天誅下しまくる。
e0057018_414887.jpg

ですが、
「今迄は戦う理由も明確でなく、超兵としての自分なら世界変革出来るかも」

という非常に安易な理由で戦っていたアレルヤが、これからは
「マリー…もう離さない!!」

な、強烈な戦闘理由をエゴイスティックに持ったんですから、
逆に、「いまだ生きているソーマ・ピーリス」が彼の元を去った時、
またアレルヤも割と簡単にプトレマイオスを降りてアリオス・ガンダムを強奪し、
仲間を捨てて「たった一人のテロリスト」になってしまう可能性も大。
(正規軍人ではないので、ワンマンアーミーにはなれない。笑)

e0057018_5135988.jpg

最近のアレルヤの、この「激愛に再会し燃えるアレルヤ」という姿、私結構
心地良く眺めてたんですよ。だって物語的に「他に居場所がないから」って
漠然とテロやってるよか、歪んだ愛情持って戦い続ける方が面白いし。
ブシドーがまさに「激烈な愛憎だけで生き延びて死に場所を探す男」なんですけど、
彼とアレルヤだと覚悟の度合いと「漢」としての器量が違い過ぎるし。

ただ、その「一人の女を追い続ける男のエゴイスティックさ」というのが、
後に悲劇に繋がる匂いがして。アレルヤとソーマに関しては全く楽観視してません。

今のままでは、「壮絶な過去を背負いながらも強く生きるソーマ」の
エスコート役でしかないですからね、アレルヤは。

「…沙慈とルイスが悲劇で終わるというのがありえへんから、
こっちの2人は…なんか幸せになれんよーな感じやなあ…」

はあ…そうなんだよねぇぇ。
e0057018_5322098.jpg


「君達の馬鹿げた行いによって
多くの同胞や部下を失っている」


あーもう、もっと言ってやって下さい大佐!!!ソレスタル・ビーイングが
やった「武力介入」という名前の「超絶大きなお世話」によって、どれだけの
罪も無い人達が死んで、家族が殺されていったか…。


大体、あの連中…留美に養ってもらわなきゃ
コン○ーム一枚だってコンビニで買えないんだよ!?
結局オーライザーだって、王財団の金で作ってもらうんでしょーが!!
日々普通に汗水流して真面目な働いてる人々の気持ちなんて、分かるワケが無い!!
e0057018_5384749.jpg


あー、今回ここで癒された…。涙

きっとまもと自由くんも「やっと喋れたねー♪」とか言って喜んでんだろうな♪

「君も…笑うんだね」

「ああ。嬉しい時人間なら誰でも、笑うだろう?」


うん、やっぱり刹那の「世界で唯一人の友」になれるのは沙慈しかいない。
でも「仲間」ではない。


昔放送してた渡部篤郎のドラマに、実はここと全く同じシーンがあるんですよ。
復讐を誓い生きて来た外科医が、過去から脱却し愛する女性を取り戻す幸福に酔い、
傷付いてそれまで心を閉ざしていた少女に、「…先生、笑うんですね」と言われ…
思わず微苦笑する…ってのがね♪

まあ…オーライザーもすっかりCMで発表されちゃってますし…沙慈が
いよいよ、この中途半端で「何がしたいのかサッパリ分からない」
「お優しい」(by留美)テロリスト集団に飲み込まれて行ってしまう展開は
仕方無いとは思うんですけど、

沙慈にはどうか殺人者にならんで欲しい。


もし引き金を引いてしまったら、それこそ沙慈はルイスと全く同じ
憎悪の連鎖で生きていく00の大量発生キャラになってしまうし、
それだけでなく、彼の堕落により、ドラマ全体のメッセージ性が薄れてしまう。
e0057018_4132010.jpg

完全に操縦テクニックと才能では、ブシドーに凌駕されまくっている刹那は、
案の定、封印されていたトランザムを起動。ブシドーアヘッドの片腕を
切り落とすも、オーバーロードで海へ墜落。
e0057018_4493527.jpg

「…斬る価値も無い…!!」


その通りです。貴方はここで、そんなガタついたガンダムを相手にする
必要は全く無い。

「聞く耳持たん!!!」


ああ、ここで無傷00の首でもかっ飛ばしてたら、アロウズの
稲田徹にガタガタ言わせなかったのに…!!出し惜しみしなくて良いんだってば♪
「一人きりの軍隊」道、やるなら、とこっとん突き進んでくれ!!!
中途半端はCBだけで充分だ。私達は00ガンダムに覚悟とドラマを求めている。
そしてまた「乙女座のセンチメンタリズムな運命」的ストーリーを望んでいるのだ。
古谷徹が1期プレミア試写会で宣言した通り、徹底的にやってくれ00!!!


ブシドーのアヘッドが損傷したという事は、すなわち
元ユニオンコンビ再会の可能性が…♪


ともあれ今のところ、1話どころか10分さえ見逃せない急猛烈スピード。
沙慈の成長・ルイスとの再会・アンドレイの恋・木星の秘密・イオリアの意志、
カタギリの復讐・コーラサワーの再登場・サーシェスとの決着・
イノベイターとの戦い、そして…仮面の割れる時…。
まだまだまだまだ、語るべき伏線は尽きません。ここで緩めたら駄目だ!!

今更なんですが、つくづく00は脇役ドラマ主点のガンダムだと


再認識致しました。とにかく、

この2.3週間は、完全にソーマと沙慈が主役。


と言うよりも、私にとっては2期は第1話からして、唯一一般人間視点を持つ
沙慈が主人公だった00ではありますが、

これで「真のヒロインの片割れ・ソーマ・ピーリスの物語」は一応の一節目。
e0057018_4533933.jpg

これからは、ソーマ(憧れのお姉様)の戦死で更にガンダムを憎悪する
「もう一人のヒロイン、ルイス・ハレビィ物語」と、
「沙慈・クロスロード物語」「カティ・マネキンストーリー」…そしてそして
e0057018_373652.jpg

当然ながら「仮面の男の物語」が濃厚に語られて行くと思います。

e0057018_4513847.jpg

…今更なんなんだ、この貧乏姫は。
アザディスタンだって、刹那のクルジス滅ぼしたじゃん。

よーやく他人に故郷を燃やされる側の気持ちが理解出来たよーだな♪
うむ、思ってた通り、貧乏姫はこのままアロウズの操り人形として
新生アザディスタンの傀儡と成り下がって、刹那と悲劇の再会だね。

「いや…本当によっぽど頑張らないとこの人…物語で存在意義が全く無い…」

「まー、私は彼女には無理だと思う。ソレスタル・ビーイングが
何をやりたいかって、このアニメがきっと最後まで描けないのと同じで」

「あー、マイスターのやりたい事ってのは…うやむやで終わるんやろね」

「今の日本政府と全く同じなんだよね。何をどうしたいのか、具体的に
どこをどう改革するのか、全く明確なビジョンが見せられない。
先週だってさ、ティエリアが沙慈に"現実を見ろ"って言ってビンタしたけど、
「ですぅ」にアロウズに殺されたカタロンの被害者の死体を見せなかった。
あんなの卑怯だよ」

「ミレイナにこそ、見せなあかんのになあ…」

「結局、身内には甘くて、そうじゃない人に冷たいのがプトレマイオス。
1期でニールが目に致命傷負ったのも、元々は
ヴェーダに裏切られたティエリアが
ボケっとしてたからじゃん。

でも視聴者に彼は責められなかった。なのに沙慈は皆から責められる」


そんでもって、カティさんと全く同じ過去を持ちながらも、駄目ラギさんは酒浸り。
「私の彼はパイロット」なんだし、軍属なんだからそんな甘え許されない。
現にカティ大佐は現在でも、リント少佐に過去の傷を抉られても、
黙って一人で耐え抜いて戦っている。
e0057018_394888.jpg

いや…アンタ↑にだけは下半身と酒について、誰も言われたく無いと思うよ…。

さあ、来週はいよいよ、女性形態のティエリアが!!全てはイオリアの意志…。
踊らされるままに、プトレマイオスは飛び続ける…。
作画監督は大貫健一さんですよー!!!

e0057018_5514413.jpg

完全に新婚さんなアレルヤマリー♪

e0057018_8452120.jpg

……お笑い要員としては充分なんだけどな…この人達って…。
e0057018_8465744.jpg

表情が本当に柔らかくなったので、マリー・ソーマが身籠ってても
もう全然驚かない…。笑
これ絶対おやっさんかラッセか「ですぅ」に何か言われてテレまくってる
乙女夫婦の図だよね……。ライルあたりに
「あの島で仕込んだのかよぉ…やるじゃん♪」

とか言われたらもう笑うしかないぃぃー。

ああーっ、今週と来週のソレステラジオのゲスト、三木さんなんですよ。
私…今回ゲストはよっちんが良かったの!!あのアレルヤとソーマの
シーンの説明をぜひしてもらいたかったの!!!

どーもあのラジオ、いつも内容とゲストがズレるんだよなあ…。号泣。
以下、三木兄貴のお言葉。

「うーん、あそこでアレルヤとマリーがキスしちゃったのは、若さだなーと思った。
年取ると、あそこでああはならないよ」


確かに。つかあの2人はまだほんの赤ん坊みたいなもんですからね、男女としては。
「ライルがフェルトにキスしたのもねぇ、死んだ男を追うなっつーか、
俺は違う男なんだ、認識しろって…とにかく色々な意味の取り方が
見方によって変わってくるのよ。だから面白いの、00は。
物語が凄く面白いから、どう変動していくか予想がつかない」


ううーん、物語が面白いんじゃなくて、キャラクターが活き活きしてて、
あえて物語が動いているんだと思う。汗笑
でも00の話してる時の兄貴はとても嬉しそうで、好きだぜ♪
それから滅茶苦茶自由くんをいじめ…可愛がっている。
最近、自由くんは中村悠一やら安元くんやらの家にまもとしょっちゅう行くらしい。

「杉田さんには、中村さんちで会えるよ♪」


とまもが言っておった♪

そして、最大の注目。リボンズのファッション。

「マジ吹いたわ」


ガンダムWにしろ、F91にしろ、なんで敵側がこーゆー
「ベルバラ」趣味なのか…。やっぱりいまだに「ジオン軍」の根深い
センスがガンダムに生きているんだろうなあ…。

そう…今夜の朴さん&まものラジオね…。お杉がゲストで!!
聞きながらソーマのカラーリングしたら、もうもう…髪の線が歪んじゃったよ…。

「あー、じゃあこの台詞、刹那で言って下さーい!!」

「ほんじゃ、この台詞は銀さんで言って下さい!!」

「じゃ、今度は月で言ってみてよ!!」

「そんだったらこれはロランで言って下さいよ!!!」

「げっこーちょー!!!」

「うっせぇよ!杉田ぁぁ!!」


…ちなみに…宮野真守と杉田智和と小清水亜美のトリオで、
実写エヴァンゲリオンズを画策してるそーです…。
確かに3人全員細くて縦にひょろーっりと長いからねぇぇ…。
朴さん「じゃ、アタシは彰ね!!」←渚カオルのこと。朴サン彰って言ってるんだ!!
そっか…同い年くらいだもんね??
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2008-11-16 23:37