人気ブログランキング |

「マクロスF」netabare album感想。

シェリル・ノーム starring May’n&ランカ・リー=中島愛 produced by 菅野よう子
フライングドッグ
発売日:2011-03-09



思いかえせば三年前…私はそれまでライブ、コンサートというものに
参加したことが人生で全く無かった。

チケットを取るまでそこまで必死になるようなアーティストと
作品に出会わなかったから、また「生歌を聞きたい」と思っても、
行動に起こすまではいかなかったから。

しかし、「天空のエスカフローネ」で衝撃的な出会いを果たし、以来
唯一CDを全て買いそろえてきた菅野よう子と、そして思春期に大きな
影響を与えてくれた河森正治の大コラボレーションアニメ「マクロスF」
の展開とドラマティックな音楽の数々に魅了され、生まれて初めて
ZEPP東京にて二人の歌姫のデビューを観て、
武道館に行き幕張メッセにも行った。

これ程色々人生で経験させてくれた「マクロスF」の最期を飾るアルバムに
まさに相応しい一枚。


特に幼かったランカが、一人の女性として独立し、
精神的に成長していく姿は、May'n&中島愛という
二人の少女が表舞台に立った
輝きの時代をそのもの反映していたように感じる。

しかし、やはり映画は別物。


テレビシリーズを毎週心待ちにしながら
ハラハラドキドキと聞いた「射手座」「蒼のエーテル」「アナタノオト」
「ライオン」の初出しの時にはいささか負ける。


これらの新曲は、映画のほんの数時間流れるだけ…本当に勿体ない。

それでも、菅野音楽がそれまでの「アクエリオン」「ターンAガンダム」
から羽ばたき、また違う飛翔を見せつけてくれたのは、「マクロスF」
があったからこそなのである。


これで私達は「マクロスF」と別れ、次なる河森作品と、
菅野音楽を待つことになる。
地球人と異星人の共感…デカルチャーはまだまだ終わらない。

願わくば次なる「マクロス」ストーリーには
更なる進化を期待せずにはいられない。
河森監督と、そして菅野女史に…心からの感謝と「お疲れ様」を込めて♪
by doramamaker | 2011-03-09 00:29