人気ブログランキング |

戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」


最高の
ラストパーリィ!!

うわーっ!!
とうとう戦国BASARAのアニメが終わってしまいましたぁぁ…。
はい、しかし「マクロスF」最終回直前と同じく、ワタクシ
既にアニメ2期の確信抱いておりましたので、

今はさいっこーに、半年後以降が楽しみでござりまする!!

えー、もう冒頭の伊達政宗筆頭&真田幸村の2ショットに
悶えまくりです。笑
後でじっくりこれは語りたいんですけど、萌という意味だけじゃなくてね。
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_2434362.jpg


「政宗殿、もしや貴殿は
こうなることを見越して…
塞ぎ込んでいた某を鼓舞する為に
あの時、伊達軍を…」


当然でしょ♪


うーん、何言うてんのかな今更、このボクちゃんはっ!!笑

でもですね、こういう展開でいわゆる歴女とか腐女史とか
そういう発想に直結するのは、又違うんですよ。
だって実際独眼竜まーくんやら謙信様は史実で
お気に入りの美少年色々いらしたわけですし…
こういう究極の男同士の関係って、絶対珍しくないだろうと思うんです。
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_3152898.jpg


当時衆道が「武士のたしなみ」とか言われていたのも、戦場には絶対
いられない女性の代わりに、秀麗な男性が夜伽をする…
って役割は当然あったわけなんですけど、
政宗はお気に入りの青年には、きちんと侍としての実力も
求めていたそうですからね。
それをまあ…ザビエルの野郎が色々勝手に弄りやがっ…
げほんごほん。まあおいといて。笑

順序が狂ってしまったんですけど、この最終回の冒頭は、
信玄と謙信の竜虎の戦いから始まりますよね。

私はこのアニメを1話の頃から

「旧竜虎から、新竜虎への世代交代の物語」


と言ってきましたけど、このアバンはまさしく、それを
証明してくれたよーな気がします。
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_251873.jpg

1話の頭から、信玄と謙信は、まるで計画しあったよーに、
政宗と幸村の出会いをセッティングしてましたよね。
それは多分、聡明な2人の「師匠・先代」が、自分らの時代の
終わりを感じ、次なる才能を二つ、世界に生み出そうとしていた
んじゃないかと。
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_253798.jpg

信玄は、元々幸村を「自分の後継者」たるべく育てていたとは思う。
でもそこへ伊達政宗という、若きカリスマが登場したのは、
これは運命としか表現出来ないでしょう。


筆頭は悔しがると思いますけど、二人の邂逅と成長は、
信玄&謙信によって既に道しるべが指し示されていた。

伊達政宗と真田幸村の関係というのは、
「好敵手」という存在以外に、「最高の相棒」という
絶対条件があるんですよね。
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_2565196.jpg

で、ここで私が個人的に「伊達政宗と真田幸村とは正反対の2人」
としてポジショニングしているのは、
何故か信長&市兄妹。
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_3212214.jpg

「マクロスF」のレビューで入魂のレビューをしていた頃、mahariaさんと
ブレラとランカ兄妹について熱く語り合ったことがあったんですけど、
「妹」という言葉には、「兄を支える」という意味がある、と教えて頂いたんです。

で、私は今週、実は奇妙なことに、

政宗と幸村にそれを見たんですね。

信長相手に苦戦する2人は、凄く阿吽の呼吸ですけど、
やっぱり政宗が幸村より一歩進んで攻撃してるんですよね。
幸村はフォロー役というか、政宗の後ろについてってる感じ。

筆頭の古傷が開いたのにいち早く気づいたのも、尤も身近に
いた幸村だし、でも政宗の方がやはり実力が上だから、
信長と彼の間に完全に入りきって戦えない。
でも、政宗の背中をしっかり支えてるんですよね。
そんな幸村に「つくづくヒロインだよなぁ」とまた再認識
したりしたんですけど。

戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_347859.jpg

あの鉢巻のシーン、もう狙って
るとしか絶対思ぇねぇもんさぁぁ。

私なるっべく、そっち方向にはもっていかないよーにいかないよーに
努力してたんですけど、
これはもうさすがに…許斐剛・河森正治と並ぶやり手、コバPの策略でしょーよ。笑


でもやはり、最強の魔王相手に、政宗の隣には幸村以外の
人間ってありえない。
傷が開いて苦しいだろう彼を精神的にも鼓舞させられるのは1人だけ。
なんかその姿見ていたら、不思議と
「ああ政宗と幸村って、理想の兄妹みたいだなー」とか思ってしまって。
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_3355212.jpg

先週もこの話題になりましたが、やっぱりまだ幸村は、
精神的にも実力的にも、二つ年上の奥州筆頭に少し及ばない。
でもそれでも政宗も小十郎も、幸村を庇いながら、励ましながら
一緒に炎の中に飛び込んでったんですよね。

それってやっぱ、「こいつは見込みがあるから、成長させてやりたい」
って兄心的なモンもあるんじゃないかと。


それと全く正反対なのが、信長&市の兄妹。

市は兄をそれなりに慕ってる。でも信長には一切、妹も
妻も必要ない。妹を手に掛けた信長に、思わず政宗が
「てめぇは一体何者なんだ…」と呟きますが、
小十郎に見守られながら育ち、敵でありながらも
幸村とパートナーシップで結ばれた彼には、「魔王」の
精神的構造というものが、全く理解出来なかった、恐怖感がその一言を
思わず零したんじゃないでしょうか…。
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_3433078.jpg

正直、私もこの信長というキャラが何を考え何を
感じていたのか、このアニメではよく分かりませんでした。

魔性そのものがこの男に乗り移っていたのか、それとも元々
こういう一切心を持たない男として生まれ育ったのか…。

それとも余りにも彼の目指すところが壮絶で、凡人の私には
見えないのか。…ともあれ多くの武将の命を弄んで、
「天下統一」のパーリィを乱した魔王は、光と共に去りました。
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_3502551.jpg

再び、若き次世代の武将、そして先代の竜虎の戦いが始まる。

このシーンも凄く印象的でしたね。最初政宗と幸村の出会いって
夜の決闘だったじゃないですか。夜桜の傍の。
あれから、青葉の薫る眩しい戦闘場面に転換したのが
これからの2人の道行きを示しているよーです。
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_4335791.jpg


主役2人の

構図も凄く面白かった♪

徳川も既になく、戦国BASARA世界では、果たして誰が
天下を手にするのか…。
まあ、おっきー秀吉と、石田声のあの方がご出演なのも
ほぼ間違いないかなと♪
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_357941.jpg

兄貴の活躍も、2期メインに必ずやあることでしょー♪
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_3574070.jpg

そして当然、この方も。やはりあの硬質な声が彼は良いですねぇ♪
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_431233.jpg

スタッフに最高に愛されていたんじゃないかな、と思うのは小十郎。
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_433771.jpg

そしてそれとはまた対照的な愛情で、スタッフに描かれていたのは光秀でした。
それぞれが輝いていたキャラクター。主役脇役共に、見せ付けてくれました♪

2期を心から楽しみに待ちたいと思います♪
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_354487.jpg

「久しぶりだな、真田幸村」

「この時を待ちわびていた。
独眼竜・伊達政宗
いざ尋常に勝負っ!」

「上等だ!最高の気合を入れて
俺を楽しませてくれよ!!」


00が終わって、すっかり腑抜けた私に、新しい息吹を
新鮮に吹き込んでくれた戦国BASARAのアニメと、それから
トラックバック、コメントを下さった皆様、本当に
ありがとうございました♪
戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」  _e0057018_3584552.jpg

ホンダムマーク2に敬礼!!笑

トラックバック先ブログ様
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51260676.html
主にライトノベルを読むよ^0^/
http://japanimation2009.blog47.fc2.com/tb.php/34-3f35216c
Japanimation
http://d.hatena.ne.jp/nunnnunn/20090618/1245321367
ALISAのLoveDestiny新館
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/lovealisa/51211248
Floatage 
http://bansi.blog44.fc2.com/blog-entry-283.html
24/10次元に在るブログ 
http://flanpoemega.blog42.fc2.com/tb.php/117-3b5e3964
なまけもののひとりごと
http://backyard.july.main.jp/?eid=964808#trackback
セレスタイト
http://aosora.blog3.fc2.com/tb.php/2824-261a976d
白昼夢を見ていた様な…
http://marinedragon.blog84.fc2.com/tb.php/1798-639d835d
AQUA COMPANY
http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/tb.php/263-1d44f61a
Anime in my life 1号店
http://yuima.blog6.fc2.com/blog-entry-1046.html
二次元放浪記
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iopiy0809/51211794
Larme de Crocodile
http://mimimiawani.blog65.fc2.com/tb.php/475-95aa5459
軒下倉庫
http://kuragome.blog57.fc2.com/tb.php/771-249c9531
* Happy Music *
http://atdiary.blog4.fc2.com/tb.php/2230-49918ea9
深・翠蛇の沼
http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-899.html
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by doramamaker | 2009-06-19 02:46